女性の体は「更年期」を迎えると閉経に向かいホルモンバランスが変化し、体調や精神の面で大きな崩れを起こすことがあります。これが「更年期障害」です。
更年期とは「閉経をはさんだ前後5年のこと」と定義されています。閉経とは一年以上生理(月経)が完全停止している状態のことであり、その過程では卵巣機能の低下から女性ホルモンの量も減ってしまいます。
ちなみに日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後ですので一般的な更年期とは45歳〜55歳あたりのことを指しています。
ではどうして女性ホルモンの分泌量減少が心身への健康被害を招くのでしょうか?そこには性ホルモンと脳には意外な関連性があるからです。
今回は「閉経とホルモン量の減少」について詳しく説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


閉経に向かいホルモン減少が起こると肌トラブル以外にも様々な健康被害が起こる?

青ざめる女性

20代の頃と比べると40代の肌質が明らかに衰えてくるのは更年期になって「エストロゲン(女性ホルモン)」が減ってしまうからだと考えられています。しかし、エストロゲンの分泌量が減ることで悪影響をこうむるのはなにもお肌だけではありません。
このパートではエストロゲンの減少が女性の健康にどのような悪影響をもたらすのかについて説明していきましょう。

美容への影響(肌質)

女性ならば生理周期に合わせて肌質が大きく変化するというのを多くの人が経験しているのではないでしょうか?

エストロゲン量が増える排卵前にはお肌のコンディションは良くなり、排卵後プロゲステロンという女性ホルモンが増える時期になると肌質は急に悪くなります(ニキビ、シミ、ソバカスなど)。
このことからもわかる通り「エストロゲン」にはお肌のコンディションを整える作用(新陳代謝を促す作用)があるのです。
具体的には
  • コラーゲンやヒアルロン酸の合成を促す
  • メラニン色素の合成を抑制する
などの働きがエストロゲンにはあります。
したがってエストロゲンが減少する更年期以降になると
  • コラーゲンやヒアルロン酸不足からくるシワやたるみ
  • メラニン色素が増えることでシミができやすくなる
などの肌トラブルが起こりやすくなるのです。

骨粗鬆症リスクの上昇

エストロゲンには数多くの重要な働きが確認されています。その中の一つが「骨代謝のコントロール」でしょう。骨は人の体を支える重要な柱の役割をしています。

しかし、同時に血圧を調整するために適宜骨からカルシウムがイオンとなって血液中に溶け出しています。
食事から十分なカルシウムを補っていれば骨から持ち出されるカルシウムの量も少なくて済むのですが、日本人には不足しがちなミネラルの一つがカルシウムであり、エストロゲンにはこの骨の代謝(古い細胞を新しい細胞に入れ替え健康な状態を維持する働き)があるので、不足すると骨代謝が滞り、骨からカルシウムを持ち出してしまうために骨粗鬆症へのリスクが上昇します。
骨粗鬆症とは骨がスカスカになってしまい「いつの間にか骨折」を起こしやすくなる病気です。加えて将来的に介護が必要となる運動障害「ロコモーティブシンドローム」の一種でもあるので十分な注意が必要です。

太りやすくなってしまうわけとは?

さらにエストロゲンには血液中にコレステロールに作用して色々な物質に変化させる事をサポートする作用があります。

悪玉コレステロールと言われているLDLには、実は消化のためには欠かせない胆汁になるなどとても重要な働きがあるのですが、エストロゲンが不足するとコレステロールの代謝が滞り最終的に脂肪酸となり皮下脂肪として蓄えられるようになります。
こうなると太りやすくなってしまうのです。女性が更年期になると急に太りだすのはエストロゲンが不足しているからという理由があるのです。

