45歳以上になると半数以上の女性を襲う「更年期障害」ですが、その原因は閉経に向けて「エストロゲン」という女性ホルモン(卵胞ホルモン)の量が減ることで自律神経にも悪影響が発生してしまうことだということはよく知られています。

エストロゲンは閉経の1年前までは卵巣で作られますが、その際脳下垂体という脳の一部から放出される「ゴナトトロピン」(性腺刺激ホルモン)という物質によってコントロールされています。
これはいわば女性ホルモンの設計指令書のような物質で、ゴナトトロピンの指令に基づいて卵巣から女性ホルモン(卵胞ホルモンと黄体ホルモン)が生理周期に合わせて交互に分泌されているのです。
今回はこの知られざるゴナトトロピンの働きと更年期障害の関連性について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


ゴナトトロピンとは?また更年期障害との関連性について

説明する白衣女性

40代〜50代は女性にとって身体面で大きな変化を迎える年代です。
その大きな変化とは「閉経」です。閉経とは12ヶ月以上完全に生理が止まってしまう現象で、全ての女性がこの変化を経験します。
日本人女性の平均的な閉経年齢は50.5歳と言われています。この閉経を中心にその前の5年間と閉経後の5年間の合わせて10年を「更年期」と呼んでいます。したがって一般的には更年期といえば45歳〜55歳ころまでの期間をさしています。
閉経前後に現れる体調不良の総称を「更年期障害」と呼んでいますが、これは閉経に伴い卵巣の機能が低下し、エストロゲンという女性ホルモンが減少することが原因で起こります。
ではどうして女性ホルモンの減少が様々な辛い自覚症状を伴う更年期障害の原因になるのかというと、エストロゲンには自律神経の中の一つ「副交感神経を刺激して活性化させる」という働きがあるからです。
副交感死刑は人体のメンテナンスや癒しを担当しているため、全身のメンテナンス不足からいろいろなところに不具合が生じ、更年期障害を発症します。
体調の悪そうな女性
ところで、エストロゲンをはじめとする女性ホルモンという物質ですが、これは卵巣で作られているという話は先ほど説明した通りです。しかし、卵巣には女性ホルモンの産生量を自動で調整するという能力はありません。
生理周期は、視床下部という脳の一部から放出される「ゴナトトロピン放出ホルモン」という物質によってコントロールされています。
この物質が脳下垂体にキャッチされ、そこからゴナトトロピンという物質となり、そこからさらにFSH(卵胞刺激ホルモン→主にエストロゲンなどの卵胞ホルモンの分泌を促す成分)とLH(黄体刺激ホルモン→主にプロゲステロンなどの黄体ホルモン)という物質に再合成されます。
したがって卵巣機能が低下すると相対的にゴナトトロピンの消費量が減るため、血液中にはFSHやLHが増加することになります。血液検査ではFSHやLHの血中濃度が基準値より高くなっている場合に更年期障害の確定診断の決め手となります。
また視床下部や脳下垂体は脳幹と呼ばれる器官の一部で、脳幹が自律神経をコントロールしているのでゴナトトロピンの消費量が減ると分泌サイクルに異常をきたすようになり、自律神経が混乱し更年期障害を発症しやすくなります。

まとめ

更年期障害とはエストロゲンの分泌量不足で起こります。これはよく知られていますが、エストロゲンは女性の生理周期に合わせて卵巣で作られています。

しかし卵巣には生理周期をコントロールする能力がないためその指示は視床下部という部位で行われます。生理周期に合わせて視床下部からはゴナトトロピン放出ホルモンが脳下垂体に向けて放出され、その指示に基づいて二種類のゴナトトロピン「FSH(卵胞刺激ホルモン)」と「LH(黄体刺激ホルモン)」が分泌され卵巣がそれを受けて女性ホルモンを作り出すというシステムになっています。
エストロゲンは卵胞ホルモンなのでFSHの刺激によって合成されます。
卵巣機能が低下すると女性ホルモンの産生量が減り相対的にゴナトトロピンの消費量が落ち、自律神経が乱れて更年期障害が起こるという仕組みです。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います