40歳半ばころから急に始まる

  • 生理不順
  • イライラ
  • のぼせ
  • 大量の汗
など原因不明の症状の数々。
それはおそらく更年期障害によるものだと思われます。
年齢的にも40〜50代の方なら自分が更年期の自覚を持ち始めているのではないでしょうか?
最初は単なる疲れからくる体調不良だと思っていても、更年期障害は閉経するまでいくつもの症状が入れ替わり立ち替わり現れてきて長期にわたり非常に辛い思いをします。
しかし、早めに適切な対策を講じていれば自覚症状は和らぎ、不調に苦しむ期間も短くて済みます。
更年期障害は老化の始まりとしてかつては病気という認識ではありませんでしたが、辛い自覚症状が長く続くため現代ではれっきとした病気の一つに数えられています。
今回は「更年期障害の治療」という部分にスポットを当てて説明していきたいと思います。「私は更年期かも?」という疑いを持っている人は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク


更年期障害の治療の是非について

医師

最初は単に疲れやストレスからくる体調不良だと思っていたけど、休んでも一向によくなる気配がない。
40代を迎えると多くの女性が感じる体調不良は疲れやストレスではなく、更年期障害の可能性が高くなります。
更年期とは閉経を挟んで前後5歳程度の時期を意味していて、平均的には45歳から55歳くらいまでの10年間を指しています。
したがって、この頃に以下のような症状を感じた場合は疲れやストレスよりもまずは更年期障害を疑いましょう。

更年期障害の主な症状

  • ホットフラッシュ(顔がほてり大量の汗が出る)
  • 生理不順
  • 下半身の冷え
  • 手指のしびれ
  • イライラして怒りっぽくなる(不定愁訴)
  • 動悸、息切れ、不整脈
  • 呼吸が荒くなる
  • 寝不足気味
  • 無気力、慢性的な疲労感などのうつ状態
  • 強い不安感
  • 便秘
  • 頭痛

更年期とは・・・

「更年期」という言葉を分解してみると「更に年を重ねる時期」と解釈することができます。

男女共年齢を重ねると次第に基礎代謝が落ちることでホルモンの働きが弱まるため、若い頃に比べて(特に)性ホルモンの産生量が落ちます
これには「妊娠、出産」が大きく関係してくるのですが、高齢になり子供を作る能力が次第に低下していくのに伴って、女性は卵巣や子宮の機能が、男性は精巣や前立腺の機能が低下していきます。
エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは主に卵巣で作られ、テストステロンという男性ホルモンは主に精巣で作られています。
これらは妊娠、出産にダイレクトに関わる器官なので、加齢とともに出産の必要性がなくなるのに合わせて時間をかけて緩やかに機能が低下していきます。
ところが性ホルモンには妊娠や出産以外にも色々重要な役割があります。
特に今回最も重要視するエストロゲン(女性ホルモン)は10以上のとても重要な役割があり、女性はエストロゲンの供給元としてほとんどを卵巣に依存しているため、卵巣の機能低下からくるエストロゲンの産生量不足は更年期障害の直接的な原因となるのです。
こうした更年期におこる身体的な変化はいわば初期の老化現象で、極めて自然なことであると言えます。このことからかつては病気とみなされず治療は行われていませんでした。
しかし、近年では辛い自覚症状が長い人では10年近く続くことになるのでれっきとした病気として保険診療が認められています

更年期障害の治療の是非について

疑問を感じる女性

前のパートでも説明しているように更年期とは老化の始まりを意味していて、身体状態としては不調がおこったとしてもそれは自然な現象になります。
したがって、治療の是非については色々な選択肢があると考えられます。
その選択肢として考えられることとしては
  • 特に目立った症状がなければ何もしない
  • 自覚症状はあるものの、軽微で我慢できる程度なら我慢する
  • 自覚症状は軽微でも心配だから何らかの対策は立てる(セルフメディケーション)
  • 自覚症状はある程度辛くても我慢する
  • 自覚症状が辛いため何らかの対策は立てる
  • 自覚症状が辛いので病院できちんと治療を受ける
などが考えられると思います。
更年期が自然な現象だとすると流れに任せるというのは一つの選択肢だと思います。
しかし、辛い自覚症状があるのなら、やはり症状を軽減させて長い更年期を元気に乗り切るというのがモアベターな選択肢であると思います。
あとは自覚症状の程度によってセルフメディケーションか医療機関での治療のどちらを選択するのかにかかってくることになります。

更年期障害の治療は病院?それともセルフメディケーション?

更年期障害で病院にかかるかどうかというのは非常に悩ましい問題です。

一つ一つの症状をとってみれば我慢できないものではないし、ついつい辛抱してしまいがちな症状が多いのがこの病気の悩ましいところです。
しかし、閉経に向けてホルモンと自律神経のバランスが乱れることで起こる病気ですから、放置していては閉経後まで症状が治まることはありません。
エストロゲンの分泌量が減るにしたがっていろいろな症状が多発的に起こってきます。
したがって、病院で治療を受けるか、もしくはセルフメディケーション(医療機関ではなく売薬等を使って自分で治療する方法)のどちらかで治療を行うのが望ましいと思います。
このパートでは、治療するという前提で、病院にするかセルフにするかを考えていきましょう。
頭をおさえる女性
病院で治療を受けた方がいい場合
基本的には症状が重く日常生活に支障を来しているような場合は病院で治療を受けた方が良いでしょう。
また、他にも病院での治療受けた方が良い身体状態を以下に一覧にしておきます。
・仕事や日常生活に支障を来している場合

