アレルギーとは特定の抗原(アレルギーを起こす原因物質)に対し免疫反応が過剰に反応することで起こる身体的な症状です。本来なら外敵(抗原)を排除するためにだけ働く免疫が暴走して健康な細胞や神経を攻撃することで起こります。

アレルギーの語源はギリシヤ語のallos(変わる)ergon(力、反応)が組み合わされた造語と言われていて、本来は人体にとって有益であるはずの免疫が突然害をなす存在に変わるという意味になります。
アレルギーには軽症〜重症まで様々な症状がありますが、特定の抗原に対しては同じような反応を示します。
中でも特に多いのは
  • 皮膚症状
  • 呼吸器症状
  • 鼻炎症状
  • 眼症状
  • 紅潮
  • チアノーゼ
などで、中には心不全など重篤なショック状態に陥り、死に直結する場合もあるため決して楽観視できる状態ではありません。
アレルギー反応が起こった時、体内では炎症が発生しているので治療にはステロイドが用いられます。

スポンサーリンク


アレルギーについて正しく知る

説明する医師

アレルギーとは本来私たちの体を外敵から守るはずの免疫系が特定の侵入物(抗原、またはアレルゲン)に対し過剰反応を起こすことで暴走し、健康な細胞や神経を攻撃して多発的な炎症を起こすという病気です。
*抗原とはアレルギーを起こす物質で英名はアレルゲンになります。
したがって、体内に入るあらゆるものに対してアレルギーが存在することになり、食物や花粉、ハウスダスト、紫外線などは有名ですが、中には水や大気にすらアレルギーを示す場合もあります。
(アレルギー疾患と自己免疫性疾患の違い)
免疫系が暴走する病気にはアレルギー以外に自己免疫性疾患があります。似て非なる二つの病気の違いについて説明していきましょう。
  • アレルギー性疾患

「外部から侵入してきた」異物がアレルゲンとなり、免疫系が過剰反応すると起こる炎症性の疾患です。

代表的なものには
・アトピー性皮膚炎
・気管支喘息、小児喘息
・花粉症
・食物アレルギー
・薬物アレルギー
・蕁麻疹
・アレルギー性結膜炎
などがあります。
ただし、先天的な要因以外、アレルゲンはある一定の許容量を超えるまでは無害であり、症状が現れることはありません。しかし、前触れもなく許容量を超えてアレルギー反応を示すようになります。
  • 自己免疫性疾患

アレルギー性疾患が「外部から侵入してきたアレルゲン」に対して起こる反応なのに対し、自己免疫性疾患の場合は「もともと体内にある物質をアレルゲンと誤認し免疫が反応してしまう」炎症性の病気です。

代表的なものには
・膠原病
・リウマチ
・ALS(筋萎縮性側索硬化症)
・SLE(全身性エリテマトーデス)
・円形脱毛症
などがあります。
びっくりマークと指
このようにアレルギー性疾患と自己免疫性疾患とでは発症原因が異なるため、治療方法が全く異なります。
ただし、自己免疫性疾患にかかることで体内の臓器や組織に炎症が起こり免疫系が不安定となりアレルギーを合併することもあります。
また、アレルギー反応を示す免疫系の暴走には白血球が深く関与していると考えられています。
白血球はマクロファージとも呼ばれ、普段は血流に乗って体内をパトロールしています。そして異物を発見すると丸ごと取り込んで一緒に自滅し、膿となって排泄されていく血液細胞ですが、IgEという免疫グロブリン細胞と結合することによって、ヒスタミンセロトニンなど生理活性物質を放出します。これが過剰に放出されるとアレルギー反応を示すようになるのです。(数あるアレルギー反応の一つ)
アレルギー性疾患も自己免疫性疾患も、どちらも治りにくく放置していると進行してしまう病気なので治療を含めて早めの対策が重要となります。
今回は「アレルギー性疾患」が中心となります。
もし、自己免疫性疾患について知りたい場合は「こちら」を参照にしてください。

アレルギーにはタイプがある?

