「日本鉄バイオサイエンス学会」の調べでは日本人の成人女性のうちおよそ17%が貧血からくる悩みを抱えていると言われています。国民全体の10%が発症する病気は「国民病」と呼ばれるように、日本人女性にとって貧血は「国民病」のレベルなのです。

貧血といえば
  • 血が足りていない
  • フラフラする、立ちくらみがする
  • めまいがする
  • 血の気が失せて倒れる
  • 冷え性になりやすい
  • 寝起きが悪い
などのイメージが固定化していて、あまり「多彩」な印象ではありません。しかし、実際には貧血にも幾つか種類があり、その種類によって原因や対処法が変わってきます
今回は知られざる貧血の原因を解き明かし、効果的に解消できる対処法について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


貧血の種類について

一口に「貧血」といっても幾つか種類があります。特に代表的なものをいくつか挙げていきましょう。

  • 鉄欠乏性貧血
  • 再生不良性貧血
  • 溶血性貧血
  • 悪性貧血
  • 二次性貧血(続発性貧血)
など。

鉄欠乏性貧血について

血液中の鉄分が不足することで起こる貧血です。赤血球には酸素を運ぶという重要な役割があり、その役割を果たすには「ヘモグロビン」というタンパク質の存在が不可欠です。ヘモグロビンが酸素と結合し、身体中の細胞に酸素を届けているからです。そしてこのヘモグロビンの合成時には「鉄」が必要となります。

したがって鉄分不足はヘモグロビン不足を招き、細胞では酸素不足から機能不全を起こし代謝が落ちるというのが鉄欠乏性貧血の発症メカニズムになります。
発症原因としては
  • 胃、十二指腸潰瘍など出血を伴いやすい消化器疾患
  • 生理
  • 偏食(無理なダイエット)
  • 体の成長や妊娠に伴う鉄分需要の増加
などが挙げられます。生理や妊娠など女性がかかりやすい原因が見受けられます。
–つらそうな女性

再生不良性貧血について

先天的な原因、もしくは薬の副作用や感染症などが原因で血液そのものを作る機能が低下してしまう病気です。現在は国から難病に指定されています。

溶血性貧血

赤血球には大体120日前後の寿命がありますが、溶血性貧血になると赤血球の寿命が異常に短くなり、造血が追いつかなくなって発症します。

先天的な原因と後天的な原因がありますが、細かい原因はあまりよくわかっていません。しかしながら、自己免疫性疾患骨髄の異常感染症手術の後遺症などが発症リスクとして考えられています。

悪性貧血について

悪性貧血はビタミンB12が足りなくなると発症します。鉄と同様ビタミンB12もヘモグロビンを作るのに必要な物質です。ビタミン類は体内では作り出すことができないので、食事やサプリメントで補う必要性があります。(この病気の治療では注射でビタミンB12を補給します)

鉄欠乏性貧血同様、ヘモグロビン不足で起こる病気なので症状は非常によく似ています。したがって治療時にはしっかり鉄欠乏性貧血と区別する必要性があります。

二次性貧血、続発性貧血

出血性胃潰瘍や生理時の不正出血、痔など何らかの病気や怪我が原因で起こる貧血です。「二次性」や「続発性」は“基礎疾患があり、それが原因で起こる疾病”という意味になります。

日本人女性で貧血を発症している人の約9割は「鉄欠乏性貧血」と言われています。したがって、ここからは鉄欠乏性貧血の説明を中心に行っていきたいと思います。

鉄欠乏性貧血が発症する原因とは?

