女性の冷えでも一年を通じで起こりやすくまた数としても多いのが「下半身の冷え」です。
夏場でもエアコンが効いた室内で仕事をしている人は下半身から足先が冷えやすく、その上体型的にも下半身が太りやすくなってしまいます。さらに冷えからくる下半身デブはダイエットをしても痩せにくいという特徴があります。
ではどうして下半身が冷えやすい人は下半身デブになりやすいのでしょうか?
今回は特に下半身に着目して、冷えと肥満の関係を説明し、効果的な解消法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


下半身だけ冷えるのはなぜ?

震える女性

冷え性の人の中には「下半身だけが冷える」というケースが結構な割合で発生します。
これは「下半身型冷え性」と呼ばれるもので、特に更年期障害を発症した場合に多く見られる症状です。
下半身型冷え性の特徴としては
  • 下半身だけが冷える
  • 上半身はほてる(特に顔、背中、胸など)
  • ちょっとしたことでイライラする
  • 大量に汗が噴き出す
  • 下半身がむくむ
  • 下半身デブになりやすい
などが挙げられます。
根本的な原因などは分かっていませんが、ストレスや生活習慣病、不摂生などが原因でホルモンバランスと自律神経の乱れから血流障害が起こり血液が上半身に集中して下半身は冷えるという症状がでてくるものと考えられています。
冷え性になると皮下脂肪が固まり燃焼しにくくなり、また血流障害からナトリウム(冷え性の原因物質)の代謝がうまくいかずに太ももや膝の周り、ふくらはぎなどがむくみがちになります。
臀部や股関節にはセルライトを生じて見た目にも下半身デブになりやすいのがこの冷え性の特徴と言えるでしょう。
*下半身が冷え、上半身がほてることを「冷えのぼせ」と言います。また、足先だけが冷える場合は「末端冷え性」という症状になります。

足の冷えからくる下半身太りとむくみ

太ももが太いのが悩み・・・そんな人は下半身に冷え性を抱えていませんか?
足の冷えと太ももが太っていることの間には実は深い関係があるのです。

というのも皮下脂肪は一旦冷えてしまうとなかなか温まらず、その部分は体温が下がりやすい傾向になり、下半身に冷えが生じます。
さらに冷えが脂肪を燃焼させにくくなるという悪循環が生じて下半身太りになるのです。
おまけに代謝が滞ったお尻や太ももの皮下脂肪には老廃物が蓄積して固まり始め「セルライト」を形成したり、老廃物を含んだ水分代謝が鈍るために太ももやふくらはぎにむくみを生じがちになります。これらが下半身デブと冷え性の原因となるのです。

下半身の冷えを取る効果的な対策を伝授します

寒がる女性

冷え性対策の鉄則は「温める」ということです。これは下半身型冷え性でも変わりません。
また冷え対策と同時に下半身太り解消やセルライト、むくみの改善となる方法をお教えしましょう。

ふくらはぎのマッサージ

ふくらはぎは「第二の心臓」と言われています。

というのも重力の関係で脚側に落ちてきた血液を心臓へと送り返す下半身最大のポンプ役が「ふくらはぎ」だからです。下半身が冷えるとふくらはぎの筋肉(ヒラメ筋)への血流量が低下し、動きが悪くなります。そうなると余分な水分がふくらはぎの細胞間にたまり「むくみ」を生じます。
この状態が長引くとさらに冷えが強くなり、下半身の脂肪が落ちにくくなってしまい下半身太りになります。
そこで寝る前や入浴時などにふくらはぎをマッサージすることで血行を良くして「冷え」、「むくみ」、「下半身太り」、「セルライト」の悩みを一気に解消しましょう。

早歩きや軽いジョギングで下半身の筋肉を鍛える

ウォーキングは初心者に最適な有酸素運動です。

しかし、ただダラダラと歩いていても効果はあがりません。姿勢はできるだけ背筋を伸ばし肘をしっかりと曲げて大きく振り、着地の際はかかとからしっかりと足をつけて蹴り出すことを意識して早歩きをするのが一番効果的です。
一方のジョギングはできるだけ小幅で歩くよりも少し速くなる程度、周囲の景色や一緒に走っている人との会話が楽しめる程度の負荷で行うと良いでしょう。
下半身の筋肉を鍛えることで血流が増し、下半身型冷え性の予防改善に効果があります。

