日本人女性の平均的な「閉経年齢」はだいたい50歳前後になります。
つまり、更年期後半にはすでに閉経を迎えているということになります。そもそも更年期という言葉の定義が「閉経をはさんだ前後5年の事」になるので、後半の5年間は閉経後の事を指していることになります。
この終末感ただよう「閉経」という言葉ですが、一体どのような変化を女性たちにもたらすのでしょうか?
更年期や更年期障害との関係は?また具体的にどのような症状が?と色々不安に思われる方も多い事でしょう。
今回は知っているようで知らない「閉経」について真面目に語りたいと思います。

スポンサーリンク


閉経に向かう兆候または閉経にともなう症状とは?

困り顔の女性

このパートでは閉経に近づくと現れやすい自覚症状について説明していきたいと思います。
これから挙げるような症状が度々おこっていると閉経に近づいたサインと言えるでしょう。
ただし、「閉経」は女性であれば誰もが迎える自然な生理現象ですので、自覚症状が強くなくても「一年以上生理が完全に停止している状態」ならば医学的には「閉経」した、とみなされることになります。

45歳を過ぎた頃の腹痛や下腹部痛は閉経の症状?

女性が感じる下腹部(または腹部)の痛みや違和感には幾つかの原因があります。
それは

  • 生理痛
  • 子宮の病気
  • 消化器の病気
などです。
閉経前にはホルモンバランスの崩れから様々な体調不良が起こりやすいので、ここでは「腹痛」あるいは「下腹部痛」にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

生理痛の場合

卵巣や子宮の機能が低下していく更年期から閉経にかけては生理痛は若い時よりも軽いのではないかというイメージを持つ人が多いのですが、実際は閉経前、閉経間際に起こる生理痛は痛みが強いタイプが多いとされているのです。また、生理でもないのに生理痛のような辛い痛みを覚える場合もあります。

これは閉経の前後ではホルモンバランスが非常に不安定になることに起因しています。
自律神経の中で癒しやメンテナンスを担当する「副交感神経」はエストロゲンという女性ホルモンの刺激を受けて活性化するため、更年期以降の卵巣機能低下の状態では副交感神経がうまく作用せず、体ではいろいろな臓器のメンテナンス不良を招く事になるからです。
そうすると若い頃は定期的に生理が来ていて生理痛とは無縁だった人でも「月経前症候群(PMS)」と似たような状態となり、生理痛(下腹部痛)や不正出血を起こしやすくなるのです。
お腹を抑える女性
痛み方も

  • 腰が外れそうなぐらい痛い
  • 腰が重たくて歩くのも困難

という激しいものが多くなります。
中には鎮痛剤を手放せなくなるという人も多いので十分な注意が必要です。

子宮の病気の可能性がある腹痛について

女性ホルモンの分泌量が減るということは子宮などの活動にも大きな支障をきたすようになります。特に子宮は膣を通じて外に通じている臓器なので、自浄作用が低下すると感染症などの病気にかかりやすくなります。

ここでは更年期以降に起こりやすい子宮の病気について説明していきましょう。
子宮の病気では下腹部痛以外にも不正出血が目立つようになりますが、この場合には
  • 子宮がん
  • 子宮頚部がん
  • 子宮内感染症
などのリスクが高くなるのです。
いずれも強い炎症を起こしやすい疾患ですので
  • 激しい腹痛(下腹部痛)
  • 出血
  • 発熱
  • 吐き気や嘔吐
などを起こしやすくなります。

胃腸の調子と自律神経の因果関係について

自律神経には「内臓を動かす」という非常に重大な役割があります。
またこの中枢神経は性ホルモンの刺激を受けて活性化するため、性ホルモンの分泌量が減る更年期〜閉経にかけては自律神経失調状態に陥りやすく、特に胃腸はこうしたストレスに敏感な臓器なので

  • 胃痛(上腹部痛)
  • 下腹部痛
  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 下痢
  • 呑酸(すっぱいものがこみ上げてくる)
  • 胸焼け
  • 食欲不振
などの消化器症状を起こしやすくなります。

閉経に伴う症状としての眠気はなぜ起こる?

