更年期障害の症状緩和に効果があるとして様々な雑誌やメディアで話題になっているエクオールという成分。気になっている方も多いのではないでしょうか。
女性ホルモンの減少によって引き起こされる不快な症状をまとめて更年期障害と呼び、40代中ばくらいから50代にかけての女性が悩まされている症状です。エクオールには加齢とともに減少していく女性ホルモンのエストロゲンに似た働きがあるとされ、サプリメントもたくさん登場しています。
実際に、ほてり、いらいら、倦怠感などの更年期障害を代表する症状が軽くなったという声も聞かれ期待に胸が膨らみます。その反面、効果がなかなか得られない、体質に合わなく症状が改善されないなどの口コミもあります。
そこで、今回は気になるエクオールを取り上げ、更年期障害との関係を検証していきましょう。

スポンサーリンク


エクオールのサプリが与える更年期への効果とは

ボトルのサプリメント

大豆に含まれているイソフラボンは、女性ホルモンと似たような働きをし更年期障害の症状緩和に役立つという情報はおなじみですね。
しかし、大豆イソフラボンからの恩恵である様々な健康効果を受けられることには、個人差があることが分かりました。大豆に含まれているイソフラボンには、ダイゼイン、クリシテイン、ゲニステインの3種類の成分があります。
この中のダイゼインが腸から吸収される時に、そのままの成分として吸収される人と、エクオール産生菌という腸内細菌によってエクオールに変化させて吸収できる人がいます。
すなわち、よりエストロゲンとしての効果が高いエクオールは、作れる人と作れない人がいるということになります。実際にエクオール自体のエストロゲン様作用がそれほど高くありませんが、エストロゲンが過剰分泌の時にはエストロゲンを抑制するといった臨機応変な働きをしてくれます。
お話した腸内細菌によってダイゼインがエクオールに変換されて体内へと吸収されていくのですが、エクオールを作ることができる腸内細菌を持っている日本人女性は約50%ほどで、残りの約半数の女性は体内でエクオールを生成できないということになります。
実際に、腸内でエクオールに変換できるかどうか測ることができるチェッカーのキッドが販売されているので、気になる方は自分でチェックすることも可能です。
エクオールを自分で作り出せない人はサプリメントで補おう!というサイトも多いのですが、エクオールのサプリメントを飲んでも効果が感じられない人が見られるのも事実です。
また、ダイゼイン以外でもゲニステインなどの成分にもエストロゲン様作用を持ってるイソフラボンが存在しているの、エクオールを作り出す菌を持っていないから、絶対にエクオールを補充する必要があるということではなさそうです。

まとめ

辛い更年期障害の症状を抱えているとワラにもすがりたい気持ちになります。エクオールが更年期障害に効果を発揮すると聞くとすぐに試してみたくなりますが、残念ながら効果には個人差があるようですね。どのサプリメントでも言えることですが、薬剤と違って即効性があるわけではなく一定期間は試してみる必要があるでしょう。

ただし、その期間も皆同じではないのでそのタイミングで効果が得られるか、また効果を得られないで続くのか未知の世界です。サプリメントを選ぶ時に口コミを参考にすることも多いのですが、すべての人々に当てはまるわけではないということは、頭に入れておきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います