更年期障害は女性特有の病気というふうに認識されています。これは更年期障害の定義に「閉経」という女性にしかない生理現象が加えられているからです。しかし加齢とともにホルモンバランスを崩すのは男性も同じことなのです。
そして男性にもちゃんと更年期障害があります。しかし、女性ほど極端な体調不良や精神症状をきたす例が少ないだけなのです。
中には女性の更年期障害と同じような症状を起こし、その数は年々増加しているという報告もあります。
今回は自分の父親が更年期障害を発症しているようだというお話から説明を展開していきたいと思います。

スポンサーリンク


自分の父親が更年期障害だったら?

困り顔の中年男性

更年期障害は女性特有の病気。世間の多くの人がそのように認識しています。
これは更年期障害の医学的な定義に「閉経をはさんだ前後5年間」と謳われているからです。閉経は女性にしか起こりえない生理現象ですから、男性についての更年期障害の定義は非常に曖昧になっているのです。
しかし、男性にも更年期障害は普通に存在しています。
その代表的な症状が
  • AGA(男性型脱毛症)
  • ED(勃起障害)
  • 前立腺肥大症
  • 排尿障害(尿失禁や夜間頻尿など)
  • 加齢臭
などがこれに該当します。
女性に比べると辛い自覚症状を伴うのは前立腺肥大症とそれに伴う排尿障害程度でしょうか?
それゆえにこの二つは独立した病名として扱われ、保険診療可能ですが、それ以外だとAGAやEDは病気として認められていますが、保険診療の適用外(自由診療)となりますし、加齢臭に至っては病気という認定はされていません。したがって医学的にみた更年期障害という包括的な病名はあくまで女性の疾患ということになるのです。
頬に手をあて悩む女性
しかし、近年、男性側にも女性の更年期障害とよく似た症状が更年期になると現れてくることが確認され、その数は年々増加している言われています。
男性側にも出てくる症状としては次のようなものが多くなります。
  • うつ状態
  • 不眠
  • イライラ感
  • 顔の火照り、多汗
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 性欲の減退
などです。
主な原因はストレスや加齢による“ホルモンバランスの乱れからくる自律神経失調”という点も女性の更年期障害と類似している点になります。
では、男性の更年期障害は何科で受診することになるのでしょうか?
これについては残念ながら出てくる症状によって受診する科を変えるしかありません。女性の更年期障害であればとりあえず婦人科に行くというようなインフラが現状では整っていないのです。
したがって
・泌尿器科:前立腺肥大症、ED、性欲の減退(EDの関連として)
・皮膚科:AGA、多汗
・内科:頭痛、顔の火照り(多汗)
・整形外科:腰痛、肩こり
・精神科(心療内科):うつ状態、不眠、イライラ感、性欲の減退
などになります。
このように男性の「更年期障害」は一般的に認知度が低すぎるため、自覚はとても乏しいのが現状です。
そこで上記のような精神症状を伴う更年期障害が疑われる父親と接するにはどうしたらよいのでしょうか?

家族の協力が不可欠

手を差し出し説明する女性

父親が更年期障害で精神症状(イライラして怒りっぽくなったりうつ状態になっていると思われる場合)を起こしているケースでは本人が自覚していない場合がほとんどです。したがって家族が協力して父親に自分が更年期障害であるということを自覚させることが重要になります。
そのためには母親の協力も不可欠なので、家族全体で男性にも更年期障害がありどのような症状をきたすのかについて正しく知ることが何よりも大切です。

治療を説得すること

精神症状で目に余るようなものとしては以下のようなことが考えられます。

  • 他人に対してひどく暴言を吐くようになった
  • 愚痴や陰口が多くなった
  • 見るからにイライラしている
  • 怒りっぽさに拍車がかかっている
  • 寝坊して仕事に遅刻することが多くなった
  • なかなか帰ってこない
  • 仕事を休みがちになった
  • 疲れているのが見てわかる
  • 無口になった
  • 表情がなくなったような気がする
などです。
これらの場合には「うつ状態」か「不定愁訴(イライラする、怒りっぽくなる)」を発症している可能性が高いのです。
こうした精神症状は放置しているとどんどん進行していき本人の努力だけではどうしようもない状態に陥る可能性があります。
家族から見て明らかに様子がおかしいときは精神科や診療内科を受診してもらうようにしましょう。
また尿失禁や夜間頻尿も更年期障害の可能性大なので泌尿器科への受診を勧めるようにしてください。

病院に行くことに抵抗がある場合には・・・

ケースに入ったサプリメントの写真

ただし、どうしても本人が病院に行くことを承諾しない場合はサプリメントを勧めてみましょう。これなら健康増進という目的で勧めやすいのではないかと思います。
男性の更年の悩みも女性同様めぐりの悪さから生じるものです。世間には男性用のめぐり改善や精力増強のためのサプリメントはたくさん出ているので次に挙げるような原料のサプリメントを勧めてください。
  • 亜鉛
  • マカ
  • 高麗人参
です。
ただし、サプリメントは薬ではないのであくまでも不調を和らげる手助けになるものと考えましょう。

まとめ

世間ではあまり知られていないことですが男性にも更年期障害があり、ストレスや加齢からホルモンバランスが乱れ、自律神経に不調をきたし様々な健康被害を生じます。ただし、女性に比べると減っていくのは男性ホルモンなのでそれほど強い自覚症状を伴うケースが少ないだけなのです。

しかし、男性ホルモンが激減すると精神症状や性機能に異常をきたしやすく中には「うつ状態」「不眠症」「前立腺肥大症」などの深刻な症状をきたす場合もありますので、家族から見てあきらかに様子がおかしいなと感じたら病院への受診を勧めるようにしてください。
疲れやすいとか最近覇気がないなどの場合にはとりあえず本文で紹介しているようなサプリメントで様子をみるという手段も有効です。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います