ツライ更年期障害による不快な症状は、いったいいつまで続くのだろう、と出口の見えないトンネルにいるような気持ちになっている方は、不安な毎日を過ごしていることでしょう。

このままの状況が続くのかと思うと不安に押しつぶされそうで、不安で眠れない。すると不眠症状がより更年期障害の症状を悪化させてしまう心配もあります。
また、不安や心配が重なるとストレス、心の疲労が蓄積し精神的な症状が強く出てしあうこともあります。
しかし、更年期障害がいつまで続くのかということは、とても気になることです。終わりが見えれば、気力も沸いてきますが見えない出口では気持ちも焦るばかりですね。
そこで、今回は気にしている方も多い、更年期障害が「どれぐらい続く」のかということを取り上げ、お話しを進めていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の終わりはいつ?どれぐらいの間続くの?

肩を抑えて辛そうにする女性

更年期」という時期の目安は、女性の場合では平均50歳と言われている閉経の前後5年間ずつ、約10年間と考えられています。年齢で言うと、45歳前後から50歳の半ば頃までということになります。
しかし、男性の場合では目安となる閉経がないことから、50代半ばから60代半ばということが中心に考えられていますが、男女とともに40代から50代にかけての時期に多く更年期障害の症状が現れやすいと考えられています。
男女とともに更年期障害の始まり、症状が現れる期間には個人差があるのですが、おおよその期間は1~2年ほど、長くなっても3年程度であるとされています。
しかし個人差が影響して数年かかるケースもあります。
個人差が出る理由は、性ホルモンの減少スピードの違い、ストレスの影響、もともとの性格ということが関係しています。さらには、普段からの生活習慣や食生活の影響していると考えられています。
更年期障害の症状が大変重く、日常生活に支障が出たり仕事に行けなくなることが多くなる場合は、病院で検査をして治療が必要になります。
主に行われる治療は、ホルモン補充療法などになりますが、病院で行われる治療期間の平均は、男女ととものおおよそ3年以内というケースが多くなっています。
血液検査
いつまで続くのか、と不安な気持ちになりますが、症状が続く期間は一定ではないので、単純に他人との比較はできないこと、また更年期障害には必ず終わりがあるということを信じて、未来を心配するよりも今を快適に過ごせることを一番に考えて、前進していきましょう。

まとめ

完治しない病と闘っている方は、たくさんいらっしゃいます。その点、更年期障害自体は治らない症状ではありません。また、一生続くということはほぼなく、治療によって症状が軽減する可能性は非常に高いのです。

また、軽度の場合ではライフスタイルの改善、適度な運動、ストレス発散、食生活の見直しなどで、症状が和らぐチャンスがたくさんあります。つらい症状に対して、いつ終わるんだろを思うのは当然のことです。
更年期が終わり活動的に毎日を楽しんでいる人生先輩を目標に、前向きな気持ちで更年期を過ごしていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います