気温が高いわけではないのに、急に顔を中心に真っ赤にほてり汗がしたたるほど出てきたり、人前でも構わずに体がほてり汗が噴き出して止まらない、このような経験は40代半ば頃の更年期世代の女性によく見られ、悩まされている方も多い症状です。
更年期でのほてりは、特に首や顔などの上半身に熱さが感じられることが多いようです。更年期障害だから仕方ないと我慢して不快なほてりを放置してしまっているケースも見られますが、正しい原因を知ることで改善策が見えてくるかもしれません。
そこで、今回は更年期障害のほてりについて考えていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害による「ほてり」が起こるのはどうして?

暑そうにする女性

更年期に入ると加齢によって卵巣の機能が低下し、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少します。
女性ホルモンのバランスが変化すると、血管の収縮、拡張、体温調節などのコントロールを行っている自律神経の働きが乱れていきます。
特に血管が拡張した際には、皮膚の表面に近い部分の血流が急増しやすくなり、この際に熱感として感じられる症状が更年期障害による「ほてり」となって現れます。
ほてりを抑えるセルフケアとしては、早寝早起き、適度な運動を続ける、入浴はシャワーでなくぬるま湯で、ストレスを溜めないようにする、など。
自律神経の働きを保つように日常生活を過ごすように心がけることをおすすめします。
また、慢性的にほてりを感じることが多いのなら、外出先で体温調節がしやすいように脱いだり着たりしやすい服装にし、ハンカチなど汗をすぐにぬぐえるグッズを持ち歩くようにしましょう。
ただし、「ほてり」は更年期障害に伴う症状以外でも見られることである、次に紹介する疾患でも「ほてり」が見られます。
●風邪、インフルエンザなど
→ウィルスが原因になり発熱し、ほてりの症状があらわれる
●甲状腺機能亢進症(バゼドウ病)
甲状腺ホルモンが過剰に分泌されることで、ほてりの他にも動悸、手の震え、甲状腺の腫れ、目が飛び出す、などの症状を伴うことがあります。
●高血圧症
体、顔のほてりが続く場合には、高血圧が原因になっていることもあります。
セルフケアを試みてもほてりが治まらず改善されず症状が続くのであれば、病院での診察を受け正しい治療を行うようにしましょう。

まとめ

気温が高いわけではないのに、何だか一人だけ暑がりで顔に汗をかいてしまう。接客業などで人前に出る機会の多い方にとっては、特にお悩みの種になりそうですね。

しかし、ほてり=更年期障害と必ずしも考えられるわけではないので、他の疾患の可能性も視野に入れて、症状がひどくなったりつらく感じられる場合には、早めに対応していきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います