近年の盛んな女性の社会進出に伴い、女性の未婚化、晩婚化が進み独身を貫き通す女性もめずらしくはない時代です。
そのような背景の中で、女性には必ず訪れる閉経の前後に現れやすい更年期障害が独身女性のほうが症状が重くなりやすく、また早くにやってくるという話を耳にします。独身の女性の皆さんは、ドキッとしてしまいますね。
そもそも、女性ホルモンのエストロゲンの減少が原因による更年期障害が、どうして独身か既婚かで症状に差が出ると言われているのでしょうか。独身と既婚者の女性との違いを捉えながら、この噂の真相に迫っていきましょう。

スポンサーリンク


独身女性が更年期障害になりやすいと言われているワケとは

驚いている女性

結論からお話しすると、更年期障害と独身か既婚かの関係はほとんどありません。独身だから女性ホルモンの減少が激しくなり、症状が重くなるという見解もありません。
では、なぜこのようなことが言われるようになったのかというと、生活習慣に差が生じやすいからです。ここでは両者の違いを見ていきましょう。

独身女性の生活スタイル

身女性は社会に出て仕事をし、一人暮らしの方も多いことでしょう。
残業で帰宅が遅くなったり職場での付き合いなどで、既婚女性より外食やコンビニ弁当の出番が多き食生活になりやすいのではないでしょうか。外食では、主食、主菜が主なメニューになりやすく、野菜や乳製品などの副菜が不足しやすくなります。

また、塩分が多いメニューが多く油を使用した料理が並ぶ機会も多くなります。栄養バランスが崩れやすく、ホルモンのバランスが不安定になり更年期障害を引き起こしやすくなります。
また、表舞台に立つ機会も多い独身女性は、既婚女性よりも自分磨きに精を出し、見た目の印象を美しく保っている方も多くいらっしゃいます。時には見た目を意識するあまり、少々無理なダイエットに取り組むこともあるかもしれません。
栄養が不足するようなダイエットを行うと、女性ホルモンエストロゲンの減少を加速させ、更年期障害発症のきっかけを作ってしまいます。更年期の年代が近づいているのなら、食事から得る栄養のバランスを必要な量はとても大切なことです。
また、独身女性は今後も一人という寂しさや将来への不安、老後への心配などで精神的にストレスを感じやすい状況です。独身ということで感じやすいストレスが、更年期障害の症状を進行してしまうことにもつながります。
ベンチに座って落ち込んでいる女性

既婚女性、子供を抱える女性の場合

既婚女性や子供のいる家庭の女性の場合、個人差はあるものの家族の健康を考えた食生活を意識しているのではないでしょうか。栄養バランスの整ったメニューは健康を保ち、更年期障害で起こるホルモンバランスた自律神経を正常に整えてくれます。

独身女性にもみられる将来への不安や老後への不安は、既婚女性でも変わらず持っていることもありますし、自分だけでなく子供や夫、家族全体の悩みを抱えるとすると家庭内でのストレスや疲労はむしろ独身女性より負担は大きくなるのではないでしょうか。
このように、独身か既婚かで更年期障害になりやすい、なりにくいや症状が決まるわけではなく、生活習慣の違い更年期障害を引き起こしやすい性格であるかどうか、栄養バランスなどによる要素が重要視すべきであると考えられるのでしょう。

まとめ

既婚で子供がいる私の場合、自分の為に使う時間は限られていてストレスも疲労も溜まりやすい状況かもしれません。食事も栄養場バランスを考えているとはいえ、忙しくまともに作れないことも多々あります。

このように考えてみると、独身であれ既婚であれ更年期障害を引き起こすリスクには大きな差はあまりなく、どちらにも女性ホルモンのバランスを崩すきっかけはあり、そのきっかけを作る要因が多いか少ないかの差だけが関係するように思えます。
女性の場合、多かれ少なかれ感じることもある更年期障害は出来るだけ軽く済ませたいということは、多くの女性の願いではないでしょうか。今からでも遅くはないので、出来るだけ女性ホルモンを温存していけるような生活にシフトしていきましょう

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います