男女共40歳を過ぎた頃からホルモンのバランスが乱れます。

これは加齢によるもので、ある程度は自然な現象なのですが、厄介なことにテストステロン(男性ホルモン)とエストロゲン(女性ホルモン)というのは自律神経に作用して交感神経と副交感神経を切り替える時に必要な物質なので、性ホルモンの分泌量が極端に落ちる更年期(最近は男性にも使われています)になるとこの切り替えがうまくいかずに自律神経にも不調を起こして男性はLOH症候群、女性は更年期障害を発症します。
原因となる性ホルモンの種類が違うのでどちらの疾患も特有の症状がありますが、それ以外の多くの自覚症状は共通するものがあり、その一つに肌にできる「ぶつぶつ」があります。
今回はLOH症候群と更年期障害で起こる「ぶつぶつ」について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期の男女を悩ませるぶつぶつの正体とは?

肌のブツブツを掻く女性

歳をとると肌が乾燥しがちで「ぶつぶつ」したものが出てくる。とても痒いし辛い、これは一体何?というお悩みを抱えている男女は多く更年期障害やLOH症候群が原因だと考えられます。
LOH症候群とは男性版の更年期障害のことで、男性にも更年期があることがようやく世間にも認知され始めるようになりました。
LOH症候群も更年期障害も原因は年齢からくるホルモンバランスの乱れです。男女共40代を過ぎた頃から次第に性ホルモンの分泌量が減ります。特に女性は50歳頃に「閉経」という身体変化に見舞われます。
閉経は連続して12ヶ月以上生理が完全停止している状態で、これによって妊娠や出産ができない体つきになります。更年期とはこの閉経前の5年間と閉経後の5年間を合わせた10年間のことでおよそ45歳頃から始まり55歳ころで終わりを迎えます。
男性には閉経はありませんがやはり40代を迎えた頃から精巣の機能が落ち始め次第に男性ホルモンの分泌量が減り、女性同様に心身に様々な異常を感じ始めるようになります。
ここで性ホルモンと更年期の関係性について説明しておきたいと思います。性ホルモンの中のテストステロンという男性ホルモンとエストロゲンという女性ホルモンは自律神経に作用し、「興奮、覚醒系の交感神経」と「鎮静系の副交感神経」を切り替える時に必要な物質です。
したがってこの二つの物質が更年期になって分泌量が減ると自律神経も乱れを起こします。これが慢性化すると自律神経失調症と同じような状態になり色々な自覚症状を伴うLOH症候群や更年期障害を発症するのです。
しかし、更年期が終わる頃になると副腎皮質から分泌されている性ホルモンによって再び自律神経が落ち着きを取り戻しほとんどの症状が消失していきます。
もちろん男性には閉経という身体変化がないため、時間をかけて脳が副腎皮質から分泌されているテストステロンによる切り替えに慣れていくという流れになります。
つまり、LOH症候群も更年期障害も“年齢からくる自律神経失調症の一種”という点では共通していて、それぞれに特徴的な症状はあるものの、多くの自覚症状では一致しています。
その中の一つが肌にできる「ぶつぶつ」です。では、どうして更年期になると「ぶつぶつ」ができるのか?その仕組みを説明しましょう。
性ホルモンには重要な働きがいくつもあります。
主なものとしては男性はより男性らしく、女性はより女性らしくといった性別を明確にさせるために体の作りを変えるというもの、そして自律神経に働きかけるというのがメインの働きとされていますが、他にもテストステロンには「血管を収縮させて血圧と体温を上げる作用」、エストロゲンには「血管を拡張させて血圧と体温を下げる作用」があります。
つまり、どちらも“血流”に深い関係性があり、不足すると血流障害を起こします。血流不足を起こすと肌の新陳代謝が下がり、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルを招きやすくなります。これが更年期の「ぶつぶつ」の直接原因です。
驚く女性
体質によって「じくじくした感じのぶつぶつ」と「かさかさした感じのぶつぶつ」とがありますが、どちらもホルモンバランスと自律神経が乱れることで起こる皮膚トラブルです。
また、自律神経が乱れることで免疫系にも異常が発生しアレルギーや細菌感染を起こしやすくなりアトピー性皮膚炎や感染性皮膚炎(ニキビ等)が発症します。
かゆみ止めを塗ると一時的には治りますが、基礎疾患となっているLOH症候群や更年期障害への対策と治療は必須となります。また乾燥肌やシミ、そばかす、小じわなどの皮膚トラブルは更年期が終わっても継続する症状ですので、持続的なケアが必要です。

更年期のかさかさ対策

女性の場合はエストロゲンには潤い成分のコラーゲンの生成を促す作用があるため、更年期になるとどうしても乾燥しがちになります。

また男性は気力を充実させる交感神経の働きが鈍るためうつや不眠などの精神症状が女性よりも起こりやすく、それが原因で吹き出物や乾癬にかかりやすくなるので、水分補給と保湿をこまめに行うことが大切です。(潤いが不足すると肌のバリヤー機能が低下します)

特に風呂上りには肌の脂分が抜けやすいので全身に専用のローションを塗る家事や水仕事のときにはゴム手袋をするハンドクリームを使って潤いを保つなどのセフルケアを心がけるようにしてください。
そしてホルモンバランスや自律神経はストレスの影響を受けやすいので、趣味を持ったり旅行を楽しむ、休息はしっかりと取るなどのストレスケアを心がけるようにします。
眠る女性
症状がひどい場合は皮膚科を受診するようにしてください。痒くてもできるだけかかないようにしないと出血し、そこからばい菌が入って感染症を起こす危険性もあります。
さらに女性で更年期障害予防のためのピルを服用している人は体内のホルモンバランスが大きく乱れやすいので副作用(腹痛、吐き気、嘔吐、下痢、便秘、血栓症など)にも十分注意し、服用中に体に異常を感じたら処方医や薬剤師に相談するようにしてください。

まとめ

更年期になると男女共皮膚に蕁麻疹や湿疹のような「ぶつぶつ」がでてきます。これは更年期障害の一種でホルモンバランスが乱れることで血流障害を起こし新陳代謝や免疫機能の不均衡が起こることが原因となります。

対策としてはこまめな水分捕球やハンドクリーム、専用ローションを使っての全身保湿など自分にあった保湿方法で肌のバリヤー機能を低下させないことに加え、ホルモンバランスや自律神経を乱す原因となるストレスや疲労をしっかりとケアすることが何よりも重要です。
特に乾燥による「接触性皮膚炎」はちょっとした刺激でも肌に湿疹ができてしまい、ひっかくと広がっていきますし、傷口からばい菌が入り化膿してしまう危険性もあります。
できるだけかかないようにすることも重要ですがひどい場合には皮膚科を受診するようにしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います