鉄欠乏性貧血の主な症状は

  • 易疲労感(疲れやすくなる)
  • 動悸、息切れ、呼吸困難
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 血色不良
  • スプーン爪(手指の爪が上向きに反り返る、匙状爪(さじじょうそう)とも言う)
  • 眼瞼結膜蒼白(まぶたの裏に血色がなく青白くなる)
などになります。
これらの症状は全てヘモグロビン不良からくる酸素供給不足が原因で起こります。では、酸素が欠乏すると細胞ではどのような不具合が起こるのかについて説明していきましょう。
「ミトコンドリアとATP」
ミトコンドリア
人の細胞内には「ミトコンドリア」と「ATP」という物質が含まれていて、ATPが自動車でいうところのガソリン(燃料)の役割を果たしています。そしてATPはミトコンドリアが作り出す物質です。つまり、生物の細胞内では自力で燃料となるATPを作り出し、それを使って代謝(燃焼反応)を起こし、またATPを作る…というサイクルで細胞の活動を支えているのです。
ミトコンドリア内にも鉄分は含まれていて、この鉄を使ってATPを作り出し、自家発電的にエネルギーを循環させるというのが代謝のメカニズムになります。
そしてミトコンドリアがATPを作り出すという行為自体も代謝の一環なのでここでも「熱」が発生します。人の体温が常に一定なのは、身体中の細胞が規則正しく代謝を行うことで一定量の「熱」を生み出しているからということになります。
では、ミトコンドリア内の鉄分が不足するとどうなるでしょう?ATPは鉄の作用で作られるエネルギーなので鉄不足はATP不足の原因となります。これは言い換えれば、細胞の「ガス欠状態」ですので、
  1. 疲労物質の排泄不良から易疲労感が生まれ
  2. 心臓や血管のように激しく動く筋肉の動きが鈍ることで、動悸、息切れ、呼吸困難、血色不良などがおこり
  3. 五感神経にも障害が生じてしまい、めまいや耳鳴りが発生し
  4. 皮膚の代謝サイクルに狂いが生じ、スプーン爪となり
  5. 血行不良から眼瞼結膜蒼白が起こる
という事態を招きます。
また、血管や心臓の動きが悪くなると、血流障害を起こし、心臓から遠い部位(手先や足先)ではさらに熱が発生しにくくなり「冷え性」を起こしやすくなります。

ヘモグロビンの働きについて

赤血球はその名の通り血の赤い色の素となる血球細胞です。この細胞は「ヘム」と呼ばれる鉄を含んだ赤い色素と「グロビン」と呼ばれるタンパク質からできています。つまり、血液の赤い色は(ヘム)鉄の色ということになります。

ヘム鉄は酸素と結合しやすく、また酸素濃度の低い場所にあるミトコンドリアを発見すると酸素を明け渡してくれます。こうして私たちの体じゅうに酸素が行き渡り代謝が可能となるのです。
前のセクションでは、“代謝とは熱化学反応である”ということを説明しました。燃焼する時には酸素が不可欠です。ミトコンドリアにも鉄が含まれているのは代謝時に酸素が必要だからなのです。
では、どのぐらい鉄には酸素と結びつく能力があるのかというと、血液中にミネラルを持ち酸素を運搬している動物の中には鉄ではなく銅を使っている生物もいます。イカやカニがそうなのですが、この場合血液の色は青くなります(酸化銅の色)。そこで、同じ量の血液で鉄と銅との酸素結合力を比べてみるとおよそ10倍ほど鉄の方がその能力に優れていると言われています。人間はヘモグロビンを持つことで身体中、特に脳への酸素運搬力を飛躍的に向上させたのです。

貧血解消のために毎日の食卓に取り入れたい鉄分を多く含む食材

おすすめする医者

  • 肉類:豚肉や牛肉の赤身部分、鶏肉、レバー
  • *特に豚や牛の赤身肉にはヘム鉄が多いとされています。

  • 魚介類:あさり、牡蠣、しじみなどの貝類、イワシ(煮干し)、カツオなど
  • 豆類:大豆、枝豆、そら豆、納豆など
  • *豆類にはヘモグロビンと鉄を結びつける作用がある銅も含まれています。

  • 野菜類:ほうれん草、パセリ、モロヘイヤ、小松菜など
  • *特にほうれん草には鉄分の吸収を早めるビタミンC、赤血球の産生に欠かせない葉酸なども含まれています。

