40代半ばからの更年期に差し掛かると、胸やけ、胃がもたれた感じ、胃痛、ゲップ、すっぱい液体が喉に上がってくるなどの不快な症状に悩まされる方も少なくありません。
特に食後このような胃の症状に悩まされることが多くなり、症状が強くなると嘔吐を引き起こすことがあります。このような症状は「逆流性食道炎」と言われていて高齢者に起こりやすい症状ではありますが、更年期障害によっても起こりやすくなる病気です。
頻繁な逆流性食道炎から自分は更年期障害ではないか、と気づく方もいるような更年期世代には身近な逆流性食道炎に注目し、原因や更年期障害との関係を見ていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害でも起こりやすい逆流性食道炎とは

正常な胃と逆流性食道炎の胃

逆流性食道炎とは、強い酸性をした胃酸や胃液、胃液と混ざった消化される前の食べた物などが食道に逆流してくる病です。
食道に逆流したものが留まり付着することで食道が炎症によって荒れてしまい、胸やけなどの胸の不快感、口や喉の方に胃酸が上がってくる呑酸、喉の違和感、咳、声がかすれて出にくいなどの症状があらわれます。
食道と胃の境目の部分には、胃の入口である「噴門(ふんもん)」という部分があります。本来は胃酸への抵抗力の弱い食道を守るため、胃液が食道に戻らないように噴門にある下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉が働き、噴門を開閉して胃酸が逆流することを防いでくれています。
しかし、次のような原因によりこの筋肉の働きが低下すると、胃酸が逆流しやすくなり食道の粘膜が荒れてしまいます。
  • 食事内容が高脂肪、高たんぱく質に変化し欧米化していること
  • 食べすぎ
  • 肥満
  • 酸性の強い食品や刺激成分を含んだ食べ物を摂取している
  • 加齢によるもの
  • たばこやアルコールの影響
  • 猫背などで姿勢が悪く背中が曲がっていること など

更年期に逆流性食道炎が起こる可能性

逆流性食道炎が起こる要因としてストレスが深く関係しています。

ストレスは胃酸を過剰分泌させ胃酸過多の状態を引き起こし、逆流性食道炎が悪化すると言われています。更年期と呼ばれる40代から50代にかけての年代は人生の節目にもなる出来事が多い年代であり、生活環境がガラッと変化することによってストレスや疲労が溜まりやすくなります
すでに更年期障害による女性ホルモンの減少によって、自律神経が乱れ自律神経がコントロールしている胃や腸などの消化器系の働きが低下している上に、ストレスによってさらに追い打ちをかけるように胃腸の症状が悪化する可能性が高くなります。
また、胃液には強い酸が含まれていて、症状が強い場合は胃酸によって食道に潰瘍ができてしまうこともあります。
逆流性食道炎を防ぎ改善するには、ストレスを上手に解消することに努め、症状が強く出ていたり日常生活や仕事に支障が及ぶようであれば、早めに病院での診察を受け治療を行うようにしましょう。他の病の可能性が考えられるケースもあるので、きちんと診断してもらうことが重要です。

まとめ

ゲップによって胃酸が上がってくる症状は、喉に不快な感覚を与え気持ちも落ち込みます。そのような時は胃腸が弱っていると自覚し、食べたいけれど食べるとまた逆流性食道炎が起こるので消化の良い食べ物を自然に選ぶようになります。

ただでさえ感じやすくなる更年期でのストレスが、心身の不調による心配や不安で蓄積されるのは悪循環です。逆流性食道炎の症状がセルフコントロールで落ち着けばいいのですが、病気への自己判断は非常に難しく更年期障害によってリスクが高まることからも気になる症状があれば、早めに検査を行ってみてもいいでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います