「最近私太ってきた?」中高年になると更年期障害の一つである、「太る(体重増加)」という現象に不安を感じる人がいます。
しかし「中年太り」という言葉もある通り、中年期(40〜50代)になると「太る」あるいは「体重が増加する」というのはある意味自然な成り行きなのです。

とはいうものの、やはり女性とはいつまでも美しくありたいもの。だから更年期になってからも太るなんてもってのほか、という人も多いことでしょう。
今回は更年期になるとどうして太りやすくなるのか、そのメカニズムの解明と効果的かつ手軽なダイエット法について一緒に学んでいきましょう。きっと目からウロコが落ちる更年期のダイエット法が見つかることと思いますよ。

スポンサーリンク


なぜ更年期になると太るのか?

ウエストを測る女性

40代を超えた頃から急激に体重が増えだしたという女性の方も多いのではないでしょうか?女性にとって閉経を迎える年代(50代前半が多い)の前後10歳のことを「更年期」と呼び、ホルモンバランスの乱れから様々な体調不良を覚えやすくなる年齢になります。
こうした更年期に起こる様々な体調不良のことを「更年期障害」と呼びますが、体重増加も更年期障害の代表的な症状の一つです。
では、どうして更年期になってホルモンバランスが乱れると体重が増加してしまうのでしょうか?そこには幾つかの理由があります。

理由その1.基礎代謝が落ち、筋肉量が減る

生き物の体は「代謝」という熱化学反応が適切に行われることによって全ての臓器の機能が維持されています。
しかし更年期になると加齢からくる「基礎代謝」の落ち込みが始まります。

基礎代謝とは
  • 内臓を動かす
  • 体温調整をする
  • 食べ物を消化吸収する
  • 老廃物を尿や便で排泄する
など必要最小限となる生命維持のための生理活動のことです。
この基礎代謝が落ちることで筋肉量が減ります。筋肉も代謝によってその機能を維持しているのですが、筋肉の機能維持に必要な基礎代謝が減るのですから、当然筋肉の再生効率が落ち筋トレ等の対策を講じなければ全体的な量が減っていくことになります。これを老化と言います。
ところでこのパートの冒頭の方で
生き物の体は「代謝」という熱化学反応が適切に行われることによって全ての臓器の機能が維持されています。”と述べています。
ここで重要なキーワードは「代謝とは熱化学反応である」ということです。
医師
代謝のなかでも基礎代謝は代謝全体の6〜7割程度の熱量を消費します。
当然、基礎代謝も熱化学反応であり、骨格筋と呼ばれる全身を覆う筋肉は人体のなかで最も多い熱量を発しています。(基礎代謝で消費する熱量のおよそ4割に相当すると言われています)
基礎代謝も熱化学反応なので、細胞内では「燃焼」という現象が発生しているということになります。物が燃える際に必要な物質といえば「酸素」と「エネルギー源となる燃料」ですね。食事等で摂取する糖質や炭水化物はブドウ糖に分解されて代謝の際のエネルギーとして消費されていきます。
つまり、基礎代謝が落ちるあるいは、筋肉量が落ちるということは熱化学反応の効率が悪くなるということになるので、消費されるブドウ糖の量が減り、余剰分が中性脂肪に再合成されて皮下や内臓にたまる=「太る」ということにつながるのです。

理由その2.女性ホルモン量が低下する

女性の更年期では閉経に向けて女性ホルモン(主にエストロゲン)の量が急激に減っていくことはよく知られています。
エストロゲンには女性を妊娠、出産を可能にするという働き以外にも重要な働きがいくつもあるとても大切な物質です。そのエストロゲンの作用の一つに「コレステロール値を正常に維持して脂肪代謝を促す」というのがあります。

つまり、エストロゲンの減少は「脂肪が燃焼しにくい体への変化」を意味しているのです。

理由その3.内臓脂肪の増加による肝臓への負担

前述した通り、“エストロゲンには血中のコレステロール値を正常に調整する働き”があるのですが、その一環として脂肪の貯蔵場所を“内臓ではなく皮下に誘導する”という作用もあります。

