更年期障害は日本人女性のおよそ60%以上が経験するといわれています。一度発症すると辛い自覚症状が入れ替わり立ち替わり襲ってくるので、重症化すると日常生活に大きな悪影響をもたらします。
更年期障害の定義は「閉経をはさんだ前後5年のこと」となっています。つまり、発症後は10年程度症状が断続的に起こる可能性があるのです。
日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳前後ですのでこの定義に従えば通常は45歳〜55歳頃までが更年期障害の発症年齢ということになります。しかしこれはあくまでも平均であり個人差があるので人によっては40歳を過ぎた頃から更年期障害を疑わせる症状が出てくることもあります。
そこで今回は40歳を過ぎて今までに経験したことのないような不調の数々を感じている人に更年期障害を発症しているかどうかをセルフチェックしてもらうためのチェックシートを作成しましたので活用してみてください。

スポンサーリンク


女性のための更年期障害診断チェックシート

チェックマーク

更年期障害には多様な症状がありますが、この病気を発症する人のおよそ80%が経験する特徴的な症状があります。
以下に挙げる項目はいずれも更年期障害でよく見られる症状ですので現在の自分の体調を思い出しながら気負わずに試してみてください。
それでは気分が落ち着いたらスタートしてみましょう。

更年期障害チェックシート(女性用)

  • 突然汗を大量にかくときがある
  • 顔を中心として上半身にほてりやのぼせ感を感じることがある
  • イライラしやすい
  • 憂うつな気分が続いている
  • 集中力が低下している気がする
  • 記憶力や判断力が弱まっていると感じる
  • 肩や首筋が強くこる
  • 腰痛がひどくなった
  • 関節に痛みやしびれがある
  • 耳鳴りが気になるようになった
  • めまいやめまい感がする
  • 肌が乾燥しやすく、カサカサしたかゆみがある
  • ちょっとしたことで動悸、息切れがする
  • 疲れやすくなった
  • 手足が冷える
  • 便通が安定しない(便秘や下痢を繰り返す)
  • セックスの時痛みを感じる
  • 性欲が低下した

結果について

上記のチェックシートで7項目以上該当する人は更年期障害をはじめとしてそれ以外の原因(神経障害、脳の異常、心臓病、うつ病など)も考えられます。
したがってまずは婦人科を受診してみることをお勧めします。

該当したのが7項目以下の人は概ね次のような評価になります。
・0個:とりあえず健康といえるレベル
・1〜3個:レベル1→セルフケアで対応可能なレベル
・4〜6個:レベル2→日常生活を見直すこと、運動習慣を身につけること、そして場合によっては売薬や漢方薬、あるいは婦人科や心療内科、精神科などでの治療を考慮にいれるレベル

まとめ

いかがだったでしょうか?

このチェックシートでは一つでも該当する箇所があると更年期障害リスクが高まっている状態です。
しかし、該当項目が少ないとまだ発症してから間もないか、症状が軽度なので十分セルフケアが可能です。
セルフケアの基本は
  • 食事内容を見直す(栄養バランスの取れた食事を3食ちゃんと食べる)
  • 運動習慣を身につける
  • 睡眠をたっぷりと取る
  • ストレスケアを心がける
になります。
しかし忙しい現代女性はこの全てを一度に改善することはむずかしいでしょう。そこで自律神経のサポートが得意な「高麗人参」のサプリメントなどを導入して、より手間をかけずに対策してみてはいかがでしょうか?
こうした健康食品での対応ならばセルフチェックの該当項目が0個でも将来的なケアにつながるのでオススメです。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います