・40歳以下の人:若年層の更年期障害様症状は女性器官や副腎系のトラブルが考えられます。病院でチェックを受けた方が良いでしょう。

・卵巣やその周囲の組織の手術を受けたことのある人:過去の手術が影響している場合があるので念のため病院でチェックを受けた方が良いケースです。

・市販薬(漢方含む)では効果のない人、あるいは副作用が出てしまった人

・本人は無自覚でも周囲からみて明らかに状態がおかしい人:特に不定愁訴(イライラや不安感)は自覚しにくいので周囲の注意が重要になります。

・痛みが強い場合

・うつ状態が見受けられる場合:うつは更年期障害でよく見受けられる精神症状です。

・閉経後に出血がある人

などです。
一方のセルフメディケーションの場合は上記に該当しないケースということになりますが、心配な場合は無理をせずに病院で治療を受けるのが良いでしょう。
また、病院の治療と並行してサプリメントや漢方を導入して更に治療効果を上げるという方法もあります。

症状が多彩な更年期障害は何科を受診すればいいの?

更年期障害とは更年期になると現れる様々な健康被害の総称です。

したがって症状は非常に多岐にわたり、代謝系のホットフラッシュや下半身の冷えから消化器系の便秘、整形外科系の肩や首のコリ、精神科領域の不定愁訴やうつ状態までバラエティに富んでます。
明らかに更年期障害が疑わしい場合(ホットフラッシュや生理不順など)は婦人科が主科となります。
しかし前述したように他の症状が出た場合はまずその症状に合わせた診療科を受診するケースが多いと思いますので、受診後担当医の指示にしたがって婦人科へと転科することになります。
しかし、精神科領域の治療に関しては精神科や心療内科での治療を並行して受けるケースも出てきます。
婦人科は総合病院や中核病院にもありますが、今は紹介状がないと別途費用として5,000以上かかってきますので、診察するならクリニックか個人経営の病院が良いでしょう。たらい回しにされないというメリットもあります。
*病院によっては婦人科以外にも更年期外来という専門科を設けている場合があります。
病院

更年期障害の治療にはどのような方法があるのかについて

更年期障害の治療法一覧

  • ホルモンを投与する「ホルモン補充療法」
  • プラセンタ注射
  • 薬物療法:自律神経を調整する薬や低容量ピルが投与されます
  • 対症療法:医療用医薬品(病院で処方される薬)により、具体的な身体症状を和らげます(例:肩こりに対する湿布薬の処方など)
  • 食事療法
  • 高麗人参
  • 更年期対策サプリメント
  • 一般薬
など

更年期障害のコスト、副作用、治療に要する期間など

不安そうな顔の女性

病院で行う治療法

・ホルモン補充療法:コスト(1月あたり2,000〜5,000円)、副作用(頭痛、不正出血、体重増加など)、期間(3〜5年程)

・プラセンタ治療:コスト(週二回保険適用として1月あたり10,000円前後)、副作用(悪寒、悪心、発赤など)、期間(3〜5年)

・薬物療法(自律神経を調整する薬の場合):コスト(投薬する薬の種類と量によります)、副作用(薬によります)、期間(自覚症状が軽減するまで、長ければ閉経後1年ほど)

・薬物療法(低容量ピルの場合):コスト(保険適用外なので医療機関によって異なりますが1シートあたり2,000円〜5,000あたりが相場です)、副作用(頭痛、吐き気、不正出血など)、期間(プレ更年期の1〜2年程度)

・対症療法:コスト(投薬する薬の種類と量によります)、副作用(薬によります)、期間(自覚症状が軽減するまで、長ければ閉経後1年ほど)

セルフメディケーション

・食事療法:期間(発症から閉経まで)

・高麗人参:コスト(1月あたり3,000円程度〜)、副作用(なし)、期間(特に制限はなし)

・更年期対策サプリメント:コスト(1月あたり5,000円〜)、副作用(なし)、期間(長くて閉経まで)

・一般薬:コスト(1月あたり3,000円〜)、副作用(発疹、赤み、悪心など)、期間(長くて閉経まで)

あなたに合った対策法は見つかりましたか?

笑顔の女医

ここまでの説明でご自身のライフスタイルや自覚している不調の程度などからどの対策法が一番自分に見合っているのかだいたい把握できてきたのではないでしょうか?
どの方法を選ぶかは自覚症状の強さなどによっておおよそ決まってくると思いますが、症状が比較的軽く、副作用などの心配がない方法を選びたい人であれば高麗人参のように和漢としての歴史もあり科学的も作用が実証されていて副作用の心配もない健康食品が良いでしょう。
症状が重たい人は病院での治療を最優先させなければなりませんが、副作用があることは認識しておくべきだと思います。
また治療のために通院する期間も長くなりますのでその点もデメリットとなるでしょう。

まとめ

更年の悩みに対する対策は医療機関での治療も含めて幾つかの選択肢があります。

どの選択肢を選ぶかは非常に悩ましいところですが、医療機関での治療は長引くことが多いので、特に日常生活に支障がない程度ならセルフメディケーション(自分でできる対策)が良いでしょう。
この時一般薬でも副作用の可能性はあるので、副作用を回避したい人は高麗人参などの健康食品が良いでしょう。100%天然由来の成分で構成されている健康食品であれば副作用への心配は無用です。
また病院での治療にせよセルフメディケーションにせよバランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活を心がけることがとても重要になります。
以 上 
PR

副作用が心配だけど更年期対策をしたいという貴女へオススメの高麗人参サプリメント

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います