なんだか頭がぼんやりしていて、忘れ物をすることが多くなったり仕事でのうっかりミスが増えたり、日常生活や仕事に集中できないことが多くなっていませんか?
常に頭がぼ~っとしている状態は、更年期障害によっても起こりやすい症状で、40代半ば頃からの更年期世代に入ると症状を感じる機会が増えてくるようです。
生活や仕事に支障が及ぶこともあるこの症状は、どうして更年期障害によって引き起こされるのでしょうか。何らかの対策はあるのかどうか、ご紹介しすっきりとした頭を目指しましょう。

スポンサーリンク


更年期障害で頭が「ぼんやり」してしまうこととは?

ぼーっとしている女性

更年期に入ってから頭がぼんやりすることが増えスッキリしない。物忘れがひどくなったという症状を感じるケースがよく聞かれます。
更年期障害が起こる原因は、女性ホルモン「エストロゲン」の減少から引き起こされます。
このエストロゲンは、卵巣や子宮などの女性の生殖器のみ働きかけるわけではなく、体の至るところを支えてサポートしています。
脳の働きにも関係しているので、エストロゲンが減少することで脳の働きが低下しやすくなるので、頭がさえないなどの症状があらわれると考えられます。
更年期障害の影響による頭がぼんやりした感じを改善させるには、対策としてエストロゲンと同じような作用を持つ成分を含んでいる大豆製品などを積極的に取り入れたり、記憶力や集中力を高め脳によい影響を与えるDHAやEPAなどの成分を多く含む青魚を摂取するように心がけてみましょう。
何だか気分が引き締まらなくて、一日中ぼんやりとしてしまう場合には、気分転換を行ってみたり熱中できる趣味、好きなことに集中してみるといったことも効果を与えてくれるでしょう。

まとめ

あれ~何かしようとしてけど、何だったかなぁ。買い物に出たけれど、何を買うのか忘れてしまった。など物忘れがひどくなったのは、加齢に伴う女性ホルモンの変化による影響が大きいようですね。

頭と体がつながっていなくて、ボ~っとしてしまう何とも言えないスッキリしない状態が続きます。そうなると仕事をしていても眠くなってしまったり身が入らないので効率が悪く、ミスも増えてしまいます。
まずは、女性ホルモンを減少させないように心がけ、栄養成分の摂取だけでなくストレスを残さない生活を送ることも意識していきたいですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います