頭がぼーっとしたような状態で、しっかり眠ったはずなのに脳が働かない、物事が考えられない、物忘れがひどくなったなどの症状は、もしかしたら40大半ばころから発症する更年期障害による影響かもしれません。
頭がぼーっとしてしまうと、仕事や家事が手につかなかったりミスが増えてしまったりすると様々なトラブルを発生させやすくなり、こんなことも出来ないのか・・・と悩むことも増えてきてしまいます。また、あまりに頭が重くぼーっとしてくると、横にならずにはいられない状況にもなり、日常生活もままならなくなってしまいます。
更年期障害で起こりやすい、頭がぼーっとする症状はなぜ起こるのでしょうか。また、他の可能性についても触れていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害で頭がぼーっとする理由

ぼーっとする女性

頭がぼーっとして冴えないような状況は、頭の回転が鈍くなり物忘れが激しくなることもあります。更年期障害によって女性ホルモンのエストロゲンの分泌が減少すると、自律神経の働きも低下し更年期障害の諸症状が起こりやすくなります。
女性ホルモンは脳内の神経伝達物質のセロトニンとも関係していてサポートを行う働きも持っています。女性ホルモンの働きが不足することで、脳が十分に活動できず更年期では脳の働きが低下したり、物忘れという症状が引き起こされるのです。
ただし、頭が重かったり記憶力が低下していることは、更年期障害の影響だけでなく認知症の初期症状の可能性も否定できません。万が一、痛みを伴ったり症状が強くなる場合は病院で診察を受けましょう

まとめ

あれ、今何をしようとしていたのかなぁ~というように、直前のことが思い出せないことが多くなりました。年齢によるものと、更年期障害のホットフラッシュのようなのぼせやほてりのせいかもしれません。

しかし、あまりに頭が働かない場合は脳の病の可能性もあることから、早めの対応が必要になります。ぼーっとするという感覚の強弱は自分にしか分からないことであり、仕事に支障が及ぶようであれば我慢することなく周囲に相談する勇気も必要です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います