閉経に向けて行われるホルモン量の検査など

こちらを見る医師

更年期障害は40代以上の女性のおよそ6割を襲う発症頻度の高い病気ですが、自覚症状が非常に多岐に渡り、中には「これも更年期障害なの?」と思えるようなものもあります。
したがって40歳を超えて幾つかの心身の不調を感じるようになったら、まずは「更年期障害」を疑ってみましょう。現在女性の更年期障害は健康保険を使っての治療が可能なれっきとした病気として認定されています。
主たる受診科は「婦人科」になりますが、頭痛や腹痛などの症状では最初に「内科」を受診するケースも多いことでしょう。
そこでこのパートでは婦人科と内科で行われる血液検査を中心に更年期障害の確定診断に至るための検査をいくつか紹介していきましょう。

婦人科での検査

最初から婦人科を受診した場合は問診のほかにチェックシートを用いた更年期障害の可能性を測る検査以外に次のような検査が行われます。

・血液検査(以下参照)
・尿一般検査(代謝系疾患の有無の確認のための検査です)
・腹部エコー(卵巣などの女性器の状態を目視するための検査です)
・腹部CT(女性器の状態や他の臓器に異常がないかどうかを判断するための画像診断検査です)

一般的な血液検査について

・血液一般検査:赤血球の数や白血球の数など血液の状態を調べることで何かしらの異常(炎症性疾患など)がないかどうかを調べる検査です。
・生化学的検査:代謝性疾患や炎症性疾患、腫瘍性疾患、内分泌系疾患などの異常がないかどうかを調べるための検査です。
・血沈検査:炎症の有無を調べるための検査です。

注射器

更年期障害の診断のために行われるホルモン検査について

ここからは実際に更年期障害かどうかを調べる代表的な三つの検査を紹介していきます。

・E2検査:E2(エストラジオール)とはエストロゲンの主要成分です。生理周期によって増減しますが、卵巣機能が低下する更年期ではE2の量も減少していきます。
閉経前後では50pg/ml以下の場合に更年期障害を発症している可能性が高いとされています。
卵胞期前期」:10~78
卵胞期後期」:31~200
排卵期」:103~366
排卵期」:103~366
黄体期後期」:251以下
閉経後」:18以下
が正常範囲(基準値)となります。(単位はいずれもpg/ml)
・FSH検査:FSHとは「卵胞刺激ホルモン」のことです。エストロゲンは卵胞ホルモンと呼ばれるタイプの女性ホルモンですので、FSHの刺激によって分泌されるという流れになっています。
FSHは脳にある脳下垂体という部位から卵巣に向かって放出されています。ただし卵巣機能が低下するとエストロゲンの分泌量が落ちるためFSHも消費されず血液中の濃度が高くなります。
したがって常時20〜30台越えをマークしている場合には更年期であり尚且つ閉経が近いと判断されます。
卵胞期」:3.01~14.72
排卵期」:3.21~16.60
黄体期」:1.47~8.49
閉経後」」:157.79以下
が正常範囲(基準値)となります。(単位はいずれもIU/ml)
・LH検査:LHとは「黄体形成刺激ホルモン」のことを言います。女性ホルモンのうち排卵後に増えるのが「ゴナトトロピン」と呼ばれる黄体ホルモンで、これが増えると体調が一時的に悪くなることが多くなります。
更年期障害ではエストロゲン量が減ることで自律神経も乱れを起こすのでE2とFSHを調べればよさそうなものですが、LHも同時に調べることで脳下垂体や性線に異常が無いかどうかが推測できるのでLHも一緒に調べるのが一般的です。
卵巣機能が低下することでLHの消費も落ちるため血液中の濃度が増えます。したがってFSHとLHの両方が高い場合は更年期の可能性が考えられるのです。
卵胞期」:1.76~10.24
排卵期」:2.19~88.33
黄体期」:1.13~14.22
閉経後」」:5.72〜64.31
が正常範囲(基準値)となります。(単位はいずれもIU/ml)

内科での検査

上記ホルモン検査以外の一般的な検査に加え

  • コレステロール値の測定
  • 骨密度の測定
が行われます。これらはエストロゲンの減少によって起こる「体重増加」や「骨粗鬆症」などのリスクを調べるためのもので、検査と診察の結果、更年期障害が強く疑われた場合は婦人科へと転科するケースが多くなります。

閉経前後(更年期)にホルモン値を上昇させるための治療や対策とは?

