やたら暑がりになりカ~っと体が熱くなったら突然大汗が噴き出す。ところ構わず起こるこの症状は、人前に出る機会が多い私も悩まされています。
暑くもないのに体がほてる、大量の汗をかく、顔が真っ赤に紅潮する、風呂上がりのようにのぼせた状態になる。など、このようなほてり、のぼせ、大汗などの症状は、40代半ば頃から起こりやすくなる更年期障害の症状の代表的な症状のひとつで、「ホットフラッシュ」と呼ばれています。
場所、季節問わずに起こる更年期のホットフラッシュには、7割~8割の女性がお悩みを抱えていると言われています。
そこで今回は、お悩みの方が多いホットフラッシュが、なぜ更年期障害で起こりやすいのか原因を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク


ホットフラッシュの原因とは

汗

更年期障害には、様々な心身の不調が現れ症状は幅広く人それぞれです。
症状によっては一見、甲状腺機能亢進症など他の病との区別が分かりにくいケースもありますが、「ホットフラッシュ」に関しては更年期障害特有の症状なので、ホットフラッシュがある=更年期障害の可能性が高い、ということになります。
更年期障害とは、加齢に伴い卵巣機能が老化し、女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することが引き金になり始まります。
ホルモンの分泌を支持している視床下部は、エストロゲンの分泌が支持通りに行われないことにストレスを感じ、同じ視床下部がコントロールしている自律神経にも悪い影響を与えます。
そして自律神経のバランスが乱れ、コントロールしている体温調節などの機能に支障を及ぼしほてり、のぼせ、大汗などのホットフラッシュの原因を引き起こすのです。
ホットフラッシュの原因をひも解くと、大元になる原因がエストロゲンの不足ということにつながります。ということは、ホットフラッシュを改善するにはエストロゲンの量がカギになり、セルフケア、病院で治療を行う場合にもエストロゲンを補充するような方法が主になるでしょう。

まとめ

ホットフラッシュをはじめとする更年期障害が起こる原因は、やはり女性ホルモンのエストロゲンの減少にあるようですね。

しかし、原因がはっきりしたということは、エストロゲンを補うようなことを取り入れれば、改善につながるということになります。
エストロゲンと同じような作用をすると言われているイソフラボンを意識して摂取したり、自律神経を出来るだけ安定させるようにストレスを溜めない生活などを心掛けていきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います