疑問を感じる女性

更年期障害を代表する精神症状の一つに「不眠」がありますが、逆に日中に強い眠気が襲ってくる場合も増えます。
不眠と眠気とは相反する症状と思われますが、どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?
実はこの場合の「眠気」の最大の原因が「不眠」なのです。つまり夜眠れないから日中に強い眠気に襲われるということです。
癒しや心身のメンテナンスを担当する「副交感神経」はエストロゲンによって活性化します。もっとも活性化する時間帯は寝ている間であり、この時間帯は脳も休憩する時間なのです(もちろん脳は活動を停止するわけではありません、あくまでも必用な部分だけを休ませているのです)
それがエストロゲン不足によって寝ている間の交感神経の働きが不十分だと、相対的にこの時間帯でも脳は活動していることになり、休む暇がありません。
そこで疲れが限界に達した脳は時と場所を選ばずに急な眠気を覚えさせて休もうとするのです。
これと良く似た症状が起こるのは「睡眠時無呼吸症候群」です。このケースでも日中に抵抗できないほどの強い眠気に襲われて大きな事故を起こす原因となっていますので、日中に強い眠気を覚えた場合には一度医療期間を受診するようにすると良いでしょう。女性の更年期障害の場合は婦人科になります。

閉経しても出血するのは何かよくない症状なの?

閉経するといっても完全に膣が閉じるわけではないので、人によっては不正出血が起こることがあります。

不正出血には

  • 機能的なもの(機能性出血)
  • 病的なもの(器質性出血)

という二つの種類があります。閉経後の不正出血のうちほとんどが健康には大きな影響を与えない「機能性出血」だと言われていますが、気になるので調べてみましょう。

機能性出血

卵巣機能が衰える更年期以降になると起こりやすい不正出血です。主な原因はホルモンバランスの異常で更年期や閉経後の不正出血の多くがこの「機能性出血」になります。

健康面での悪影響が少ないケースになりますが、稀に

  • ビタミンC欠乏症
  • 急性の感染症
  • 敗血症
  • 血液疾患

などでも起こりえます。

  • 出血量はそれほど多くなく、出血時間も短い
  • 下腹部に違和感があっても強い腹痛などはない
  • 鮮血が混じっていない
などが特徴と言えるでしょう。

器質性出血

一方こちらは「出血を起こす原因となる基礎疾患」が存在しているケースです。つまり基礎疾患をしっかりと治療する必要性がある場合と言えるでしょう。

器質性出血を起こす基礎疾患とは
(良性腫瘍)
・子宮腟部びらん
・子宮頚管ポリープ
・子宮内膜ポリープ
・子宮筋腫
(悪性腫瘍)
・子宮体がん
・子宮頸がん
・卵管がん
・外陰がん
・卵巣がん
などが考えらえます。
閉経後は子宮や卵巣の活動はほぼ停止している状態ですが、おりものは増える傾向があります。
これは感染を起こす菌などをいち早く外に出すための自浄作用なのですが、更年期の場合は自律神経失調からくる免疫力の低下から感染症にかかりやすくなっているので、おりものや不正出血の状態に異常があるなら器質性出血も十分に考えられるのです。
説明する女性医師
器質性出血の特徴としては
  • 下腹部痛
  • 鮮血が混じる
  • 出血量が多い
  • 色がおかしい
  • 臭いが強い
  • 発熱
などがあります。

閉経すると太りやすくなるというのは本当?

更年期とは40代から50代にかけてなので、この時期に太りやすいのは「中年太りだから仕方ない」と諦めている人はいませんか?

中年太りも原因がはっきりと分かれば対策のしようもありますが、知らなければ手の打ちようがなくなってしまいます。そうならないように原因をしっかりと把握して適切な対策をとるようにしましょう。

更年期になると「やせにくくなる」のはなぜか?

人は歳を重ねるごとに筋肉量が減り、基礎代謝が落ちます。基礎代謝が落ちるとエネルギーの燃焼効率が悪くなるので「やせにくくなる」のです。

エストロゲンの働き

またエストロゲン(女性ホルモン)の分泌量が減ると、エストロゲンの役割の一つである「血液中のコレステロール値を適正に保つ」という働きも弱まり、血中のコレステロール値が上昇します。
これによって、中性脂肪が増え皮下脂肪や内臓脂肪が蓄積しやすくなり、「太りやすい」体質になるのです。

*更年期のこうした問題への対処策は次のパートで説明していきます。

閉経に伴う症状:めまいについて

めまいを感じる女性

更年期になると自律神経が乱れることで、血圧が安定せず低血圧や高血圧状態で起こる「めまい感」を感じる場合が多くなります。
厳密に言えばめまい(眩暈)とは「回転性のめまい」と言って天と地がひっくり返るような激しいものですが、血圧の異常で起こる
・起立性のめまい(立ちくらみ)
・ふらつき(ふわふわとして足が地につかない感じ)
などの「めまい感」とは区別されています。
しかし一般的には「めまい」にはこうした“めまい感”も含まれていると考えて差し支えないでしょう。
めまい感も症状が強くなると日常生活に支障をきたすようになります。発作が起こった場合には
  • 慌てずに何かに掴まる
  • 横になることができる場所があれば横になり安静にしている
などを心がけるようにしましょう。
無理をして歩こうとすると転んだり、つまずいて怪我をする可能性があります。

