40歳を過ぎると女性には更年期障害、男性にはLOH症候群という病気が約半数の人を襲います。

どちらも細かい原因は違いますが、“ホルモンバランスと自律神経の異常からくる体調不良”ということには変わりありませんし、自覚症状にも共通性が多く見られます。
特に初期の段階で見られる症状に「滝のように噴き出す汗」があります。これは男女ともにかなりの高頻度で出てくる症状で、女性の更年期障害では約8割の人が経験するといわれています。
多汗の発作は時と場所を選ばずまた体臭の原因になるなど面倒な症状ですが、中にはこの発作から自分が更年期障害を発症したこちに気づく例も多いといわれています。
そこで今回は更年期の男女を悩ませるホットフラッシュ(多汗)について説明し、それを緩和するためのセルフケアなどについても解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期に見られる異常発汗の原因

汗をかいている白衣女性

更年期になるとかなりの高頻度で発症する更年期障害(男性はLOH症候群)の一つが「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状です。
そもそも更年期障害やLOH症候群とは加齢によって性ホルモンの分泌量が減ることで自律神経のバランスにも悪影響を生じ、そこから数々の健康被害をもたらすというものです。

そしてホットフラッシュは更年期障害(以後LOH症候群を含むこととします)の初期から中期に多い症状で、いきなり発生するホットフラッシュ発作である多汗や発熱感(頭がぼーっとする、熱っぽく感じる)で自分にもいよいよ更年期障害が起こったのではないかと疑いを持つ人も多いというほどメジャーな症状になります。

ただし、ホットフラッシュの詳細な原因や治療法は現在のところ確立されていません。あくまでも更年期障害の一症状として対症的な治療法が行われます。(ホルモン補充療法)
しかし、どうして更年期になるとホルモンバランスが乱れ、自律神経にも障害が生じるのでしょうか?
もともと「更年期」という言葉は女性の閉経を軸に据えていて、閉経までの5年間と閉経後の5年間の合わせて10年間のことを意味しています。
日本人の閉経年齢の平均は50.5歳と言われているので年齢にすると45歳頃から55歳ころまでの10年間ということになります。もちろん個人差がありますので、だいたい40歳を過ぎた頃から男女とも更年期障害には注意して早めの対策を講じたほうが良いとされています。
肩を抑える女性
女性の更年期を例にしてホルモンバランスと自律神経の関係を説明すると、閉経までの5年間は初期の更年期であり、女性の生殖器官である卵巣や子宮、膣、乳腺などの機能が緩やかに低下していきます。
卵巣は生理周期に合わせて卵子や女性ホルモンを作り出す臓器ですが、ここから分泌されるエストロゲンという女性ホルモンには心身のメンテナンスを行う副交感神経を活性化させるという働きがあります。
副交感神経とは寝ている時やリラックス中に優位になり、ストレスを解消し体の不調を癒す中枢神経なのですが、エストロゲンが不足すると活性化が不安定になり、メンテナンス不良から辛い自覚症状を伴った更年期障害を発症するようになります。
ホットフラッシュはまだ卵巣の活動が比較的活発なところから不安定になることで起こる症状だと考えられています。
具体的な症状としては
  • 多汗
  • 耳鳴り
  • 集中力の低下
  • 顔面紅潮
  • 頭痛、頭重感
  • 頚部腫脹
  • 発熱感
などが起こります。
一方で男性の方ですが、こちらには「閉経」という生理現象はありません、しかし同様に40代を過ぎた頃から基礎代謝が落ち、精巣の機能が低下することで男性ホルモンの分泌量が不安定になります。
テストステロンと呼ばれる男性ホルモンには自律神経中の交感神経を優位にするという作用があります。この神経は副交感神経とは逆で活動中に優位にたち、集中力ややる気を向上させる、興奮をコントロールするなどの働きがあります。
男性型の更年期障害であるLOH症候群ではこうした活力をみなぎらせる神経が不活性化するため、精神症状(うつや慢性的な倦怠感)、性欲の低下、ED(勃起不全)などが起こりやすくなるのです。
頭をかかえる男性
しかし、自律神経が乱れるという点では更年期障害と同じであり、ホットフラッシュなど重複する症状が多いというのも特徴の一つです。
男性には更年期以降「加齢臭」という問題が付きまといます。加齢臭の原因も「多汗」によるものですが、ホットフラッシュが男女共におこる更年期の症状だとするとどうして男性にばかり加齢臭がクローズアップされるのでしょう?
これにも幾つかの理由があります。

男性に加齢臭が多い理由

理由その1:筋肉量の違い

男性の体は女性に比べると筋肉量が多くがっしりとしています。
人は恒温動物で体温が一定ですが、その発熱量を最も多く生み出しているのは「筋肉」なのです。したがって、筋肉量の多さは基礎体温の高さと深い関連性があり、通常は男性の方が女性よりも基礎体温が高いということになります。
したがってただでさえ汗をかきやすい体質の上にホットフラッシュを起こすと余計に体臭が強くなり、また汗に含まれている臭気ガスは体温と共に周囲に放出されるので体臭として周囲にも認識されやすくなります。

理由その2:衣類の問題

男性は仕事の都合上肉体労働が多かったり、また夏場や室温の高い室内でもスーツや作業着など長袖の衣装で仕事をすることが多いものです。
そこで衣服に移った臭いが体温と共に放出されてしまうことになります。

