女性の場合基本的に「太りやすい」という傾向があります。これは男性に比べると体脂肪率が高いことと、成人後も妊娠や出産そして更年期などでホルモンバランスが崩れやすいからだと言われています。

特に30代以降は食欲が増したわけでもないのに急に太りだしたという人が多く見受けられます。
これは年齢からくる自然な現象(いわゆる中年太り)なのでしょうか?それとも40代以降に肥満傾向が顕著に見られるということから「更年期障害」を発症しているからなのでしょうか?
そもそも更年期障害もホルモンバランスの乱れから起こっているものなので中年太り=更年期障害なのでしょうか?今回は更年期と肥満の関係性について考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になると太ってしまう理由とは?

体重計に乗って青ざめる女性

「中年太り」という言葉があります。もうみなさん既にご存知の言葉だと思います。中年というのは青年と老年の中間という意味です。非常に曖昧ですが一般的には40代とか30代〜50代という考え方が当てはまるようです。
更年期が「閉経前後の合わせて10年間」と定義されているのに比べると随分曖昧な考え方になりますので「中年太り」というのも「中年になったから太る」というアバウトな考え方と言えます。
つまり中年になると太っている人の割合の方が多く見受けられるという程度の言葉で実際には中年になると太るということは今ままで真面目に研究されてきたことがないというのが現状です。
しかし、更年期障害が病気に認定されるにあたり、治療方法が研究されていく過程で性ホルモンが肥満傾向や体脂肪率の増減に深く関与しているという事実が突き止められました。
つまり「ホルモンバランスの異常」によって肥満傾向が生じる可能性があるのです。ただし、あくまでも「傾向が生じる」ということであり、必ずしもホルモンバランスの乱れによって肥満になるというわけではありません。
これは逆説的考えるとホルモンバランスを維持するように日頃から気をつければ肥満傾向は予防できるということでもあります。ただしこの理屈はあくまで健康体ならばという前提です。
40代以降になると肥満傾向が顕著になるには以下のような理由が考えられます。
  • ホルモンバランスの異常(特に出産後や更年期)
  • 年齢による代謝の落ち込み
  • 甲状腺機能低下症(橋本病)
などです。
それではこれら「太りやすくなる原因」についての詳細と対処法を説明していきましょう。

ホルモンバランスの異常からくる肥満傾向

元来男性に比べると女性は体脂肪率が高いので太りやすい体質であると言えます。

そして女性ホルモンの一種で更年期障害の直接的な原因物質であるエストロゲン(卵胞ホルモン)には血液中のコレステロール値をコントロールするという作用があり、最も理想的なホルモンバランスで生理周期が営まれている20代でも妊娠や出産でホルモンバランスが乱れると太りやすくなるという傾向が顕著に見られます。
妊娠後期から出産後は一気にエストロゲンの量が減ることで起こる現象としては
  • 肥満傾向
  • 出産後脱毛
  • 情緒不安
などがあり、更年期障害とよく似ています。
考える女性
更年期障害は「閉経に向けて女性ホルモン(主としてエストロゲン)の量が減ってホルモンバランスが大きく乱れる」→「副交感神経を刺激するエストロゲンが減り、自律神経失調状態が長期化する」→「更年期障害を発症する」という流れになっていますので、更年期(40代〜50代)になって急に体重が増えるということは更年期障害を発症している疑いが強まります。
更年期のホルモン減少対策としては
・生活習慣を規則正しいものにする:自律神経やホルモンバランスは女性の生体リズムを大きく左右するのでできるだけ規則正しい生活を心がけ自律神経が働くときに消費される性ホルモンの量を抑えることが有効な対策と言えます。
・睡眠時間を一定にする:自律神経には男性ホルモンの刺激を受けて活性化する交感神経(意欲や集中力を高めます)と女性ホルモンの刺激を受けて活性化する副交感神経があります。副交感神経はエスロトゲンによって優位に立ち主に寝ている間に人体の自然治癒力を高めるために働く神経です。
更年期では閉経の影響でエストロゲンの量が減ってしまうため、入眠時や起床時に自律神経を切り替えるためのエストロゲンの量を最小限に抑えるには寝る時間を一定にすることが重要です。
・ストレスを解消する:ストレスは万病の元と言われるほど人体にとって悪影響の強いものです。ストレス過多な人は自律神経失調症や生理不順、新陳代謝の乱れ(肌荒れ)、不眠を起こしやすいことからも分かるように自律神経やホルモンバランスはストレスに強い影響を受けているのです。
趣味を持ったり旅行に出かける、スポーツで汗をかくなどしてストレス解消を心がけましょう。女性の場合は友人との会話を楽しむことでもストレスを大きく減じることが可能と言われています。ストレスから自律神経が乱れれて太るということもあり得るのでストレス解消は肥満防止にも有効と言えます。
スーツケースを引っ張る女性
・栄養バランスの取れた食事を心がける:人は歳を重ねるほどに代謝が落ちエネルギー消費量も落ち込むため食が細くなっていきます。その流れに任せているとどんどん食欲が減退していき健康を維持するために必要なビタミンやミネラル、必須アミノ酸など食事からしか摂取できない栄養素が不足して健康を害してしまいます。
また食事から栄養素とエネルギー源を確保しづらい状況になると脳ではできるだけ代謝を落とそうという意識が働きます。体脂肪はエネルギー源の備蓄なので余計な体脂肪が増え太りやすくなります。
・適度な運動習慣を持つ:健康的なダイエットには運動が必須です。また運動することで代謝が向上しエネルギー消費が増えるので太りにくくなります。
運動効果は高齢者でも得ることが出来ますし、中年太りの一因でもある更年期障害を予防・改善するには1日1時間のウォーキングやそれに相当するぐらいの軽めの運動でも効果が期待できるので、運動習慣は是非身につけるようにしましょう。
これらの対策を講じることで更年期障害からくる肥満を予防、改善することにつながります。しかし更年期に太ったからといって即更年期障害を発症しているのか?というとそうではなく更年期障害以外にも以下のような理由が考えられるのです。