余剰なブドウ糖が中性脂肪に再合成するのは肝臓の働きです。また肝臓は人体内の巨大な化学工場と言われるように、大きさとしても腹部の内臓のなかでは腸に次いで大きな臓器ですし、盛んに化学反応を行っている臓器なので大量のエネルギーが必要となります。
実際に人体の熱量のうちおよそ2割は肝臓単独で消費していると言われています。脂肪は燃焼の際のエネルギーとして消費されていくので、肝臓で中性脂肪に変換された脂肪は内臓、特に肝臓の付近に蓄積されやすくなります。これは肝臓の近くにエネルギー源があった方が何かと都合がいいからです。
肝臓
しかし、肝臓に脂肪がこびりつきすぎると機能が低下していきます。これが「脂肪肝」と呼ばれる状態です。この状態を回避するためにエストロゲンが内臓から皮下へと脂肪の蓄積場所を誘導するのです。
したがってエストロゲンが減ると「脂肪肝」の状態になりやすく、肝機能が低下することで肝臓内の代謝が低下し、脂肪の燃焼効率がさらに低下してしまい体内の脂肪量が増えることになります。
このように更年期になると主に3つの理由から体内の脂肪の量が増えてしまうということがわかります。しかし、ご安心ください。理由がわかれば対策を講じることは難しいことではありません。
次のパートでは「更年期時のダイエット成功術と肥満の予防策」について説明していきます。

更年期時のダイエット法にはどんな種類があるのか?について

ダイエットする女性

筋トレ

前のパートで「筋肉量の低下が更年期の肥満の原因の一つ」として挙げてあります。

つまり、意識して筋トレを行い筋肉量を増やせば、それだけで基礎代謝のうち4割近い熱量を持つ骨格筋の代謝が上がるので、かなりの熱量の消費が期待できることになります。
食事でとる糖質や炭水化物はすぐにエネルギーとして消費されていくので、筋肉量を増やして基礎代謝を上げるとそれだけ太りにくいカラダつきになるということになります。
これは
基礎代謝が代謝全体で消費する熱量のおよそ6〜7割を占めているから
です。
また、「姿勢の維持」、「腰痛や肩こり防止」など筋トレで得られるメリットはダイエット効果以外にも多いといえるでしょう。

運動

筋トレも運動の一種ですが、今回は有酸素運動を中心に考えていきましょう。女性なら筋トレで筋骨隆々になるのを敬遠したい人が多いからです。

かつては「痩せる、引き締める」運動といえば有酸素運動だと言われてきました。
なぜなら、体内での脂肪燃焼率を上げるにはそれだけ酸素を多く取り入れる必要性があると考えられてきたからです。しかし、実際にはどうかというと、代謝が占める運動代謝の割合は全体の2割強だと言われているので、ウォーキングなどの軽めの有酸素運動を行っても消費する脂肪の燃焼効率は2割止まりです。
ただし、ヨガやストレッチ、あるいは自分体重を負荷としてインナーマッスルを鍛えるアイソメトリックなどを合わせて行い、普段使わない筋肉を使うことで、筋肉量を増やすというやり方であれば有酸素運動でもある程度の痩身効果が得られるということになります。
ヨガをする人

マッサージ

痩身マッサージとはリンパに働きかけ老廃物の排泄を促し、基礎代謝を向上させるためのマッサージです。“リンパドレナージュ”などもこれに該当します。

リンパの詰まりをとることでリンパ液(元々血液から造られるのがリンパ液です)や血液の流れが良くなり、基礎代謝が上がる「若返りのマッサージ」と言われています。
このようにリンパマッサージや痩身マッサージはある程度の効果が期待できますが、毎回施術に数千円〜一万円近くかかるのでコストの面の負担は大きいと言えるでしょう。これはエステも同様です。

食事制限

多くの人がダイエットと聞いててまず一番に思い浮かぶのが「運動」と「食事制限」です。ただし、極端な食事制限や偏食ダイエット(リンゴダイエットやバナナダイエットなど)は健康的に痩せていくというよりも不健康にやつれていく効果しかありません。また一食置き換えダイエットなどもありますが、空腹感から長続きしないというデメリットもあります。

確かに一日の総消費カロリーよりも摂取カロリーの方が下回れば「痩せる」という理論は間違いではありません。しかし、食事でやり取りされるカロリー代謝は「食事誘導性熱代謝」と呼ばれ全体のおよそ1〜2割弱程度です。つまり一所懸命食事制限をしてもその代謝消費効果は全体からみればごくわずかなので、メインのダイエット法というよりはダイエットのサポートとして考えておいた方が良いでしょう。
そしてあくまでも健康的に痩せていくということが重要です。

