便がコロコロと固くなり数日間排便が起こらなくなった、などもともと女性に多く見られる便秘の症状は、今まで便秘とは無縁だったという方でも更年期に入り急に便秘に悩まされるケースもあります。
更年期障害の影響で起こりやウイ便秘はお腹に重い不快感を感じ放っておくと慢性化しやすく、固くなった便を無理やり出そうとしてを引き起こしたり、肌荒れやイライラの原因にもなります。
また、腸の病気を引き起こすこともあり命に関わることにもつながりかねません。更年期障害だからと安易に放置せず、原因をしり改善の方法に取り組んで便秘を解消していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害では便秘になりやすく下痢を起こすこともある

トイレ

40代以降で発症しやすくなる更年期障害は、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少し自律神経のバランスが乱れることで起こります。
自律神経は交感神経を副交感神経がバランスを保ちながら作用していますが、中でも副交感神経には胃や腸などの消化機能の働きをサポートする役割があります。
しかし、更年期には女性ホルモンの乱れやストレスなどが影響して副交感神経の働きが低下しやすく、更年期障害が原因で便秘になったり反対に下痢を引き起こすこともあります。更年期障害による便秘には、自律神経の乱れが大きく関係しているのです。

更年期障害の便秘解消法、便秘対策

指差す看護師

更年期障害が原因で起こる便秘を解消し、予防する方法をご紹介しましょう。

食事内容を考えてみる

更年期障害の便秘を解消するには、更年期障害を緩和させることも効果が期待できます。食生活では、女性ホルモン「エストロゲン」を補う目的でエストロゲンに似た作用を持つ大豆イソフラボンを豊富に含む大豆製品を進んで食べるようにしましょう。

また、他にも便秘の解消、予防に良いとされている食物繊維を含む野菜、根菜類、海藻類を取り入れ、腸内環境を改善させる善玉菌を増加させるヨーグルトなどを積極的に摂り入れるようにしましょう。

極端なダイエットはしない

体重を気にすることで食べないダイエットをしてしまうと、食物繊維や水分が不足し排便されにくくなります。食事は朝昼晩、規則正しく3食摂るようにしましょう。

体、とくにお腹を冷やさないようにする

更年期障害では自律神経のバランスが乱れ消化器系に不調が現れるだけでなく、自律神経にコントロールされている血流にも影響が出ます。体内の血流が滞ってしまうと腸などの内臓の体温が低下し腸の働きが鈍くなります。腸の運動を活発にさせるためにも、お腹は温めるようにしましょう。

運動をするように心がける

運動には自律神経のバランスを整え、副交感神経の働きを強め腸の働きを正常にしてくれる効果が期待できます。
また、更年期障害には大敵なストレスを解消させる働きがあります。血流を促し自律神経のバランスを取り戻すためにも、ウソーキングや軽いランニングなどの適度な運動を取り入れるようにしましょう。

水分は十分にとるようにしましょう。

更年期障害で起こりやすいむくみを気にしたり、ゆっくりする時間が少ないことで水分を摂取しない方もいらっしゃいます。しかし、水分不足は便秘の原因にもなりますので、水分や塩分の過剰摂取は避けながら水分は適度に補充するようにしましょう。

まとめ

便秘は他の症状を引き起こすこともあることから、改善予防には取り組んでいきたい症状です。便秘になりやすいかなりにくいかは、もともとの体質も関係しているかもしれません。

しかし、ポイントを押さえて改善に取り組めば、症状は和らいでいきます。どうしても排便されない期間が長くなってしまった時は、便秘薬やサプリに頼るのも手かもしれませんね。
しかし、理想なのは自然に起こる排便リズムなので、薬に頼りっきりにならずに、ライフスタイルの改善と合わせてバランスを取り合っていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います