  • 海藻類:青のり、わかめなど
鉄分が不足すると骨髄のヘモグロビン産生能力が落ちます。その結果、細胞には酸素が十分に行き渡らずに代謝が落ち込み貧血を起こしやすくなります。毎日少しずつでもいいので鉄分補給を心がけましょう。なお、鉄分は水に溶け出しやすいので調理法には注意してください。特に煮物を作る時は薄味にして煮汁ごと飲めるようにすると良いでしょう。

鉄欠乏性貧血の治療で用いられる薬

薬

病院で鉄欠乏性貧血と診断されたら、治療の第一選択肢は内服薬による鉄分のコントロールです。
その時に処方される薬には以下のようなものがあります。
  • フェロミア(クエン酸第一鉄ナトリウム製剤)
  • フェログラディユメット、スローフィー、テツクールS(硫酸鉄製剤)
  • インクレミン(ピロリン酸第二鉄製剤)
  • フェルム(フマル酸第一鉄)
なお、内服で症状が改善しない場合は次のような薬を注射することになります。
  • ブルタール(コンドロイチン硫酸、鉄コロイド)
  • フェジン(含糖酸化鉄)
  • フェリコン(シデフェロン)
投薬開始からおよそ2〜4週間でヘモグロビン値が上昇し始め、1〜2ヶ月で正常値にまで回復します。しかし、内服の場合は貯蔵鉄を補うためにさらに半年間ほど服用を続けることになります。
注射薬の場合は直接鉄分を体内に補給できるので治療効果はとても高いのですが、鉄分の取りすぎは腎臓に大きな負担をかけてしまうため採血をして血中のヘム鉄量をコントロールする必要性があります。したがって通院がかなり長引くというデメリットがあります。

血液中に鉄分が足りていれば鉄欠乏性貧血は完治する?

鉄欠乏性貧血の確定診断を受けると内服薬で鉄分を補給するという治療が行われますが、では血液中の鉄分の量さえ補えればそれでこの病気が完治するかと言えばそうではありません。

ヘモグロビンは血液成分の一種なので、血流にのって各細胞まで運ばれていきます。つまり血流が滞ってしまっていてはせっかく血液中のヘム鉄濃度が正常でも、各細胞にまでは酸素が運搬されずやはり貧血発作は継続してしまうのです。

鉄欠乏性貧血と低血圧症

よく、「私は貧血だから低血圧です」という話を耳にしますが、これは正確ではありません。確かに貧血になると低血圧になりがちですが、貧血になったからといって必ずしも低血圧になるとは限らないのです。

貧血とは「血が足りていない状態」ですが、鉄欠乏性貧血の場合は特にヘモグロビン(赤血球)が足りていない病態を意味しています。
また血圧は血管の内圧のことで、収縮時(最高血圧)と拡張時(歳低血圧)を測定して判断します。
低血圧を引き起こす原因には幾つかの要因が考えられるのですが、貧血で低血圧になる場合というのは「血の量そのものが足りていない場合」になります。血の量が不足しているので血管の内圧は低い状態になるのです。
ただし、鉄欠乏性貧血の場合は血液の水分量までは判断しません。あくまでもヘモグロビンと鉄分の値を調べています。血液のほとんどは水分ですから、水分量が足りていれば血管の内圧は正常値を維持することができますし、さらに言えば鉄欠乏性貧血の影響で血管の組織がもろくなり、動脈硬化症を合併すると血管壁は肥厚してしまい、血圧は上がることになります。
この病気で血圧が低くなる場合として最も多いのは、酸素量不足で心筋の働きが鈍り、十分なポンプ作用が果たせなくなることで血流量が下がり、内圧が低下してしまった場合です。
したがって、鉄欠乏性貧血と血圧とは深い因果関係があるものの、必ずしもこの病気と低血圧とはイコールではないということになるのです。

血流改善が鉄欠乏性貧血発作改善の鍵

このセクションの冒頭の方でも述べた通り、いくら血液中の鉄分の量が足りていたとしても、血流が悪ければ結局、貧血発作は起こってしまいます。結論を言えば、大事なのは「血流を改善する」ということなのです。

