肝臓は「体内の一大化学工場」と言われるほど、人間が生きていく上で重大な化学変化を担当する臓器です。大きさも脳、腸(大腸+小腸、盲腸)に次ぐ大きさで、数多くの血管が接続していてまるで大きな「血の塊」のような状態になっています。
jinzou-f
したがって肝臓は血液の状態により健康状態が左右されやすく、毎日晩酌する人やお酒の摂取量が多い人をはじめとして、肝炎(最も多い原因はウィルス性)や肝硬変、脂肪肝など肝臓の機能を低下させる原因の多くが血液中に存在しているアルコールやウィルス、脂肪酸などによるものです。
これは逆説的に考えれば血液の健康状態を良くすれば肝臓の機能も自然と回復していくということになります。
高麗人参はその豊富な栄養素により、血液中の成分を良い状態に保つ力があります。したがって、質の良い高麗人参を毎日続けることで「めぐり」の状態が良くなり、その結果として肝臓も健康を取り戻すことになるのです。

スポンサーリンク


まずは肝機能について知る

肝臓の健康状態が悪くなると、まずは「肝機能障害」という症状が現れてきます。この「肝機能障害」とは、文字通り肝臓の機能がなんらかの原因で低下してしまい、のちに様々な健康被害をもたらす状態を意味しています。しかし、肝臓は「沈黙の臓器」と称させるほど自覚症状に乏しい臓器で、「肝機能障害」の状態ではほとんど症状がありません。
ではどうやって肝機能の状態を把握するのかといえば、健康診断等で行われるごく一般的な血液検査(生化学的検査)にある
  • GOT
  • GPT
  • γ-GTP
などの肝臓から分泌される酵素の値を測定することで把握することができます。

chi-f

また、肝臓にダメージを与える一番大きな原因はアルコールの過剰摂取によるものですから、問診によって生活習慣を確認し毎晩晩酌をするとか一度に大量のお酒を飲む人など、血液中のアルコール濃度が高そうな人は肝機能障害へのリスクが高いと判断される材料になります。
アルコール以外にも肝臓にダメージを与える主な要素としては
  • 肝炎ウィルス
  • 薬の副作用や食品成分
  • 肥満体型(脂肪過多)

などがあり、

  • ストレス
  • 生活習慣病(糖尿病、高血圧症、動脈硬化症)

などが続くことになります。そしてこれらが単独で悪影響を及ぼすよりも、複合的に重なることでより深刻なダメージを肝臓に与えることになります。

それではここからは上記の四大原因がもたらす肝機能障害についてもう少し詳しく説明していきましょう。

アルコール性肝障害

アルコールを摂取すると最終的に酢酸と水に分解される過程で「アセトアルデヒド」という毒性の強い物質が合成されます。このアセトアルデヒドを迅速に分解するために肝臓はフル稼働するため、アルコールの大量摂取や日常的な摂取は肝臓に過度な負担をかけてしまうことになり、結果として肝機能障害を起こしやすくなります。
*アルコールは肝臓にダメージを与える原因の第1位です。
jinzou1-f

ウィルス性肝機能障害

肝炎(肝臓が慢性的な炎症を起こし、組織が繊維化していく病気)をもたらす原因としてアルコールに次いで大きなものが「肝炎ウィルス」によるものです。
肝炎ウィルスには現在A型から順にE型まで確認されていて、新種としてF型の存在も強く疑われています。特に日本人にはB型とC型が多く、C型肝炎は慢性化し肝硬変や肝がんへと移行しやすいため注意が必要と言われています(B型肝炎の多くは無自覚のまま自然治癒することが多いのですが、稀に重症化し劇症肝炎になる場合があります)。感染経路としてはA型とE型は水や食べものから感染し、B型、C型、D型は血液や体液を介して感染するとされています。
また、肝炎ウィルス以外でも体のどこかがウィルスに感染し病態が長期化する(慢性化する)と、血液の集合体である肝臓には大きな負担がかかることになり肝機能障害が起こりやすくなります。

virus-f

薬物性肝機能障害

アルコール同様、薬もある意味毒物であるため、薬の副作用として能書に「肝機能障害」や「薬物性肝障害」などが明記されているタイプがたくさんあります。また食物アレルギーのように食品に含まれる成分でアレルギー反応を示す人も薬物性肝機能障害の一種に分類されます。
つまり、医学的には「薬物性」とはうたわれていますが、実際には口から摂取する、あるいは皮膚や粘膜を介して吸収する成分に対しなんらかの反応を示し、その後肝機能障害が発生したらそれは「薬物性肝機能障害」という解釈になります。

kusuri5-f

脂肪肝

血液中のブドウ糖は活動のためのエネルギーとして消費されていきますが、余ったものは肝臓で脂肪酸に再合成されエネルギー源の備蓄分として肝臓の周りや皮下に蓄えられていきます。ところがこの脂肪が肝臓の周りにびっしりとこびりついてしまうことで肝臓の働きを阻害してしまい、肝機能障害が起こります。