指をさす手

このパートでは閉経前後(更年期)に体調不良、すなわち「更年期障害」を起こしている時に体内の性ホルモン値を上昇させるための治療法を紹介していきましょう。一般的には婦人科での治療になりますが、医療機関によっては内科でも治療可能な場合があります。

また、精神症状を発症している場合には精神科や心療内科を合わせて受診する場合もあります。
では、婦人科での更年期障害の治療法を説明していきます。

ホルモン補充療法(HRT)

婦人科に於ける更年期障害治療のスタンダードがHRT(ホルモン補充療法)です。
この治療法は更年期になり不足していく女性ホルモンをホルモン製剤の投薬によって物理的に補うという治療法です。
対症療法ですが、閉経後に再びホルモンバランスが落ち着くまでは非常に高い治療効果が期待できる治療法とされています。

しかし、一方でホルモン製剤には強い副作用も確認されています。

HRTの副作用について

治療には合成された人工の女性ホルモンが用いられます。また、ホルモンバランスは人によって千差万別であり薬で細かい調整を行うには限界があるため、人によっては以下のような強い副作用が出る場合があります。

  • 下腹部痛
  • 不正出血
  • 吐き気、嘔吐
  • (貼り薬の場合):湿疹、発赤
  • 乳房の張りや痛み
などです。
またエストロゲンの過剰摂取はエストロゲン由来疾患である乳がんへのリスクが上昇するといわれています。したがってHRTを受けている最中にサプリメントや健康食品を導入する時には主治医に相談してからの方が良いでしょう。
*ただし、更年期の乳がんリスクはHRTよりも生活習慣の乱れによるものが大きいということがわかっています。生活習慣を見直して乳がんリスクを下げるようにしましょう。

薬の種類

薬

HRTでは飲み薬や外用薬(貼り薬、塗り薬)などが用いられます。
一般的には飲み薬が中心ですが、消化器症状が強い場合には飲めないので、外用薬が処方されます。
<内服薬>
・エストロゲン単剤:ジュリナ、プレマリン、エストリールなど
・エストロゲン+プロゲステロン複合剤:ウェールナラ
・プロゲステロン単剤:プロペラ、ヒスロンなど
<外用薬(貼り薬)>
・エストロゲン単剤:エストラーナーテープ
・エストロゲン+プロゲステロン複合剤:メノエイドコンビパッチ
<外用薬(塗り薬)>
・ルエストロジェル、ディビゲル

生活習慣の改善指導

自律神経は「生きていくことそのものを制御している中枢神経」なので生活習慣というのもに大きく影響を受けます。これから説明する点は実際に婦人科でも更年期障害の治療では指導されることですので、とても重要なことになります。

食事内容を見直す

栄養バランスの取れた食事を3食ちゃんと食べるということはとても重要です。
人は「食べる」ことで体内では合成できない物質を補うことができるからです。「」をおろそかにするということは更年期リスクを上げることに他ならないということを理解しておきましょう。

また太りやすくなったからといって極端なカロリー制限や糖質(炭水化物)を制限するような過激なダイエットは絶対にNGです。これらは「健康的に痩せる」のではなく「病的にやつれていく」だけなのです。
食べた分のカロリーは運動することで消費する。それが健康に更年期を乗り切るためには大事なことなのです。

運動習慣を心がける

運動することで筋肉は太くなっていきます。そして全身を覆う「骨格筋」は人間の発する熱量のおよそ60%に該当する分を担っているといわれています。つまり、痩せたければしっかりと「運動する」ことが一番効率的なのです。

