普段はあまり下痢をしないのに、更年期に入った頃から下痢になることが多くなり辛い症状が慢性的に続くことで、お悩みの方も多く見られています。下痢は腹痛を伴うこともあることからとても不快な症状で、更年期での下痢では痛みが長く続く場合もあります。
また、下痢に嘔吐を伴うこともあり外出中のことなどを考えると不安にもなり、出来るだけ早期に改善していきたい症状です。そこで今回は、更年期障害によって下痢が増える原因を解明し、適切な解決方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害で起こりやすい下痢の原因とは

お腹を抑える女性

更年期障害では、加齢に従って卵巣の働きが低下し女性ホルモンのエストロゲンが十分に分泌されなくなります。すると女性ホルモンの乱れの影響を受け自律神経も不安定になり様々な不快症状が起こりやすくなります。
交感神経と副交感神経で成り立っている自律神経では、副交感神経が消化器系のサポートを担っています。ストレスや疲労で交感神経が優位になることで副交感神経の働きは鈍り、下痢などの紹介系の不快症状が起こりやすくなるのです。
他にも加齢とともに、胃腸の機能が衰えていくことも関係して下痢の症状は起こりやすくなります。

更年期障害による下痢を解消する方法

下痢の症状を改善させるには、日常で出来る改善策も効果的です。
下記にご紹介していきますので実践してみてください。

●食物繊維の多い食事を規則正しく
下痢をしているということは、胃腸の調子が悪いということで、消化の良い食べ物を選ぶことが多くあると思います。しかし、便の形を作り便通を促し下痢を起こりにくくする腸内環境を整えるためにも、食物繊維を含む食品を積極的に摂り入れるようにしましょう。また、食事は抜くことなく規則正しく3食食べるようにしましょう。
●胃腸の不調に大敵なストレスを発散させる
生活環境の変化を受けやすい更年期世代は、ストレスや精神的疲労が蓄積しやすい年代でもあります。下痢が続いていると心まで落ち込んでしまいますが、ストレスがストレスを呼びなかなか改善できない状況に陥ってしまいます。ストレスは出来るだけ減らすように心がけ、リラックスできる時間や趣味に没頭できる時間を作り、ストレスを溜めないようにしていきましょう。
●適度な運動
ウォーキングや軽いランニング、ストレッチなどは全身の血行を良くしリフレッシュさせ心身のリラックスにつながります。また、腸の運動を活発にさせる効果も期待できるので、ぜひ軽い運動を定期的に取り入れるようにしましょう。
●体を温めお腹を冷やさない
胃腸の働きを正常に整えるには体を冷やすことはよくありません。特に下痢の場合はお腹まわりを冷やさない服装をしたり、腹巻を使用するなどしてお腹を温める工夫してみましょう。
これらの改善方法を試みてみてもなかなか下痢が改善されない場合には、医療機関へかかり適切な診断と治療を受けるようにしましょう。

まとめ

いつ起こるか予測できない下痢の症状は、外にでる勇気もなくなってしまい心が引きこもってしまいます。更年期障害による自律神経の乱れが原因であるならば、自律神経が安定するように副交感神経が高まるような、リラックスした状態を保ってあげられるといいでしょう。

また、年齢とともに胃腸の機能が低下することに対しては、素の時の年齢の胃腸に合わせた食生活や生活パターンにシフトして行けるように、準備を整えていきましょう

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います