サプリメント

近年ダイエットサポートサプリメントというのがブームになっています。ファンケルの「カロリミット」やDHCの「フォースコリー」、サントリーの「黒烏龍茶」、伊藤園の「カテキン緑茶」などです。

配合されている成分によって
  • 燃焼系
  • 食事や糖質の吸収をゆるやかにするタイプ
などがあります。
中にはトクホ(特定保健用食品)のようにダイエット効果が国に認定されているサプリメントもあります。
瓶のサプリメント
このように一定の効果は期待出来るものの、トクホの制度もつい最近のもので、臨床的な検査も含めて抽出成分のダイエットへの効果は十分に検討されているとは言い難いものもあります。
前のパートでエストロゲンの減少によってコレステロール値のコントロールがうまくいかず、脂肪代謝が落ち込むことで更年期太りや中年太りになりやすいと説明していますが、フィトエストロゲン(エストロゲンと同じような働きのある成分)として有名な大豆イソフラボンを主成分としたサプリメントには女性の更年期障害の改善効果は認められないとして、欧米ではすでにほとんどのメーカーで更年期障害対策サプリとしては開発、販売が中止となっています。
日本でも厚生労働大臣が直接エストロゲン由来の疾患(乳がんや子宮筋腫など)の既往歴がある人は大豆イソフラボンの過剰摂取には注意するようにアナウンスしたという経緯があります。
したがってサプリメントを選ぶときにはしっかりとした効果と安全性の高いものを選ぶ必要性があります。
このように数多(あまた)あるダイエット方にはどれも一長一短があり、どんなダイエット方が自分に合うかというのは十人十色といえるでしょう。
しっかりと計画性をもってダイエット管理のできる人であれば上記のダイエット法の幾つかを組み合わせれば成功する可能性が高くなります。

漢方ダイエットなら楽に痩せる効果が実感できる?

漢方ダイエット」という言葉をご存知でしょうか?文字通り漢方薬の力を借りてダイエットをサポートするという方法です。漢方には「気・血・水」という三つの要素のバランスが崩れたときに病気などの健康被害が生じると考えられています。

顔をしかめる女性
漢方薬はこの生体バランスを元に戻すことで病気を癒していくという目的で処方されます。一見すると非常に抽象的ですが、中国には昔から医食同源という言葉があり、食事から摂取する栄養素が生命維持のためにとても重要であるということは誰もが知ることです。
この理論をきちんと体系立てて目的の成分ごとに調合している漢方薬の効果の高さは西洋医学の分野でも見直されていて、現在では200種類以上の漢方薬が医薬品として認められています。
漢方ダイエットでは生薬(漢方の原料となる動植物)の中から主に
  • 抗酸化作用が高いもの
  • 燃焼系作用の高いもの(生姜やにんにく、五黄など)
  • 血液の流れを良くするもの
  • 血栓を予防するもの(リノール酸やオレイン酸など)
がバランス良く配合されているので高い効果が期待できます。
しかも飲むだけでダイエット効果が得られるので「手軽に更年期ダイエットを成功させる」にはうってつけと言えます。
ただし、生薬のほとんどが食品由来のものとはいえ、医薬品である以上副作用へのリスクは存在しますし、飲み方が食前や食間というタイプが多く、飲み忘れや誤って服用してしまう可能性があります。
加えて、漢方薬は体質によって効き目が変わってきますのでどの漢方薬が自分に適しているのかを探すのが大変というデメリットもあります。

ホルモン充填療法は更年期ダイエットの救世主となる?