理由その3:食事の好みの問題

男性はスタミナをつけるために脂っこい食事や臭いの強い食品(ニラやニンニク)を好んで食べる傾向があります。
また女性よりも喫煙率や飲酒量が多く、これらは全て「体臭」の原因となるものです。

理由その4:ストレスを溜め込む

自律神経の乱れからくる精神症状の一つに「うつ」があります。
男性の場合もともと悩み事を他人に相談せずに自己解決しようとする人が多く、また職場や家庭内のストレスを抱え込みがちです。医学的にも女性よりも男性の方がストレス耐性は弱いという研究結果が報告されています。
またLOH症候群では交感神経の不活性化からやる気が出ず、慢性的な倦怠感に襲われ女性よりも「うつ」を起こしやすいと言われています。
こうしたストレス過多な状態が免疫力を低下させ、臭いの原因菌の増殖を増長させる傾向があります。
ストレスを溜める男性

更年期障害による発汗対策

このパートでは具体的に更年期障害に於ける発汗に対するセルフケアや治療法について説明していきます。
基本的には発汗の原因である「自律神経の乱れ」をいかに穏やかにするかというのが主眼となります。

生活習慣の改善

自律神経は生きていくことを支える中枢神経です。心臓の鼓動、一日の生活パターンという具合に人には生活リズムというのがあります。
したがって自律神経はこの生活リズムの影響を強く受けることになります。いうまでもなく規則正しい生活の方が自律神経は安定しやすいということになります。
栄養バランスの取れた食事を3食しっかりと食べる、睡眠をしっかりと取る、一日のうちでリラックスできる時間を持つ、などできるだけ生活リズムを一定にするように心がけて下さい。

運動して汗腺を鍛える

科学的に運動習慣のある人はない人に比べると更年期障害やLOH症候群にかかりにくいとされています。
このことはすなわち、更年期を代表する症状であるホットフラッシュを起こしにくいということです。運動して汗をかくというのは逆効果なのでは?と思われがちですが運動で気分よく汗をかくことで汗腺が鍛えられ体温を維持する機能が正常に働きやすくなり、そのぶん自律神経が安定するのです。
筋トレする男性
したがって更年期に入った人はできるだけ早い内に運動習慣を持って汗腺を鍛え平時は多汗にならないようにすることをお勧めします。
更年期障害を予防・改善するには軽めのジョギングや1時間程度のウォーキングなど軽く汗をかく程度の有酸素運動でも効果があるとされています。
余裕がある人や慣れてきた人は次第に筋トレ(無酸素運動)をして筋肉量を増やすと代謝が上がり更年期障害はさらに落ち着きを見せるようになります。
ただし無理は禁物ですのでペースを守って行うようにしてください。軽めの有酸素運動は毎日継続するつもりで行いましょう。

ホットフラッシュに効く漢方薬

昔から更年期障害に伴うのぼせ(ホットフラッシュ)の治療には漢方薬が用いられてきました。
そこでここでも更年期障害の中でもホットフラッシュを抑制する効果の高い漢方薬を幾つか紹介しましょう。
1).温経湯(うんけいとう):女性の更年期障害ではよく処方される漢方薬ですが医療用なので一般の薬局では購入できません。
虚弱なタイプで貧血気味、冷え性、ほてり(ホットフラッシュでは上半身がほてり下半身は冷えるというケースが多く見受けられます)、唇の乾燥などを起こしている人向きの処方です。
2).加味逍遙散(かみしょうようさん):こちらは一般薬として薬局でも購入できる漢方薬です。体力は中等度以下でのぼせ感(比較的軽いホットフラッシュ)、肩こり、不定愁訴(いらいらするなどの精神症状)、便秘、不眠などの症状を抱えている人向けの処方です。
3).桃核承気湯(とうかくじょうきとう):この漢方も一般薬として購入可能です。体力は中等度以上、のぼせがちで高血圧とそれに伴う随伴症状(頭痛、めまい、肩こりなど)、便秘などの症状を持つ人に向いています。
*現在200種類以上の漢方薬が治療薬として認可されています。しかし、治療薬であるということは副作用への懸念があるということなので「漢方薬には副作用がない」という誤解は持たないようにしてください。
また、合成薬に比べると体質による効き目の違いが出やすいので、導入する際は漢方外来を受診するか、漢方に精通している薬剤師のいる薬局で購入することをお勧めします。

病院で治療を受ける

上記のようなセルフケアでは症状が十分に回復しない場合、あるいは多汗症(特に手のひらに滴るほどの汗をかくケースが多い症例です)や腋臭症(わきが)で日常生活に支障をきたすような場合は皮膚科にいって治療を受けるようにしてください。
女性の更年期障害ではその後婦人科での治療が行われるようになる可能性もありますが、とりあえず多汗が気になるようでしたら皮膚科を受診するのが妥当だと思われます。

まとめ

性別に関わらず、更年期になると発汗の多さが気になるようになります。これは更年期障害(男性はLOH症候群)を代表する症状の一つで「ホットフラッシュ」を起こしているケースが十分に考えられます。

特に男性は女性に比べると「加齢臭」に悩むことが多くなりますので、本文で説明している更年期に於けるホットフラッシュから発汗する仕組みについて知り、適切な対策を講じることをお勧めします。
セルフケアでは改善しない場合、我慢しないで皮膚科に相談するようにしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います