アレルギーには大きくI型からV型までの5つの型があります。
最も多いのがI型と呼ばれるIgE(免疫グロブリン細胞)が関与しているタイプでアレルギー性疾患全体の90%以上を占めていると言われています。

ではここからはI型〜V型まで個別に説明していきましょう。

I型アレルギー

IgEというタイプの免疫グロブリンと呼ばれる物質が肥満細胞や白血球(好塩基球)と結合し、さらにそこにアレルゲンが作用すると、結合後のIgE細胞からはヒスタミンセロトニンといった生理活性物質が血液中に放出されます。生理活性物質とは侵入してきた異物に対抗するために免疫力を強化させる目的で放出される物質で、この物質の作用で血管が拡張したり血管透過性亢進などが起こります。

こうした反応は異物(アレルゲン)が侵入するとすぐに行われ、過剰になるとアレルギー反応を引き起こします。
アレルギー性反応が激しく全身にアレルギー症状が現れる場合を「アナフィラキシー」と言い、急激な血圧低下などのショック症状を起こしている状態を「アナフィラキシーショック」と言います。
苦しそうにしている男性
アレルゲンの侵入からアレルギー症状が現れるまでの時間は大体10分程度とされています。
またI型アレルギーはアレルギー性疾患全体のおよそ90%以上を占めると言われています。

II型アレルギー

IgGというタイプの免疫グロブリンが抗原を有する自分自身に結合してそれを認識した白血球が細胞を攻撃するというタイプのアレルギー反応です。代表的なものには「B型肝炎」や「C型肝炎」などのウィルス性肝炎があります。
これは肝炎ウィルスを除去する際に肝臓の細胞が破壊されてしまうことで起こります。

他にもペニシリンアレルギー、自己免疫性溶血性貧血、不適合輸血(いわゆる拒絶反応)、特発性血小板減少症、悪性貧血、リウマチ熱など自己免疫性疾患に多いタイプです。

III型アレルギー

免疫反応によって、アレルゲン、抗体、補体などが結合しあい「免疫複合体」と呼ばれる物質が作られ、それが血流にのって行った先々の細胞を傷つけることで起こるアレルギー反応です。

免疫複合体が悪さをする範囲が限局的な部位にとどまっている場合を「アルサス型反応」と言い、全身に広がるタイプを血清病と呼んでいます。
アルサス型には過敏性肺臓炎、血清病には全身性エリテマトーデス(ループス腎炎)、溶血性連鎖球菌感染後糸球体腎炎、アレルギー性血管炎、多発性動脈炎、シェーングレン症候群などがあります。発赤や浮腫が2〜8時間で現れるという特徴があります。

IV型アレルギー

特定のアレルゲンにのみ反応する感作T細胞によって引き起こされるタイプのアレルギー反応です。アレルゲンと反応後の感作T細胞がマクロファージ(白血球)を刺激して凶暴化させ周囲の細胞を攻撃してしまいます。

代表的なものには「金属アレルギー」や「薬物アレルギー」、「接触性皮膚炎」、「ツベルクリン反応」などがあります。
IV型アレルギーだけは細胞性免疫が関わっていて、リンパ球の反応に時間がかかるため遅延型過敏症とも呼ばれています。

V型アレルギー

バセドウ病などが代表的な疾患です。受容体と呼ばれる物質に自己抗体が産生され、その自己抗体に受容体が刺激され細胞から物質だけが分泌され続けることで起こるアレルギーです。
(簡単に言えば体内の物質の受け渡しがうまくいかないことで起こるアレルギーということになります。)