その他

ストレスや生活習慣病などは血管を収縮させる原因であり、慢性化することで血流障害を引き起こし、大量の血液が必要な肝臓の働きを弱めるため肝機能障害を招きやすくなります。
stress-f
このように肝機能障害をもたらす原因は実に多彩で、それぞれの病態にあわせて以下のような薬が処方されます。
  • 肝臓病全般:強力ネオミノファーゲンC
  • ウィルス性肝炎:インターフェロン製剤
  • 肝機能障害:アミノ酸製剤、グリチルリチン製剤
しかし、これらほとんどが現出している症状に対しての対症療法のための治療薬であり、原因が多岐にわたる肝機能障害の根治薬としては不十分なのが現状です。

「飲んべえ」の人の心強いパートナー、それが高麗人参

これまで、“肝臓は体内の一大化学工場”と紹介してきましたが、具体的にそこではどのような化学反応が行われているのかといえば
  • 解毒
  • アミノ酸やタンパク質の合成
  • 消化酵素の合成
などが主なものとなります。中でも有毒物質は人体に多大な悪影響を及ぼすため、「解毒」は肝臓が担う最大の役割であると言えます。
前述したようにアルコールは特に日常的に摂取しやすい物質で、分解の際に生じる「アセトアルデヒド」は非常に毒性の強い物質です。いつまでもアセトアルデヒドを体内にとどめておくわけにはいかないので肝臓はこの毒物の分解に向けてフル稼働します。この時アルコールから最終的に無毒な酢酸と水に分解させるためには大量の血液が必要なのでアルコールには「血管拡張作用」があるのです。
つまり、お酒で血流が増すというのはアルコールが健康に良いのではなく、適度に少量の毒物を取り込むことで血管を拡張させて肝臓を活性化し、解毒を促す作用に期待していることになります。「酒は百薬の長」という言葉はあくまで「適量を適度な回数飲んでいれば」の話であり、飲み過ぎや日常的な摂取は毒物を体内に取り込み続けていることに他なりません。
beeer-f
では、「肝機能を回復させるためにはどうすれば良いのでしょう?」
ここで、“肝臓は多くの血管と接続していて、臓器そのものが血の塊のような構造をしている”ということを思い出してください。このことからも肝臓の構造上、正常に機能するためには多くの血液が必要ということがわかります。つまり、肝臓の機能は「正常な血流量の維持」によって支えられているのです。
古来より高麗人参には「めぐり」をよくする力が広く認められていて、現代の研究でもそれは立証されています。これは高麗人参に豊富に含まれるサポニンやその他のアミノ酸(ビタミン類)などの働きによって「めぐり」を改善してくれ、「めぐりの量」が増すことになるからです。
doctor-egao-f
実際に肝臓病の患者に高麗人参の粉末を投与して、肝機能がどのように変化するかを調べた臨床実験結果では半年で
  • GOT:-21(100>79付近)
  • GPT:-20(100>80付近)
  • γ-GTP:-20(100>80付近)

(*高麗人参末投与前の肝機能の数値を100として相対的に算出)

と、良好な状態になったという傾向が見られ、このことから高麗人参には肝機能を良好な状態に好転させるする力があることが認められました。肝機能が良好になるということは、本来ある解毒能力が向上することであり、相対的にアルコールの分解能力も元気になり、アルコール性肝機能障害の予防ケアと改良につながります。
また、高麗人参は合成薬とは違い副作用の心配がないという点でも非常に優れた肝機能向上に一役買ってくれる完全食品であると言えるでしょう。

まとめ

肝臓の「肝」の字は本来心臓を意味する「きも」から来ています。つまり生きていく上で非常に重要な役割を果たしている臓器であるということの表れなのです。

肝臓の機能が安定していれば
  • 解毒
  • アミノ酸やタンパク質の合成
  • 消化酵素の合成
などの重要な働きも正常化し、多少のことでは健康被害にあわなくなります。
そして、肝機能を正常に機能させるために最も重要なことは「めぐり」です。「めぐり」に良いとされていてあなたの「めぐり」を改善する最適なパートナーになりえそうなのが高麗人参です。
高麗人参は漢方薬では最も健康の維持性が高い生薬として珍重されてきましたし、その働きは広く認められているいます。高麗人参を日頃から摂取することでアルコール過多のあなたにとって様々な面で味方になってくれるはずです。
以 上 
PR

高麗人参サプリで飲んでも数値が上がらない身体に

追伸:

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参はあなたの健康への願望全てを叶えてくれる魔法の薬ではないかもしれません。が、決して理想から遠い商品でもないと思います。二千年の時を経て古今の権力者に愛用されてきたという事実が「間違いなく高麗人参は健康に良い」ということを物語っています。
そんな高麗人参ですが、実際にどの商品が一番売れているか調べてみたところ「正官庄」という高麗人参が圧倒的に売れていることが分かりました。今現在10年連続で売り上げ世界一です。
「正官庄」があなたにとって最高の商品かどうか分かりませんが、「高麗人参の中で一番売れている」というのは軽視できないデータです。