冬は寒くて外に出る気がしないし、どうせ何をやっても痩せないから冬場はダイエットをお休みしてます・・・。そんな人はいませんか?
実は冬場はダイエットに最適な時期なのです。なぜなら人の体は体温を36度前後に保とうと働きます。
外気が冷たいと身体の中では一所懸命エネルギーを燃やして体温を上げようとするからなのです。このエネルギーを燃やして体温を調整する働きを「基礎代謝」と言います。
ダイエットの際基礎代謝を上げると効率よくダイエットすることができるというのはダイエットを経験したことがある人なら一度は耳にしたことがあるはず。だから、ダイエット成功の鍵はどれだけ基礎代謝を効率よくあげられるかなのです。
したがって冬場は何もしなくても基礎代謝が上がりやすくなっているので冬から始めるダイエットは夏場に差がつくということになるのです。

スポンサーリンク


冷え性は基礎代謝が下がるのでダイエットの大敵

体重計に乗る女性

冷え性の人は体温が上がりにくくダイエットに失敗しやすいとされています。
その理由は基礎代謝が鈍りがちだからです。基礎代謝とは人間が生きていく上で最低限必要な代謝のことです。
具体的には
  • 体温の維持(深部体温で37度前後)
  • 内臓を動かす
  • 呼吸をする
  • 排泄を促す(毒素や老廃物の排出)
  • 肌の新陳代謝を促す(ターンオーバー)
  • 免疫力をコントロールする
などが挙げられます。
つまり、ただ生きているだけで必要な代謝と考えて良いでしょう。
しかし、この基礎代謝が落ちてしまうと上記のような重要な生理活動が鈍ってしまうのでエネルギーの消費量が落ちてしまい、結果として「痩せにくい」体質になります。
その上で接種するカロリーがオーバーすると今度は肥満傾向となるのですが、冷え性の人はそもそも基礎代謝が低いためにいくらダイエットを頑張っても成功しづらい状態に陥っていると考えられます。
また冷え性で基礎代謝が落ちると老廃物の排出が上手くいかず、水溶性の老廃物を大量に含んだ水分が細胞の間にたまり続け「むくみ」やすくなります。
冷え性の人がむくんでしまうのにはこのような理由があったのです。
むくんでいるとなおさら太って見えてしまうため、冷え性を改善することはダイエットを成功に導く一つの鍵だと理解しましょう。

冷え性を改善してダイエットを成功させるためのコツとは?

説明する白衣女性

冷え性の人でもダイエットを成功させるにはどのような対策を立てればいいのでしょうか?
このパートでは冷え性を改善してダイエットもしっかりと成功させるためのコツについて説明していきたいと思います。

冷え性には朝食をしっかりと食べてダイエットを成功させよう

朝は一日の始まり。これから体と頭を動かすにはエネルギーの補給が必要です。
だから朝食を抜くと

  • 疲れやすくなる
  • やる気が出ない
  • 集中力が欠けてしまう
などの障害が起こりやすくなってしまいます。
また朝ちゃんと食事をしてエネルギーを補給しないと、自律神経は“余分なエネルギーを消費しないように”という指令をだすために、ダイエットには不向きな体質になります。
そればかりかエネルギー不足から冷え性の改善も思うようにいかず、冷え性の日常化とダイエットの失敗を繰り返すようになってしまうのです。だから朝食はしっかりと食べて活動前にエネルギーをしっかりと補給しておきましょう。

冷え性でもダイエットを成功させるための食材とは?