血流を悪くする原因には
  • 脂質異常(高コレステロール血症)
  • ストレス
  • 肥満
  • 動脈硬化症
  • 糖尿病
などが考えられます。特に脂質異常はLDL(悪玉)コレステロールが血液中の酸素と結合して「酸化LDL」となって血栓化しやすく、動脈硬化症動静脈血栓症の直接的な原因となるため要注意です。
血液中の脂質と酸素が結びつきやすい状態(酸化LDLができやすい状態)というのも、血流が悪く長時間触れ合っているから起こりやすくなるのです。

当帰芍薬散は本当に女性の聖薬なのか?

女性の貧血や月経不良には昔から当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という漢方薬が効くということで有名です。この漢方は「女性の聖薬」とも呼ばれていて、鉄欠乏性貧血対策では一番に名が挙がるほどメジャーな存在です。

効果・効能は
  • 血行をよくする
  • 冷え性の改善
  • 貧血の改善
  • 月経不良の改善
  • 女性に多い更年期障害の諸症状の緩和
などになります。
ただし、漢方薬は体質によって効き目がまちまちで、全ての女性に効果が高いというわけではありません
「冷え性気味で、体力がない、疲れやすい」傾向の人には効果がありますが、逆の体質の人には思ったような効果が得られないということになります。
また、漢方は合成薬に比べると副作用がないと思われがちですが、実際には合成薬ほど強くはないものの副作用はあります。
つらそうな女性
「副作用について」
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、下痢
  • 発疹、発赤、かゆみ
  • 肝機能の異常
上記のような症状が出た時は服用を中止して医師に相談するようにしてください。また、漢方薬は食間や食前に飲むタイプが多く、飲み忘れることが多いという点もデメリットとなるでしょう。

高麗人参でめぐり改善、クラクラ解消

女性はめぐりが滞りがちです。そんな「めぐり」に関するお悩み対策には高麗人参をお勧めしたいと思います。なぜなら、古来より万能和漢とまで言われてきた高麗人参はまさに栄養の宝庫だからです。

(高麗人参の健康成分)
  • カルシウム
  • 亜鉛
  • マグネシウム
などのミネラル成分に加え
  • 必須アミノ酸(体内では合成できないアミノ酸成分)
  • ジンセノサイド(高麗人参にしか含まれていない49種類のサポニン成分)
など合計で98種類以上もの栄養がバランス良く含まれているのです。
日頃から冷えに弱く、少し無理をするとクラクラするタイプの人はめぐりが悪くなっている可能性が考えられます。高麗人参には「めぐり」をサポートして、このような悩みを抱える女性の強い味方となってくれるのです。「めぐり」が良くなると体がポカポカになり、ふらつきや呼吸の乱れなども楽になります。これは高麗人参のサポート力が体の隅々にまで健康成分が届けてくれるから。
日頃から覇気がなく、少し無理をするとフラフラするあなたにはきっと何かが足りていないと考えられます。でも、具体的に何が足りていないか分からないのなら、万能和漢と言われる高麗人参が最適なパートナーとなることでしょう。

まとめ

提案する医師

冷えに弱く、ちょっと無理をしただけでフラフラしてしまうという女性は「めぐり」が悪くなっているのかもしれません。半身浴に腹式呼吸、ヨガやストレッチなどいろいろ試してみたけれど、やっぱり何かが足りない気がする…そんな風に感じているなら高麗人参を試してみてはいかがでしょう?
98種類もの健康成分がバランス良く配合されているから、きっと足りないものをちゃんと補ってくれるはずです。また、ジンセノサイド(高麗人参特有のサポニン成分)が「めぐり」をサポートして、芯からポカポカする感じを実感することができることでしょう。こうして「めぐり」を良くするとフラフラや冷えは気にならなくなりますので、是非お試しください。
以 上 
PR

どの製品にするか悩んだ際には、こちらの高麗人参は如何でしょう?

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。