アレルゲン(抗体)の特定方法について

病院

アレルギー性疾患を調べるのに一番重要なことは「アレルゲンの特定」です。
そのためには医療機関においてアレルゲン特定検査を受けるのが一般的です。

アレルギー性疾患を調べる検査には以下のようなものがあります。
  • 血清TARC
  • RAST
  • プリックテスト
  • 経口誘発試験
  • リンパ球幼若化試験やリンパ球刺激試験
  • パッチテスト
これだけの種類があれば大抵のアレルギー性疾患は調べがつきそうだと思いますか?
それがこれだけでは代表的なアレルギー性疾患を調べられる程度なんです。
冒頭のパートでも述べているように地球上に存在するすべての物質はアレルゲンになり得るため、その一つ一つについて全て調べるの現実には不可能です。
アレルゲン検査というのは患者から採取した検体に対し特定のアレルゲンに感受性のある試薬を反応させて陽性反応が出るかどうかを調べるのが一般的です。
つまり、そのアレルゲンのサンプルが検査項目に含まれていないとそれはスルーされることになってしまいます。
アレルゲンとして代表的なものは
  • 花粉(杉、ヒノキ、ブタクサ、稲など)
  • ハウスダスト
  • PM2.5などの化学物質
  • 紫外線
  • 代表的な食べ物(卵、米、麦、肉、魚、そばなど)
  • 薬物
  • アルコール
  • 自然界に存在する毒物(ヒ素、トリカブト、フグ毒など)
と、ある程度数は揃っていますがそれでも限界があります。
したがって蕁麻疹やアレルギー性鼻炎などアレルギー反応と呼ばれる症状が出ていても保険証を使えるアレルギー検査には限界があります。
こうした「代表的」なアレルゲン以外のものについては別途自費で高額なコストをかけて調べる方法もありますが、それでも蓄積されているデータには限界があるので、一人一人にとって何に対してアレルギーが出ているのかを精密に検査するのは物理的に困難だと思ってください。
お金

血液検査以外の方法でアレルゲンを特定するには?

では、血液検査以外の方法でアレルゲンを特定する方法はあるのでしょうか?

結論から言えば「不可能ではないけどあります。
しかしこれも極めて非現実的な方法になります
」ということになります。
では具体的に説明していきましょう。
まず一つめは「パッチテスト」という方法です。これは疑いの深いアレルゲンを皮膚に塗って、アレルギー反応が出るかどうかを調べるテストです。実際の化粧品開発の際に行われるアレルギーテストはパッチテストが必ずと言って良いほど含まれています。
もう一つの方法はあらゆる食品や化学物質を少量ずつ体内に取り入れてアレルギー反応を示すかどうかを調べるテストです。取り入れ方は注射や経口摂取という方法になります。
どちらの方法も厳密に調べようと思ったら地球上に存在するありとあらゆるものについて調べなければなりません。それゆえに「不可能ではないけれど、極めて非現実的な方法」なのです。
このようにアレルギー性疾患というのは原因(アレルゲン)の特定が非常に難しいため、治療法のメインは今表面に出ているアレルギー症状を緩和する「対症療法」にならざるをえず、根治は難しいと言われています。
ただし、アレルゲンが特定できれば、そのアレルゲンを弱毒化したものを少量ずつ体内に取り入れ、次第に量を増やしていって体がアレルゲンに対して過剰な反応を示さなくなるのを待つ「減感作療法」という治療法を選択できます。
ただし、これも開発されている治療用のアレルゲンは限定されてますし、効果はだいたい50%以下と言われています。
しかし、アレルゲンの特定を諦めて「体内バランスの乱れからくる免疫系の暴走」がアレルギー反応だとするならば、その点に着目して「免疫力を調整する」という治療法や対策法を考えると一つの道筋が見えてくるのではないでしょうか?
笑顔の女性

アレルギー反応と免疫不全について

免疫系が暴走して病気を発症している状態を「アレルギー性疾患」もしくは「自己免疫性疾患」と呼んでいます。その逆に免疫が十分に機能していない場合を「免疫不全症」と呼んでいます。

一般的にはアレルギーと免疫不全は同じと認識されているケースが多いようです。そこで。このパートではアレルギーが起きている場合(アレルギー性疾患)と免疫が不十分な場合(免疫不全症)とを比較してみましょう。
免疫機能とは「侵入してきた有害な異物(敵)を体外に排泄させるために働く機能」です。
そのシステムは非常に高度で、多くの抗原(侵入してきた外敵)を即座に解析し、過去にその抗原と戦った履歴があれば、その抗原に対する専門の攻撃チーム「抗体」を組織して殲滅にあたります。
この「解析」を担っているのが「自律神経」です。そして解析までに要する時間の間、侵入者を攻撃するのは白血球などの物質です。これは抗原の型に限らず体内に取り込んで一網打尽にする免疫細胞で、免疫系の切り込み隊長と呼べるでしょう。
この切り込み隊長に対して自律神経が誤った情報を提供してしまうのが「アレルギー」や「免疫不全」になります。アレルギーの場合は自律神経が相手の戦力を見誤って過剰に攻撃する指示を与えているような状態で、免疫不全の場合は自律神経が十分機能できずに適切な攻撃指示を出せないでいる状態だと理解すれば良いでしょう。
免疫力が著しく低下した状態が「免疫不全症」と呼ばれる病気で、先天的な要因で発症する場合と、エイズ(HIV感染症)などのようにウィルスなどが原因で起こる「後天性」のタイプがあります。
*後天性免疫不全症の場合HIVウィルスだけが原因ではありません。またウィルス以外にもストレスが原因のタイプや他の病気に続発するタイプもあります。
つまり、アレルギー(免疫の暴走)にせよ、免疫不全にせよ免疫系に指令を出している自律神経の乱れを正常な状態に戻すことができればどちらも自ずと改善していくということになるのです。

