「コレステロール」の値が高いと聞くと、男性のことであるようにイメージしますが、実は女性もコレステロールの数値には注意が必要です。

特に40代を過ぎたころからの更年期には、コレステロールが高くなる傾向があり、意識しておきたい事柄です。
コレステロールの中でも、LDLと言われている悪玉コレステロールの数値が高くなると、血液中の血管壁に蓄積され血管がつまりやすくなります。結果、動脈硬化などの重い病を引き起こすことにもなります。自分とは無縁と感じていたこコレステロールの値は、更年期からはとくに意識しなければいけない数字です。
そこで、今回はコレステロールと更年期障害との関係をお話しして、更年期に増えやすいこコレステロールの対策を考えていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害と「コレステロール」との関係は?

コレステロールの図

コレステロールは、体内にある脂質の一種で体内細胞、細胞膜、胆汁酸などの生成に関わり、女性ホルモン、男性ホルモンの減少にもなる生きるのに欠かせない栄養素です。
コレステロールは、働きによって以下の2つに分類されます。
●HDL(善玉)コレステロール
体内の細胞に溜まった古い不要なコレステロールを集め肝臓に戻す働きを持ち、動脈硬化を予防します。
●LDL(悪玉)コレステロール
肝臓で生成されたコレステロールを体内に運ぶ働きがあります。しかし、善玉コレステロールとのバランスが乱れると、余計なコレステロールを血管内に蓄積させ、動脈効果を引き起こすことになります。
更年期になるとコレステロールが増えてしまうのは、女性ホルモン「エストロゲン」の影響が関係しています。
加齢によって減少してしまうエストロゲンには、血中にあるコレステロールをコントロールするという働きもあります。エストロゲンの減少によって、コレステロールが蓄積するのも更年期に入ってからの太りやすくなる要因にもつながります。
コレステロールの値を上げないために出来るセルフケアをいくつかご紹介していきましょう。
  • エストロゲンと似た作用をする成分(大豆製品に含まれているイソフラボンなど)を含む食品を積極的に摂り入れる。
  • 脂質、炭水化物が多すぎたり少なかったり、バランスが偏らないような栄養バランスの良い食生活を心掛ける。
  • 油などの中性脂肪を控えた食事によって、善玉コレステロールを増やすことを心掛ける
アルコールの飲みすぎは、悪玉コレステロールを増やす原因にもなります。脂肪を過剰に摂取したり、運動不足なども悪玉コレステロールの増加につながります。
適度な運動をしてバランスの良い食事内容の見直しで、更年期のコレステロール値が増えないように心掛けましょう。

まとめ

コレステロールはすべてが悪者ではありません。元気に生きるために不可欠な栄養素なのです。しかし、多く溜まり過ぎると病気に直結するので更年期、特に閉経後には意識しておきたいコレステロールです。

コレステロールの数値が高いかどうかは、体を目で見ても分からないので、自己判断はできません。必ず、健康診断で血液検査を行ったり病院を受診して、定期的にコレステロールの数値を把握しておくといいでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います