寒い時期に冷えを感じるだけでなく、暖かい気候の中や快適な温度に保たれている場所でも手足や全身に冷えを感じること多くなってきていませんか?
特に更年期の世代に入ってから厚手の靴下や羽織るものが手放せないということが増えてきているのなら、更年期障害の影響があるのかもしれません。
また、冷えるということが更年期障害の症状を悪化させることもあり、冷えは万病の元とも言われているように出来るだけ避けていきたい症状です。
そこで、今回は更年期の冷えに注目し、更年期障害の影響で冷え性になりやすい原因を探り、冷え性への対策もご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害が引き起こす冷えとは

寒くて青くなる女性

40代半ば頃から感じることが多くなる更年期障害では、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が減少し自律神経の働きが低下している状態です。
自律神経は、興奮、緊張、ストレスなどの影響で働く交感神経と、休息、安静、リラックスなどの影響で働く副交感神経とで成り立っています。
この二つの自律神経が交互にバランス良く働くことで体内の血液の流れがスムーズにコントロールされています。しかし、更年期障害による影響で自律神経のバランスが崩れ血の巡りが滞っていて、体内の末端まで必要な血液やエネルギーが行き渡らず、更年期の冷えを引き起こしています。
さらに、自律神経は血流だけでなく体温調節を行う働きもあるので、体温調節が正常に行われないことで冷えを招きやすくなります。

更年期障害の冷えに負けない、体を冷やさない対策方法

ひらめく人

更年期障害による冷えの影響を最小限にするためにも、次のように普段から体を冷やさない生活を心掛けていきましょう。

体を冷やさない服装をし、温めアイテムを活用する

薄着やミニスカートなど肌を露出するような服装は避けるようにしましょう。

また、血流をよくするためにも、体を締め付けるようなきつい服装ではなくゆったりとした服装がおすすめです。腹巻やレッグウォーマー、暖かい素材の下着、湯たんぽなど温めグッズを取り入れをていきましょう。

適度な運動を取り入れる

女性は男性よりも筋肉量が少なく、更年期ではさらに筋肉量が減少しやすいことで冷えを悪化させやすくなります。適度な負荷のかかる運動を行って筋肉を鍛えることで、全身の血液の巡りが良くなり冷えの改善につながります。

入浴方法を見直す

入浴時はシャワーだけでなく、湯船にゆっくりと浸かり芯から温めるようにしましょう。入浴直後は、体が冷えないように速やかに着替え靴下を履くなどして湯冷めをしないように準備しておきましょう。

つぼを刺激する

冷えに効くつぼ(三陰交、足三里、湧泉など)を押してみる

体を冷やす食べ物を知り、なりべく避けるようにする

冷えを感じやすい方は、なるべく体を冷やす食べ物は避け体を温める食品を増やすようにしましょう。

夏に採れる野菜や果物、南国産の食べ物は体を冷やす作用が高くなります。体を温めるネギや生姜、根菜類などや温かい飲み物を意識して摂り、体の内側から冷やさない努力をしていきましょう。他にも白砂糖は体を冷やす働きがあるので、白砂糖の摂取量もコントロールしていけるといいですね。

まとめ

いつでもどこでも冷えを感じやすく寒がりになってしまった私は、この冬はカイロが欠かせません。また、入浴してもすぐに冷えてしまうので、疲れが抜けにくい感じがします。

冷えは更年期障害の症状を重くさせてしまうので、出来るだけ早く冷える生活から脱出したいですね。更年期障害による冷えには、血流を改善させることがポイントになります。
体内のめぐりが良好になると冷えの解消だけでなく、疲れにくくなったりメリットがたくさんあります。運動や食事の改善を行って、冷えに別れを告げてしまいましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います