生姜

ここまでの説明で冷え性の人はダイエットに不向きであるということがお分かりいただけたと思います。
しかし逆説的に考えれば“冷え性を改善すればダイエットに成功する”ということになります。冷え性とは血流障害からくる体温低下で特に末端(手や足)が冷えやすいのが特長です。そこで血流をよくするために朝食に取り入れたい食材を紹介していきましょう。
・生姜:体を温める食材として大人気なのが生姜です。生姜の辛味成分であるショウガオールが血流を増進させ体を温めてくれるのですが、これは「すりおろす」「細かく刻む」「火を通す」などの刺激を加えたほうが効果が上がるので朝食時には「スープや味噌汁に細かく刻んだものを入れる」、「はちみつと一緒にすりおろしたショウガをお湯に溶かして飲む」などの工夫をすると良いでしょう。生姜は色々と応用の効く食材ですからオリジナルのレシピを考えても良いと思います。
・シナモン:ケイヒとも呼ばれる香辛料で漢方などにも用いられています。シナモンスティックで紅茶に風味をつけるシナモンティーは食欲増進や胃腸の働きを活性化させ血流を上げてくれるので、冷え性の改善にはとてもオススメです。
またトーストにバターを塗ってシナモンパウダーをふりかけるシナモントーストも朝食に最適なメニューといえるでしょう。
・酢:酢の主成分である酢酸は血液中のカルシウムイオンと結合して血液の流れをよくしてくれます。朝食のサラダには是非酢をたっぷり使ったドレッシングを使うようにしましょう。朝食時なので適度なカロリーも必要です。良質のオリーブオイルやごま油などヘルシーな食用油と酢(リンゴ酢や黒酢、ワインビネガーがオススメです)で美味しいドレッシング作りに挑戦してみてください。
また和食の場合は酢の物を一品添えると良いでしょう。

冷え性改善とダイエット成功にはお風呂を活用しよう

寝る前にお風呂にゆったりと浸かって体を温めることで自律神経のスイッチングがスムーズになり、血流が上がって冷え性の改善にとても効果的です。

また寝つきがよくなるので血管を収縮させるストレスの緩和にもつながることになります。冷え性の人がダイエットを成功させたければ是非入浴を活用してください。

運動も冷え性解消とダイエットにはとても効果的、でも苦手という人はどうすれば?

ダイエットの王道といえばやはり「運動」ですね。運動することで消費する熱量は大きく上がり代謝もそれに連動します。したがって、運動が持つダイエット効果は確実なのです。

しかし、「運動は苦手」という人も多いことでしょう。それでもあえて言うならば継続可能な軽い運動はやっておくに越したことはありません。
特に40代以降の人は運動習慣を身につけることで年齢からくる悩みに対するリスクも下がります。
そして、前のパートで説明したことに加えてさらにダイエット効果を確かなものにするためには「高麗人参」を日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?
高麗人参にはジンセノサイドという独自のサポニン成分が含まれています。この成分の作用によって巡りがと代謝がリセットされ健康な状態に近づいていきます。
さらに五大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物・ミネラル・アミノ酸)などがバランスよく含まれているため食事だけでは補いきれない栄養素の補給にも役立ちます。健康的にダイエットを成功させ冷えの悩みからも解放されたいなら試してみる価値はあるでしょう。

まとめ

冷え性の人がダイエットを成功させるのは非常に難しいことです。しかし、本文にある対策を講じることで冷えとダイエットの両方がうまく行く可能性が高まりますので是非実践してみてください。

また、食事の質の改善、特に朝食で体を温める食材を摂ることが重要になりますが、食事だけではどうしても栄養バランスを完璧にするのは難しいことです。
そこで高麗人参を日常生活に取り入れることでこうした悩みは解消することができます。また運動習慣のサポートとしても手軽ですのでオススメです。

冷え性対策に必須の成分ベスト3


冷え性対策といえば、誰もがまっ先に思い浮かべるのが生姜(しょうが)だと思います。しかし、生姜よりも重要な成分が実は後2つもあります。それが高麗人参とポリフェノールです。
高麗人参は「最強の万能薬」として知られ、特に身体の「めぐり」改善に有効で、ポリフェノールは女性ホルモンに似た働きをする重要成分で、冷え性の根本的な原因であるホルモンバランスをサポートしてくれます。
冷え性の「三種の神器」とも言えるこれらの有用成分をバランス良く配合した唯一の商品が、あのユンケルで有名な佐藤製薬が製造販売している「美健知箋(びけんちせん)」というサプリです。
冷え性に悩んでいるなら、これ一つ飲めば効果が期待できるので、まずはこれを試してみて欲しいです。ユンケルで培った健康へのノウハウは伊達ではないことがお分かりいただけると思います。