アロマオイルのような自然な植物であるハーブから抽出された成分をお茶にしたハーブティを生活の中に取り入れ、更年期障害の症状改善に役立てている方が多くいらっしゃいます
「更年期障害の諸症状であるホットフラッシュにより寝ても眠れず睡眠不足で辛かった日々が改善された」
「頻繁に起きていためまいや立ちくらみが無くなった」
「不眠が改善され、ひどい肩こりが軽くなった」
など、喜びの声がたくさん聞かれています。
欧米では早くから注目され自然治癒力を高めホルモンバランスや自律神経を整えるとして更年期障害の治療としても普及している方法です。ハーブの種類は大変多くありますが、ハーブに含まれている薬用成分がより更年期障害に有効な種類を選ぶといいでしょう。
ハーブをより身近に感じ積極的に生活に取り入れることで更年期障害の症状を和らげていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害に効果のあるハーブ

紅茶

ハーブティーはハーブを乾燥させたり、そのままの状態でお茶にするタイプとありますが、使用するハーブによって得られる効果も異なります。
ここでは特に更年期障害の症状緩和に効果のあるハーブティーをご紹介していきましょう。

レモングラス

インドを原産とするイネ科に属するハーブで、細長い葉っぱにはレモンと同じ成分が含まれていて程よい酸味が感じられるハーブです。

殺菌作用の高さから古くから薬草として愛用されてきて、タイ料理などのエスニック料理にも使われています。レモンに似た草のようなさわやかですっきりとした香りがリフレッシュ効果を高め、更年期障害で感じやすい倦怠感や憂うつな気分を解消してくれます。
また、衰えていく胃腸などの消化器系の働きを助け脂肪の消化を促進してくれます。血流を促す作用もあることから、妊娠中の方は使用を避けるようにしましょう。

ペパーミント

ヨーロッパを原産とするシソ科に属するハーブで、和名では「セイヨウハッカ」と呼ばれています。

熱を冷ます効果に優れているので、ほてりやのぼせを抑え更年期障害のホットフラッシュの改善に効果が期待できます。鎮痛作用が高いため頭痛を緩和させ、食べ過ぎや胃もたれによる胃痛や腹痛を和らげ消化を助けてくれます。
また、更年期障害で感じやすい、イライラ、不安、緊張など高ぶった心を穏やかに整え心身をリラックスさせ精神を安定させる作用があります。安眠に導く効果もあるので眠れないなどの不眠改善にも役立ちます。

ジャーマンカモミール

白い花が可愛らしくリンゴのような甘く爽やかな香りが誰からも愛されるハーブで、ヨーロッパを原産としています。
カモミールには、ジャーマンカモミールとローマンカモミールが存在しますが、ハーブティーにするには苦味の少ないジャーマンカモミールが主に使われています。

更年期障害の引き金にもなるストレスを緩和しリラックス効果に優れています。イライラしたり不安になりやすい心を穏やかに整え、気分を明るく前向きに整えてくれます。
また、ホルモンバランスの乱れを整える作用に優れているので、女性ホルモンの減少によって起こる更年期障害の症状緩和に役立ち、ホルモンの乱れが原因で起こる月経不順などの女性特有のお悩みにも改善効果が期待できます。痛みを静める働きも高いので、頭痛や生理痛などの痛みを和らげ不眠症状を改善してくれます。

ジンジャー

生姜として世界中で有名なジンジャーは、ピリッと感じる刺激のある味が特徴で古くから風邪の引き始めや魚や肉の臭み消しや香味野菜として活躍しています。

ジンジャーティーは生姜を乾燥させて入れたお茶で、身体を温める作用に優れ血行促進効果が高く、冷えを感じやすくむくみやすい更年期障害の不調を緩和させてくれます。血流を改善させることから、お血によって起こりやすい月経痛を和らげてくれます。
妊娠中の方は使用を避けるようにしましょう。

ダンデライオン(ダンデリオン)

たんぽぽ

日本ではたんぽぽとして馴染み深く、世界中では薬草として古くから愛用されてきました。根の部分を弱火で煎り抽出した成分をタンポポコーヒーといい、消化不良を改善したり母乳の出を促し、ノンカフェインでコーヒーのような味が楽しめるとして女性からの人気を集めています。
腸内環境を整えてくれるので便秘を改善し、利尿作用に優れていることからむくみなどの倦怠感を和らげてくれます。豊富な鉄分やミネラル、カリウムを含むことから、貧血を予防したり、更年期障害のイライラや不安になりやすい精神的な不調を穏やかに整えてくれます。

ラベンダー

紫色の美しい花を咲かせ植物をしても人気が高く「ハーブの王様」とも言われるほど有名なハーブのひとつです。
リラックス効果に優れているため、更年期障害によって緊張して高ぶりやすい心を穏やかにし怒りっぽくイライラした感情を鎮めてくれます。

ストレスによって感じやすい頭痛や肩こり、消化器系の不調による胃痛などの痛みや吐き気を軽減させてくれます。眠りにつけない時には、ラベンダーティーを飲むことで疲労を回復させリラックスさせてくれることで安眠に誘われます。

まとめ

更年期障害のためだけでなく、普段からリラックスタイムにハーブティーを取り入れている方も多いのではないでしょうか。ハーブティーはカフェインを含まないので、眠る前でも安心して飲むことができます。

優しく作用するので効き目は穏やかです。毎日のティーダイムなどに少しずつでも続けていきましょう。自宅で楽しむには、ティーポットにお湯とドライハーブを入れて3分ほど蒸らす方法があります。もっと手軽に楽しみたいなら、ティーバッグのタイプを使うと時短につながり便利です。
蜂蜜や砂糖で甘味をプラスしたりミルクで割るなどして、お好みの方法でハーブティーとの生活を続けていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います