リラックス、安らぎ効果を得られるエステは女性のくつろぎの場として人気があり、エステサロンに通いたいと考えている方も多くいらっしゃると思います。

日常の疲れを癒してくれるエステに通うことで、更年期障害の症状緩和も期待できますね。
しかし、更年期障害の症状でお悩みの方の中には、肌のトラブルなどよってエステに通うことができるのか気にかけていることもあるでしょう。
体や心のバランスが乱れやすい年代でもあるので、予約をしたところで体調不良や気分が乗らず、キャンセルしてしまうなどの心配も気になります。
そこで、今回は更年期障害の症状が感じられる場合、または可能性が高いケースでエステを受ける際に注意したいことを、まとめてお話ししていきましょう。

スポンサーリンク


エステを受ける際に更年期障害の影響で注意しておきたいこと

エステで施術を受ける女性の写真

生活環境の変化、ライフイベントの影響などによってストレス、疲労を抱えやすい更年期には、癒しを求めてエステサロンに通い施術を受けることを楽しみにしている方もいらっしゃいます。
ただし、女性ホルモン「エストロゲン」の減少によってホルモンバランスが乱れることで起こる更年期障害では、肌が敏感な状態になっていて「ゆらぎ肌」(肌トラブル)になっています。
エストロゲンの減少によって肌の水分量、潤いが少なくなるので、乾燥肌になりやすくトラブルが起こりやすい敏感な状態です。
中にはかゆみを伴うこともあるでしょう。乾燥や肌の老化が進むと、実際に病院での診察を受けるケースも少なくはありません。もしエステを受ける際に「ゆらぎ肌」が気になっているのなら、エステで事前に行われるカウンセリング時に相談しておくようにしましょう。
エステの効果によってゆらぎ肌が改善される効果も期待できますが、肌への摩擦やローションの成分などの刺激によって、エステの施術が敏感になっている肌には逆に症状を悪化させる可能性もあります。
エステサロンに行く際には、自分の肌の状態を把握し良く考えてから施術を受けるようにしましょう。

まとめ

エステサロンには行ったことがありません。疲れが溜まってくると、誰かに体のケアをしてもらいたい!と思うことがあります。エステサロンで施術がプラスに作用してくれると嬉しいのですが、気になるのは肌の状態ですね。

月経前は特に敏感になりやすく、吹き出物が出たりかゆみが伴いやすくなります。施術を受けるエスサロンを選ぶ際には、事前にカウンセリングを行ってくれるかどうか、肌トラブルに対応してくれるか、などを加えて比較検討していくとよいエステが受けられそうですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います