また運動することで血流が増して代謝が上がることはよく知られています。代謝の停滞は更年期障害を加速させるため、更年期こそ運動習慣を身に付けたいところなのです。
更年期障害対策としては1日30分程度の軽い有酸素運動でも効果があるとされているので、散歩(ウォーキング)やストレッチなど継続してできる運動を見つけて実践するようにしましょう。

睡眠はしっかりと取る

エストロゲンは交感神経から副交感神経に切り替えるスイッチの役割をしています。すなわち毎日同じ時間に寝るようにすればそれだけ消費されるエストロゲンは少なくて済むという理屈になります。

逆に不規則な時間に寝るということはそれだけ副交感神経に切り替える時には大量のエストロゲンが必要になるということなので更年期に入ったらできるだけ一定の時間に寝る習慣をつけるようにしましょう。

ストレスケア

ストレスを背負う女性

自律神経やホルモンバランスというのは精神的なストレスの影響を強く受けてしまいます。つまり、“ストレスを溜めないか、上手に解消する”ということは自律神経を乱しにくくするための最重要課題といえるでしょう。
しかし、ストレス社会と言われる現代ではどうしても日中にストレスは溜まりがちになります。そこで
  • 趣味を持つ
  • 旅行に行く
  • カラオケで大声を出す
などのストレス発散方法を意識することで、ストレスを適宜解消するようにしましょう。これは更年期において非常に重要なことだといえるでしょう。
ただし、いくら好きだからとはいえ
・依存症(買い物依存、スマホ依存など)
・ギャンブル
などは興奮することはあっても神経が鎮静することはないので、極力避けるようにしてください。

漢方薬または市販薬の使用

HRTの副作用を懸念する人や、HRTを受けられない人(過去に女性器の手術を受けたり、乳がんの治療歴がある人)などには漢方薬での治療や市販薬での対応が必要となる場合があります。

そこでここでは女性の更年期障害の治療で使われる漢方薬や市販薬をお教えしましょう。
<漢方薬>
・加味逍遙散(かみそようようさん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
<市販薬>
・命の母A
・ルビーナ
これらの薬はいずれも漢方薬がベースとなっています。
しかし、漢方薬といえども医薬品に指定されているものなので少なからず副作用はありますし、飲み方も漢方薬だと「食前、食間」など空腹時に飲むものが多いため飲み忘れが多く、また体質によって効果に差が生じやすいというデメリットがあります。

サプリメントを利用する

右腕をあげる女性

病院で治療を受けるほどの重症ではないし、かといって漢方薬は飲み方が面倒臭い、それに市販薬にしても副作用が心配という人は「サプリメント」を導入してみるという選択肢もあります。
サプリメントなら食品なので漢方のように特殊な飲み方をする必要性もありませんし、過剰に摂取しない限りは副作用のようなものも心配はいりません。
飲み方は一日の摂取目安量さえ守っていればいつ飲んでも良いという手軽さも嬉しいポイントです。
そこで更年の悩みに適しているとされている原料をいくつか紹介しておきますので、サプリメント選びの際にお役立てください。
  • 大豆イソフラボン
  • エクオール
  • ローヤルゼリー
  • 高麗人参
  • マカ

まとめ

女性の更年期とは「閉経」と関連性が深く、医学的には「閉経の前後5年のことを言う」と定義されています。閉経とは1年以上生理が完全にこなくなってしまう状態のことでこれをもって女性器官は役割を終えて機能が著しく低下していきます。

特に卵巣は女性ホルモンを作る重要な女性器官なので、機能低下が起こると自律神経のうち、副交感神経を刺激するエストロゲンの分泌量が減り、寝ている間のメンテナンス不良によって数々の体調不良を起こすようになるのが女性の「更年期障害」なのです。
更年期障害は病気なので症状が重い場合は婦人科での治療が必要ですが、軽症ならば市販薬(漢方薬含む)での対処も可能ですし、その他本文にあるサプリメントでも対応可能です。
ただし、この時も生活習慣を改善するというのはとても重要なので、できる限り実践するようにしてください。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います