近年は若いアイドルだけでなくベテランの芸能人が毎日テレビ等で活躍しているのを目にします。

お茶の間の人気者でバイタリティ溢れる活躍ぶりは同じ更年期を迎えた人にとって憧れでもあり、またどうすればあの様に更年期を元気に過ごせるのだろう?と思っている人も多いのではないでしょうか?
しかし実際には更年期障害で苦しんでいる芸能人も数多くいます。というよりも「人から見られる職業」ということで華やかさの裏には常識では考えられないようなプレッシャーと戦い、ストレスを強く受けているので実は更年期障害で悩んでいるという芸能人が多いのです。
近年では西川史子さんや高畑淳子さん、男性ではヒロミさんや松本人志さんが更年期障害を発症していたことを告白し話題になりました。また女優の川村ひかるさんは「若年性更年期障害」を発症していました。
今回は更年期障害に悩む芸能人を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害を告白した芸能人

テレビを見る女性

では実際に芸能人で更年期障害を発症していた人を男女別に紹介していきたいと思います。(敬称省略)

男性で更年期障害(LOH症候群)を発症した芸能人

ヒロミ

しばらく芸能界から遠のき、ここ数年で復活した人気のベテランお笑いタレントさんです。
奥さんの松本伊代さんとも仲睦まじく、おしどり夫婦として知られていますが、実は長く芸能界の第一線から遠のいていたのは男性の更年期障害とも言えるLOH症候群が原因だったということを本人が告白しています。
具体的には50歳頃から「フラフラするような違和感」を強く感じていたらしく、立って歩くこともままならない状態で、治療に専念するため芸能界を休業していたと自身が出演した番組で告白を行いました。
また松本伊代さんも50歳頃にホットフラッシュ(上半身の強い火照りと多汗)を経験していると話しています。さらにご夫婦で更年期障害を発症していたことがお互いを理解し合うことができたというエピソードも披露してくださっています。

松本人志

今やテレビでは見かけない日がないほど多忙な松本人志さんも実は更年期障害の悩みを抱えている芸能人の一人です。お笑い芸人から映画監督、俳優までマルチな才能を発揮されていますが、東日本大震災時には軽いうつ状態だったそうです。
男性更年期ではやる気や活力を制御する交感神経がテストステロンという男性ホルモンの分泌量不足によって不活性化しやすく、「うつ状態」、「易疲労感」、「慢性的な倦怠感」などの精神症状が女性よりも発症しやすいと言われています。
このエピソードは「NEWS ZERO」という報道番組の中でご自身が明かされています。

ビートたけし(北野武)

世界の北野と絶賛され、日本を代表するエンターテイナーかつ、辛口のコメンテーターであり偉大なアーティストでもあるビートたけしさんですが、50歳頃の時は「健忘症」のような症状が起こしていて、人の名前を覚えられない、記憶力が曖昧だった、また性欲も減退していたいということをコメントしています。
そのあふれる才能とバイタリティ、そして破天荒ぶりで人気のある方だけに当時はまだ認知されていなかったLOH症候群(男性の更年期障害)をメジャーにした芸能人の一人であると言えるでしょう。
鬱に襲われる男性

女性で更年期障害を発症した芸能人

西川史子

女医タレントの先駆けとして人気を集めている西川史子さんですが、2016年ごろ激やせが話題となりました。
これは急性胃腸炎だったのですがそれ以前からちょっとしたことでイライラする「不定愁訴」と物忘れが激しくなる「健忘」が発症していて更年期障害だったのではないか?ということを回想しています。
他にもエイジングストレスから人前に出ることが苦痛になり一度はレギュラー番組のほとんどを降板したのですが、これは人に見られる芸能人にはよく見られる更年期障害の精神症状の一つと言われています。

高畑淳子

女優としては完璧だけど破天荒な私生活で話題となり、今は少しプライベートの問題で一線を退いている高畑淳子さんですが、かつてバラエティ番組で自身が更年期障害であることを自白しています。
もともと舞台女優さんだった高畑さんですが、ホットフラッシュによる発作で舞台中に大量の汗をかいてメイクが流れてしまったり、舞台の途中でセリフを忘れてアドリブで乗り切ったことが何度もあるというエピソードをジョークも交えて軽快に披露してくれました。
他にもイライラする(不定愁訴)、めまい、頭痛などを経験していたとのことです。1日も早い現場復帰が待たれる人気芸能人さんです。
台本

川村ひかる(若年性更年期障害)

これまで紹介してきた芸能人の方たちは全員40代〜50代に更年期障害を経験した人たちですが、川村ひかるさんは「若年性更年期障害」を経験した方です。
「若年性更年期障害」とは20代ころからストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れ更年期障害と同様の症状が発生し重症化すると若くして閉経を迎えてしまう可能性があります。
また若い分症状が重くなりやすく、非常に深刻な状態を経験する人が多いという傾向があります。
彼女の場合は23歳で子宮内膜症を経験し、ピル治療を受けたのですが妊娠を希望し一旦投薬を中止したことでホルモンバランスが大きく乱れ、若年性更年期障害を発症したとのこと。
強い不定愁訴をおこしイライラを始め、急に強い不安感に苛まれ泣き出したり、悲観的になってしまうなど更年期障害で起こる精神症状の中でも重症度の高い「統合失調症」に近い状態だったという経験談を番組内で披露しています。
また「うつ」や「統合失調症」には頭痛やめまい吐き気などの身体的症状も合併しますし、ホットフラッシュによる多汗も経験したそうです。
このように若年性更年期障害では通常の更年期障害よりも重症化しやすい傾向があります。

まとめ

更年期障害は40代〜50代なら誰でもかかりうる病気です。また男性も同様にLOH症候群を発症しやすいと言われています。どちらも発症率は60%前後でうち治療が必要な重症例は20%前後になります。

ただし、人から見られる芸能人は強いプレッシャーを感じやすく、ストレスから更年期障害を発症するケースが多いとも言われています。華やかに見える世界の裏には人知れず苦労をされている人が多いということでしょう。
また川村ひかるさんのように若くして更年期障害のような症状を発症する若年性更年期障害というタイプもあり、こちらは症状が重症化しやすいので十分な注意が必要です。
この人たちを見てもわかるようにストレス過多で生真面目な人は更年期障害やLOH症候群を発症しやすいのでできるだけストレスを溜めないで規則正しい生活を送るように心がけてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います