どこかから声が聞こえる、いるはずのない人と会話をしている、など音や声に敏感になり幻聴が聞こえるような症状は、更年期障害の程度によっても見られ本人や家族からのお悩みとして取り上げられています。
幻聴は仕事に支障を及ぼしたり、家族に対して、対人関係にも影響を与えかねない症状であり適切な対応が必要になるでしょう。更年期障害の精神的症状として出ることがある幻聴は、更年期障害だけでなく精神疾患としても症状が現れることがあり、うつ状態や引きこもり、攻撃的になり暴力をふるうなどの行動に発展してしまうこともあります。
今回は、更年期障害の幻聴という症状を取り上げ、更年期障害だけでなくそれ以外のケースでも比較していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害だけでない幻聴

耳をふさぐ女性

幻聴とは、実際に聞こえるはずのない、そこに存在していない音や声が聞こえるという症状です。誰かが実際に話しているように聞こえることもあれば、テレパシーが送られているように頭の中に聞こえてくるケースもあります。
このような幻聴の原因には、統合失調症、心的外傷後ストレス障害(PTSD)などの病が影響していること、またはアルコール薬物が関係していることもあります。
特に更年期障害が影響している場合は、女性ホルモンの減少による自律神経の乱れや強いストレスが原因になり、更年期世代に入り発症件数が多くなる統合失調症の場合は、命令口調の声が聞こえたり行動を制限するような内容の声が聞こえることが多いようです。
更年期障害での、イライラなどの精神症状が重くなると幻聴などの症状が現れるケースがあり、聞こえてくる声が幻聴なのか、更年期障害による影響なのかどうかをはっきりと認識するためにも、信頼できる人に相談したり精神科を受診することが大切です。
また、本人は自覚できていない場合もあり、家族は幻聴が聞こえているという異変に気づいたら、病院で診察、治療を受けるように促しましょう。
また、ホットフラッシュなどの他の更年期障害特有の症状が強く出ている場合は、婦人科で更年期障害への適切な治療受けることで精神的な不安が和らぎ、幻聴の症状も緩和される可能性があります。早期で発見をし治療をすることで早い回復が期待できます。

まとめ

更年期障害の症状も重くなると幻聴を感じることがあります。しかし、原因は更年期障害だけでなく他の病の場合もあるので、自己判断や家族の判断だけでなく専門医の力が必要になるでしょう。

幻聴で聞こえる内容によっても家族の負担が増えると思いますが、何かおかしいと気が付いたら、つらい本人のためにも他の家族のためにも早めに病院へ行くことを勧めましょう。きちんとした原因を知ることが症状を改善させる第一歩になります。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います