閉経に伴う症状:頭痛について

もともと日本は頭痛大国と呼ばれるほど慢性頭痛に苦しんでいる人が多いのですが、更年期になるとこの傾向がさらに強くなります。

これは女性ホルモンのバランスが崩れ、血流が悪くなることで脳への血液供給量が低下することが原因と言われています。
女性の慢性頭痛のおよそ60%がズキズキと痛む「片頭痛」なのですが、脳への血流障害で起こる慢性頭痛はそれとは違う「緊張型頭痛」になるので、片頭痛を持っている人は更年期になると緊張型頭痛が加わっていわゆる「混合型頭痛」になってしまうことも・・・。
更年期になってから起こる頭痛の特徴(主として緊張型頭痛)としては

  • ズーンと頭が重い
  • 長時間痛む(一日中痛みを覚えていることもあります)
  • 頻繁に発作が起こる

などになります。

閉経に伴う症状:吐き気について

上記のめまいや頭痛によっても吐き気や嘔吐が起こりますが、それ以外にもホルモンバランスの乱れからくる胃腸への血液供給の不足によって

  • 消化不良
  • 胃重感
  • 胃もたれ
  • 胸焼け
  • 便秘
  • 下痢
などの消化器症状が起こり、そのストレスから吐き気を感じるようになります。

閉経に伴う症状を軽減させるための対処法とは?

左手をあげる女性

閉経は更年期という年代で言えばちょうど折り返し地点になります。更年期では10年近くもの間更年期障害や生理不順、また不正出血に苦しむことがあるでしょう。
そこで少しでもその辛さを軽減するために医療機関(婦人科)での治療以外に自宅でできる対処法について説明していきます。
・食事の改善:栄養バランスの取れた食事を三食きちんと食べるようにしましょう。代謝が落ちるということはエネルギー効率が落ちるということです。つまり食べないとさらに代謝が落ち、更年期障害が長引く可能性があるのです。
極端なカロリー制限や偏食による過激なダイエットというのは病的にやつれていくだけですので決して行わないようにしましょう。
・運動する:食事を改善することで確かに摂取するカロリーは増えることになります。しかし、その分は運動して消費すれば良いことなのです。
近年の運動科学の分野では高齢者でも運動することで健康効果やダイエット効果は得られることがわかっています。また更年期対策としては一日30分程度の軽いウォーキングなどで十分ということなので運動が苦手な人や忙しい人でも少し工夫をするだけで実践可能な運動なのではないでしょうか?(例:通勤時に一駅分歩くなど)
・生活リズムの改善:自律神経というのは生きるということを支えている重要な中枢神経なので、生活リズムや生活習慣から大きな影響を受けてしまいます。
特に自律神経内で効率良く(=少ない性ホルモンの刺激によって)交感神経と副交感神経をスイッチングするためには毎日決まった時間に寝起きすることが一番重要となります。このことをしっかりと習慣づければ脳がそのパターンを認識して決まった時間になると少ない性ホルモンの刺激でスイッチングの指令を出すことができるようになるのです。
・サプリメントを導入する:忙しい現代人が生活習慣を見直すと言っても一朝一夕ではいかないと思います。特に食生活の改善は仕事を持つのが当たり前となった現代女性にとっては難しい所でしょう。そこで、更年期の悩み対策としてサプリメントを日常に導入してみることをお勧めします。
このケースのサプリメントの原材料としては「大豆イソフラボン」、「エクオール」、「マカ」、「高麗人参」などがお勧めです。

まとめ

閉経とは女性が妊娠・出産という人生の一大事を担う役割が終わりを告げるということであり、それ以外の面ではきちんとした対策が取れていればたとえ更年期障害を起こしたとしても症状は比較的軽症で済むという傾向があります。

更年期障害対策としては
・生活習慣の改善:食事の見直し、運動習慣、規則正しい生活リズムで日常を送ること
などが重要になります。
しかし、忙しくストレスフルな現代社会では言うほど簡単なことではありません。そこで本文にあるようなサプリメントなどを導入してなるべくヘルシーな毎日を送るように心がけてみてください。そして、更年期を元気に乗り越えていただければと思います。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います