女性の性ホルモン分泌量は20代をピークにしてあとは下り坂を辿ります。バストラインは乳腺の影響を強く受けますので、乳腺を刺激する女性ホルモンの量が急に下降線を描く更年期になると代謝も下がり、ハリがなくなり垂れ気味になってしまいます。

さらに更年期障害では体重増加を起こしやすくなり、今までつけていたブラジャーでは背中や脇のハミ肉が気になる人も数多くいることでしょう。
近年こうした更年期の女性をターゲットにした高額な矯正用のブラジャーを販売しているメーカーもありますが、更年期では自律神経の乱れによって血流が悪化してしまい締め付けの強い矯正用の下着は考えものです。かといって楽なブラジャーだとだらしないバストラインになってしまうため40代〜50代のブラジャー選びは慎重に行いたいものです。
今回は更年期障害を発症している人のための最適な選び方を説明したいと思います。

スポンサーリンク


更年期にふさわしいブラジャーとは?

更年期は医学的に「閉経」を基準としてその前後合わせて10年間と定義されています。閉経を迎えると女性は生殖活動がほぼ停止に近い状態になります。つまり妊娠や出産ができなくなってしまうということです。

閉経とは12ヶ月以上生理が完全に停止してしまうと確定されるものなので、当然のことながら女性ホルモンによって機能している卵巣や乳腺、子宮などの女性器官の働きは低下していきます。
女性ホルモンは卵巣で作られていますが、特にエストロゲン(卵胞ホルモン)には様々働きがあり、コラーゲンの生成を促すことで肌にハリや潤い、ツヤをもたらす物質でプロゲステロン(黄体ホルモン)は乳腺の活動を制御するホルモンですので、女性ホルモンが減少するとバストラインが崩れて垂れがちになります。
ブラジャー
さらには肌の潤い不足から乾燥肌や敏感肌になってしまいがちになってしまい、最終的に更年期障害を起こすと体脂肪の量が増えて太り気味になりそれまで使ってきたブラジャーからは脇や背中の肉がはみ出てしまうことも・・・それに加えて敏感肌になるとワイヤーやブラひもの刺激でかぶれてしまうなどの肌トラブルを起こしてしまう可能性もあります。
体型もバストラインも20代とは大きく異なってしまう人が多いので年齢に見あったブラジャーを選びたいものです。
特に更年期障害を起こしていると血流障害から様々な体調不良が出てきてしまいますので、締め付けのきつい矯正ブラジャーなどは要注意です。
ちなみに40代の人が20代向けのブラジャーを着用するとサイズは合っていたとしてもバストラインが垂れてしまう分上部に隙間ができやすくなります。
購入するときは採寸の数字は参考程度にして必ず着用し、フィット感が得られないときはワンサイズ上を選ぶようにすると以外とフィットすることがあります。
下着姿の女性
女性はいつまでも綺麗でありたいと思うもので、高齢化の影響もあり近年では更年期の人をターゲットにしたブラジャーも多数開発されています。
アンダーをしっかりと支えつつも締め付け感のないタイプで、素材もブラひもの幅も肌への負担が少ないタイプがオススメです。年齢用のブラジャーではワイヤーがなくてもしっかりとしたバストラインが出るので今更年期の女性に非常に人気の高いタイプです。
万が一素材が合わない場合はカップを使って直接肌がブラの縫い糸や素材に触れない様にする工夫などもおすすめです。(ただし締め付けすぎるのは良くないのでつけ心地は必ず確認する様にしてください)
糸や生地の厚みが異なることでかぶれが生じてしまう人は縫い目のないタイプも販売されています。肌荒れや締め付けがなく美しいバストラインが出るものもあるので実際に着用できる店舗で購入するのが良いでしょう。

まとめ

更年期は女性にとって第二の思春期とも言われています。

ホルモンバランスが乱れがちになり肌トラブルが生じやすいという点が共通点なのですが、同時に女性ホルモンが不足することで肌荒れやバストラインの下りが気になってしまうという悩みからストレス過多になり思春期も更年期も不定愁訴を起こしてイライラしがちになりやすいという点も似ています。
体型や肌質は女性ホルモンがピークの20代とは大きく異なってくるため、肌へのストレス(素材やデザインによる刺激、締め付けの強い矯正タイプなど)が少ないブラジャーを選ぶ様にしましょう。
今、下着業界では40代〜50代の第二次baby boom世代向けブラジャーがヒット商品になっているので選択肢も増えています。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います