疑問を感じる女の医師

これまでにも説明してきた通り、女性の更年期太りの原因の一つに「エストロゲン」の産生量の激減があります。体内でコレステロールをコントロールする役目をもつエストロゲンが不足することで脂肪代謝が落ち込み太りやすい体質になるのです。
ところで、医療機関(婦人科や美容外科)において女性の更年期障害のスタンダードな治療法といえば「ホルモン充填療法」です。これは注射や投薬で女性ホルモンを直接補給して不足した分を補うという治療法になります。
更年期太りの原因がエストロゲン不足ですのでこれはとても効果がありそうな気がします。
ところが、内服薬では便秘や下痢など消化器状態が安定しない場合吸収率が悪くなるので、より確実な効果を出すために美容外科などでは「ホルモン注射」が行なわれます。(更年期障害による肥満に対する保険治療は今の所認められていないため、更年期太りを解消するためだけのホルモン療法を受ける場合は美容外科で受けることが多くなります)
このとき使われるエストロゲン製剤はヒト由来の成分ではなく合成されたものです。したがって体質によっては副作用が強く出ることもあり、また肝臓への負担も大きいため、ホルモン充填療法は内服と注射を含めて、よほど他の更年期障害の症状が重なって重症化している場合を除いてはあまりお勧めすることはできません。

漢方の力で肥満解消を成功させる

二つ前のパートでは漢方ダイエットを紹介しましたが、このパートでは同じ漢方でも漢方薬ではなく生薬での肥満解消法を説明したいと思います。

ウインクする女性
日本で漢方という医療体系が大成したのは江戸時代になります(実はこの言葉日本で誕生したものです)。今では漢方=中国のイメージが定着しているので「和漢」という呼び方が一般的になりますが、この和漢の世界で最も効果の高い原料として重用されていたのが「高麗人参」です。
高麗人参は食用の野菜であり副作用などのリスクも一切ありませんので毎日飲んでも大丈夫です。
では、どうして高麗人参が更年の悩みに効果があるのかといえば、それは高麗人参にしか含まれない独自成分「ジンセノサイド(サポニンの一種)」にあります。
更年太りの解消法として最も効果が高いのが「筋トレ」であるというのはすでに説明した通りですが、筋トレをするから痩せるのではなく、“筋トレをすることで筋肉量が増えて基礎代謝が上がり、痩せやすい体質になる”のです。
また基礎代謝は生きている間行なわれているものなので、筋肉量を増やすと基礎代謝はずっと上がることになります。これと同様の効果が「ジンセノサイド」にはあるということを以下に説明していきましょう。
「ジンセノサイド」の優れている点は次の点にあります。
  • 興奮系のトリオール系成分
  • 鎮静系のジオール成分
という作用の相反する二つの成分がバランス良く同居しているという点です。特にこの二つの成分が1:1で含まれている「プレミアム・ジンセノサイド」という希少部位を用いた場合、飲んでいる人の「今足りていない自律神経の働きをサポート」するのです。
例えば、だるいときは興奮作用のあるトリオール系が働き、ゆったりしたい気分の時は鎮静作用のあるジオール系が働くといった具合です。
自律神経は「基礎代謝」をコントロールする一大司令塔です。
なので自律神経の機能をサポートするジンセノサイドを取り入れれば、基礎代謝も正常化して痩せやすくリバウンドしにくい体質になることが期待できるという理屈になります。
あとは日常生活の中の基本的な動作にプラスアルファの運動としてアイソメトリックやストレッチなど有酸素運動と普段使わない筋肉を使う筋トレを組み合わせたような運動を取り入れればさらにダイエット効果は高まるでしょう。
高麗人参は食品なので副作用のリスクもなく、長年和漢の世界で王者として君臨してきた実績があります。そしてジンセノサイドの効果は現代の科学でも実証されているので安心して導入することができます。

まとめ

更年太りは中高年の女性にとって非常に頭の痛い問題です。
しかし、これは生理現象の一つであり、誰の身にも起こる可能性があることなので、あまり気にしすぎず、適切にダイエットを行っていけば大丈夫です。(気にしすぎると却ってストレスから自律神経の働きに悪影響を及ぼし、痩せにくくなるリスクがあります)

更年太りの一番確実な解消法は筋トレですが、女性の場合筋肉が太くなるのを敬遠する傾向があるため、筋トレと同じく基礎代謝を上げる効果がある「ジンセノサイド」を取り入れてみてはいかがでしょうか?
ジンセノサイドは高麗人参にしか含まれていない成分なので、ジンセノサイドを適切に取り入れるなら和漢原料である高麗人参を単独で摂取した方が良いということになります。
以 上 
PR

基礎代謝アップに高麗人参のチカラを取り入れてみませんか

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います