お尻の筋肉を鍛える

冷え性では血行が悪くなり下半身にしびれや腰痛を起こす場合もあります。

この時腰回りを温めると症状は軽快しますが、さらに効果的なのが「梨状筋(りじょうきん)」という骨盤のインナーマッスルを鍛えたり刺激することで血行が回復し、冷えやむくみ、しびれ、腰痛の改善につながります。
梨状筋が固くなっているとその分腰から大腿にかけての筋肉も固くなってしまい血流量は低下していることになります。
そこで
  • 足首を反対側の膝に乗せることができるか?
  • 前屈姿勢で肘で膝を押せるかどうか?
を確認してみてください。
この時辛いようなら梨状筋が固くなっている可能性が高まります。梨状筋はストレッチでほぐしながら鍛えると良いでしょう。
それに最適なのがテニスボールや軟式野球のボールで梨状筋をマッサージする方法です。
適度な負荷がかかるので梨状筋のトレーニングにもなります。やり方はいたって簡単。
・横向きになりボールをお尻の側面のくぼみにおいて腰を動かしながらインナーマッスルに強めの刺激を感じる程度の強さでグリグリとマッサージする
これだけです。手軽ですが梨状筋が固まっていると強い痛みを感じますのでちょっと痛いぐらいの強さから始めるようにしましょう。
パートナーがいる人は肘でお尻をグリグリと押すようにマッサージしてもらうと良いでしょう。

入浴で下半身型冷え性を克服しよう

風呂に浸かる女性

入浴による温浴効果は冷え性全体の改善にとても効果があります。
血流が良くなることで自律神経がリセットされリラクゼーション効果によって体のメンテナンスを司る副交感神経優位な状態になりやすくなります。
また腰から下は常に湯船に浸かっているため、下半身型の冷えを解消する効果も大きいので、入浴時はシャワーだけで済ませずにちゃんと湯船に浸かるようにしましょう。
この時注意するのは発汗による脱水です。お風呂に入る時は前もって水をコップ一杯程度飲んでペットボトル持参で入るようにしてください。
梨状筋のマッサージを入浴時に行うとさらに効果がアップします。
ただし、熱いお湯に浸かるのは急激な血流上昇で自律神経に負担がかかりますから40度程度のぬるま湯につかるようにしてください。

体を冷やす食事や飲み物は避けましょう

冷え性最大の敵は「体が冷えること」というのは言うまでもありません。
そこで食事の時には体を冷やす食材や飲み物を極力避けるようにしましょう。

体を冷やす食べ物の代表的なものは
  • 冷たい飲食物
  • 瓜科の食物(スイカ、メロン、ナス、トマト、キュウリなど)
  • カフェインの過剰摂取
  • アルコールの過剰摂取
  • 葉物野菜(レタス、小松菜など)
  • 清涼飲料水(エナジードリンクもカフェインが含まれているので過剰摂取は禁物です)
などになります。
ただし、瓜科の野菜や葉物野菜にはむくみの原因であるナトリウムの排泄を促すカリウムやマグネシウム、リンなどのミネラル成分、ビタミン類が含まれているので、バランス良く食べるようにしてください。

体を冷やさない服装を心がけましょう

下半身型冷え性の人は下半身を冷やさない服装を心がけましょう。

  • レッグウォーマーを使う
  • スカートは避ける
  • 靴下を重ね履きする
  • 厚手のタイツを履く
などが有効な手段となります。

足腰が冷える人のお手軽対策

指差す女性

ここまでで足腰が冷える人の対策を説明してきましたが、どれも継続することが最低条件になります。
つまりすぐには効果が出にくいというのが難点と言えます。
そこでもう一工夫の対策としてオススメしたいのが「高麗人参」サプリメントです。高麗人参には体を温めて「めぐり」を良くするサポニン成分(ジンセノサイド)が豊富に含まれています。
運動するにしても食生活を改めるにしてもサプリメントを追加することで食事だけでは補いきれない栄養素を補給したり、さらに「めぐり」を改善するのに有益だったりとメリットが多いので取り入れることを検討してみる価値はあると思います。

まとめ

足腰が冷える女性の数は冷えの中でも多く、特に40代以降になると年齢からくる足腰の冷えは深刻になります。冷えに対する対策の基本は「体を冷やさないようにする」ことです。よって足腰を冷やさないようにすることがこのタイプの冷え対策としては重要なこととなります。

しかし、本文中にあるような色々な対策を講じるにしても効果が出てくるまでにはすこし時間がかかってしまいます。より早い対策講じる場合にはプラスワン対策として「高麗人参」サプリメントなどの「めぐり」や冷え対策サプリメントを活用すると良いでしょう。

冷え性対策に必須の成分ベスト3


冷え性対策といえば、誰もがまっ先に思い浮かべるのが生姜(しょうが)だと思います。しかし、生姜よりも重要な成分が実は後2つもあります。それが高麗人参とポリフェノールです。
高麗人参は「最強の万能薬」として知られ、特に身体の「めぐり」改善に有効で、ポリフェノールは女性ホルモンに似た働きをする重要成分で、冷え性の根本的な原因であるホルモンバランスをサポートしてくれます。
冷え性の「三種の神器」とも言えるこれらの有用成分をバランス良く配合した唯一の商品が、あのユンケルで有名な佐藤製薬が製造販売している「美健知箋(びけんちせん)」というサプリです。
冷え性に悩んでいるなら、これ一つ飲めば効果が期待できるので、まずはこれを試してみて欲しいです。ユンケルで培った健康へのノウハウは伊達ではないことがお分かりいただけると思います。