更年期になるとデリケートゾーン(いわゆる性器を含む股間部)に違和感を覚えることが多くなります。
どのような違和感が多いのかといえば、

  • カサカサした痒み
  • ムレによる嫌な匂い
などが多いようです。場所が場所だけに恥ずかしくて友人に聞くなんてとんでもない!と思う人も多いことでしょう。
近年ではデリケートゾーン用の塗り薬も市販されていますがそれも人目が気になってドラッグストアーや薬局で買うのは気が引けてしまいます。
しかし、もしあなたの年齢が40代〜50代だとしたらそのデリケートゾーンのお悩みはもしかしたら更年期障害が原因かもしれません。
今回は更年期に起こるデリケートゾーンのトラブルと更年期障害の関係性について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期に起こりやすいデリケートゾーンの悩みとは?

困り顔の白衣女性

女性ホルモンの一種「エストロゲン」にはコラーゲンの生成を促すという作用があります。
エストロゲンを始めとする女性ホルモンは20代にピークを迎え、その後は緩やかに合成量が低下していき、40代を過ぎると急激に分泌量が落ちていきます。その原因は「更年期」です。
更年期とは閉経を基準として閉経前の5年間と閉経後の5年間の合計10年間を指しています。閉経を迎える平均的な年齢は50歳前後なのでだいたい45歳〜55歳付近の年代を更年期と呼んでいます。
そして閉経とは連続して生理が止まる状態が12ヶ月以上継続することなので、これをもって女性ホルモンを分泌している卵巣の機能はほぼ停止することになります。
また卵巣機能が低下するのと同時にその他の女性生殖器である子宮や膣そして乳房や乳腺も機能を低下させていきます。
更年期障害とは更年期に起こる健康被害の総称で、様々な自覚症状が伴うのですが、その原因はエストロゲンの分泌不足にあります。
では、なぜ性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減ると更年期障害が発生するのでしょう?それはエストロゲンには自律神経に働きかけて副交感神経を活性化せるという働きがあるからです。
自律神経には交感神経と副交感神経があり、このうちエストロゲンの刺激で活動を始める副交感神経が不活性化すると自律神経のバランスが乱れる「自律神経失調状態」に陥ります。
副交感神経には心身の傷を癒したり、病気からの回復を早める、ストレスや疲れの解消を行うなど主にメンテナンスや癒しに関する中枢神経ですので、副交感神経が鈍化すると様々な不具合が全身や精神に現れてきます。

そしてエストロゲンにはコラーゲンの生成を促し、潤いを保つという作用もあるので、不足すると肌や粘膜から潤いがなくなり、性交痛などのトラブルを起こしやすいというのも更年期障害を代表する症状です。

こうしたことから更年期のデリケートゾーンのトラブルも更年期障害の一症状だと思われていますが、更年期障害の場合は再び副腎皮質から分泌される性ホルモンによって自律神経失調状態から回復し、ほとんどの自覚症状は消失していきます。
しかし、女性の生殖器全体は閉経によってその機能を低下させてしまいますので、デリケートゾーンの問題は閉経後も継続することになります。
したがってこの問題は更年期障害が原因というよりも、老化現象と捉えたほうが良いでしょう。
更年期に起こりやすいデリケートゾーンの問題としてはかゆみや匂い以外にも以下のようなものがあります。
  • 不正出血が起こる
  • おりものが多くなり、色や匂いが強くなる
  • 膣分泌液が不足し、老人性膣炎が起こりやすくなる
  • 膣から子宮頸部にかけてのびらんが起こりやすくなる
などです。

老人性膣炎について

文字どおり老化によって発症リスクが起こる膣炎です。直接的な原因はこれまでにも説明してきた通り、閉経によって女性の生殖器の機能が低下して、膣分泌液やおりものの量が不安定となり、膣内に炎症や感染症が起こりやすくなる病気です。

婦人科で診断された場合には外用薬(クリームなど)や坐薬などが処方されます。また普段の生活においては以下のような生活を心がけるようにしてください。
・ファッションは肌に優しい天然素材で体を締め付けないような洋服や下着を選ぶようにする:血流障害は新陳代謝を鈍らせ肌や粘膜のトラブルの原因になります。
・セックスの時には潤滑ゼリーを用いる:膣分泌液の不足から粘膜が乾燥して傷つきやすくなっているので潤滑ゼリーを使うようにしてください。
・デリケートゾーン専用のケア商品を利用する:デリケートゾーン用の低刺激性で潤い成分を配合した石けんなどを利用すると良いでしょう。ただし、強くこすってしまうと逆に皮膚や粘膜を傷つけるのでNGです。
閉経しても副腎皮質から性ホルモンは分泌されています。特にエストロゲンには骨を丈夫にする作用もあり、更年期障害の治療で用いられるエストロゲン製剤は閉経後の骨粗鬆症予防目的で継続して服用する場合があります。
このように投薬によってもエストロゲンの量を増やすことは可能です。
一方で副腎皮質から出るエストロゲンもストレスによって量が不安定になったり性的興奮を覚えることで分泌量が増えるので、ストレスケアやパートナーとのスキンシップは更年期に入った後も心がけるようにしたほうが良いでしょう。

まとめ

更年期になるとエストロゲン不足から膣分泌液やおりものの量が減り、膣や子宮頸部の衛生状態が悪くなり、色が悪く、匂いが強いおりものが出たり、炎症を起こし出血を起こしたり、また乾燥してかゆみがでるなどデリケートゾーンの悩みが増えます。

これは更年期と時期を同じくして発症するので一見すると更年期障害のようですが、閉経後にホルモンバランスが落ち着くと症状も消失するということは少ないので、これは老化現象と考えるのが妥当です。
日常生活での注意点等は本文中にあることを参考にしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います