様々な症状が起こる可能性のある更年期障害の中でも、いつも暑いように感じるようになったというケースも多く見られます。

気温が高いわけでもないのに、寒い冬でも突然汗が噴き出すほど体が熱くなり、のぼせやほてりを感じることもあります。時と場所構わず暑い状態が続くので、人前に出た時や外出先で汗や臭いの心配も出てきますね。
そして、何より暑いという症状は、継続すると疲れやすく辛く感じられます。寝ていても暑くて眠れず睡眠不足に、という可能性も高くなります。
そこで、今回は更年期障害の症状によって常に「暑い」と感じるようになったケースに注目し、症状を改善するためのセルフケアをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


私って暑がり?更年期障害で常に暑い原因と対策

暑がる女性

更年期と呼ばれている40~50代に入ってから、常に「暑い」と感じるようになったり寒さを感じないという症状、また、急に汗が吹き出してきて困るというお悩みをお持ちなら、更年期障害の症状である可能性が高くなります。
更年期になると卵巣の機能が低下し女性ホルモン「エストロゲン」が減少していきます。
すると自律神経が乱れ、自律神経がコントロールしている体温調節のバランスも乱れます。
すると下記でご紹介するような症状が現れやすくなります。
  • 特に上半身や顔、頭部に異常なほどの暑さを感じる
  • 突然大量の汗が噴き出してくる
  • 何か要因があるわけではないのに、熱感を感じ汗が噴き出してくる
  • 就寝中の夜中に暑さを感じ、汗を多くかくことによる不快感で、不眠になってしまう
  • 気温が低いのに寒さを感じない など
このような更年期障害の「暑さ」に関する症状は「ホットフラッシュ」と呼ばれていて、更年期の代表的な症状のひとつです。
突然のホットフラッシュにより、外出中や人前で同様しないように次のような対策をしておくといいでしょう。
  • カーディガンなどの羽織物を着用し、体温調節しやすくしておく
  • 吸湿性の高いタオルやハンカチを持ち歩きいたり、素材の涼しい下着を着用する
  • 扇子など風を起こせるグッズを常備しておく など
ホットフラッシュの対策としては、自律神経のバランスを正常に戻すこと、生活習慣を改善する、また、症状がひどい場合には病院での治療を受けるようにしましょう。

まとめ

手足は冷たいのに顔は紅潮するほど暑い、という症状が感じられるようになりました。着るもの調節に困ることもありますが、やはり羽織物があると便利です。

周りの人は涼しそうなのに一人で汗ばんでいると、恥ずかしい気にもなります。出来るだけホットフラッシュの症状が軽くなるように、セルフケアを取り入れて女性ホルモンの減少を食い止めたいですね。
セルフケアで出来ることもありますが、医療機関にかかることで劇的に改善されたというケースもあるので、躊躇せず診察を受ける勇気も必要ですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います