アダプトゲンでアレルギー対策を

説明する男性と女性

漢方やアーユルヴェーダなど伝統的な療法には「アダプトゲン」と呼ばれる成分が重要視されてきました。「アダプトゲン」とはストレスに対する抵抗力をあげるための天然のハーブ(薬草)成分の一種です。
前のパートでも説明した通り、アレルギーとは結局自律神経の乱れによって誤った戦闘情報が免疫系に伝えられ、過剰な反応を示すことで発症するという流れになっています。したがって、自律神経の乱れを正常な状態に戻せればアレルギーも自然と改善することになるのです。
そして、「アダプトゲン」に着目すれば自律神経の乱れを調整し命令系統が整理され、いろいろな伝達物質のめぐりが良くなってつらいアレルギー症状から解放されるのは理にかなった方法だといえるでしょう。
アダプトゲンは天然由来の成分なのでハーブや食品にも含まれています。つまり、医薬品とは違い副作用への懸念もなく、安心して毎日の生活に取り入れることが可能な成分です。
合成薬ほどの即効性は期待できないものの、緩やかに確実に効いていくのが「アダプトゲン」です。
ところでこの「アダプトゲン」という物質は単一成分ではありません。「ストレス耐性を高める成分」の総称になります。
漢方薬は一部医薬品の指定をされているので、漢方薬の世界で特に有名なアダプトゲンを一覧にして挙げてみましょう。
  • サポニン
  • ジンセノサイド
  • GABA
  • タンニン
  • フラボノイド
  • イソフラボン
などです。
中でも注目したい成分が次のパートで紹介する「ジンセノサイド」になります。

ジンセノサイドとは?そしてそれを含む食材とは?

前のパートで紹介した「アダプトゲン」の一種である「ジンセノサイド」というのはサポニンの仲間です。

サポニンには
  • めぐりを改善する
  • 不調を調整する
  • 悪玉酸素に対抗する
などの作用があります。
しかし摂りすぎると毒性を示すというデメリットがあります。しかし、ジンセノサイドの場合はこのデメリットがありません。したがって安心して毎日飲み続けることができます
この「ジンセノサイド」という物質のもう一つの特徴が「高麗人参にしか含まれていない独自成分」という点です。
つまり、「ジンセノサイド」を摂取しようと思ったら、高麗人参の一択になるということです。
ジンセノサイドには
  • 鎮静系のジオール系
  • 興奮系のトリオール系
というさらに二つの成分に大別することができます。この二つの成分を同時に摂取することで、その時足りない方に働きかけて調整をしてくれるというのです。
したがって不均衡からくる種々の不調には高麗人参の持つすぐれた調整力とめぐりの改善力が大きなサポートとなることでしょう。

まとめ

アレルギーは原因の特定が難しく薬物治療だけで完治させるのはほぼ不可能と言われています。
したがって対症療法に加えてそれをサポートする何らかの対策が必要になります。

有効な対策としては「アレルゲンを徹底的に遠ざける」ことなのですが、それも非現実的な方法です。そこでめぐりを改善し、不調を整える働きのあるジンセノサイド(アダプトゲンの一種)を導入することで、いろいろなアンバランスを元の状態に戻してみてはいかがでしょうか?
ジンセノサイドはサポニン成分の一種で「高麗人参」にしか含まれない成分です。日常が辛くなったら高麗人参のサポート力を試してみてください。
以 上 
PR

つらいアレルギーにはサポート役に高麗人参がおすすめ

高麗人参

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。