加齢からくる肥満傾向

前のパートでも説明していますが、人間は歳をとると自然と代謝がおち食が細くなっていきます。75歳以上の後期高齢者のほとんどが痩せているのはこのためです。

しかし、そこまで代謝が落ちる過程において脳は代謝が落ちて食欲が減退すると体内に備蓄されているエネルギー源を確保しようとする指令を出すため体脂肪率が増えます。これが加齢による中年太りの原因です。
対策としては更年期障害の予防・改善と同じことを実践することでアンチエイジング効果と肥満予防効果が得られます。
頬の肉を気にする女性

甲状腺機能異常

甲状腺は首の両側面にある免疫系の臓器です。気道に接しているため口や鼻から吸い込まれてくる病原菌にいち早く対応する非常にアクティブな臓器と言えます。

そのためちょっとした刺激にもすぐ反応し、また活動するには「甲状腺ホルモン」の働きが必要です。甲状腺ホルモンは文字どおり甲状腺から分泌されているホルモンですが、性ホルモン(ステロイドホルモン)と非常によく似た働きがあり、甲状腺ホルモンや性ホルモンのバランスが乱れても自律神経失調状態となります。
したがって代謝不良を起こす更年期は甲状腺の機能にもアンバランスが生じやすく、ホットフラッシュやヒステリー、不眠などが長引く場合には甲状腺機能亢進症(バセドウ氏病)、低血圧や頭痛、低体温症、肥満傾向が見られる場合には甲状腺機能低下症(橋本病)を発症している疑いも高まります。
甲状腺機能異常が慢性化している場合は専門医による治療が必要ですので代謝内科や一般内科、あるいはまずは婦人科の主治医に相談するようにしてください。
甲状腺ホルモンのバランスを維持するための対策も更年期障害の対策と同じです。健康的で規則正しい毎日を送りできるだけストレスをためないことが最重要課題です。

まとめ

更年期になって急に太りだしたとお悩みの方も多いのではないでしょうか?

更年期といえば更年期障害を想像します。確かに更年期障害の症状の一つに体重増加や肥満傾向がありますのでもしかしたら更年期障害を発症しているのかもしれません。
しかし、その場合はおよそ80%の人がホットフラッシュを経験しますので太ったこと以外にも火照りや多汗、イライラを感じている場合は更年期障害が原因と考えられます。
それ以外の場合は加齢によって自然と備蓄分のエネルギー源である体脂肪を老後にそなえて蓄えようとする老化現象の始まりかもしれませんし、また橋本病(甲状腺機能低下症)を発症している可能性もあります。
年齢的にも不安に感じた場合はまず婦人科に相談して更年期障害を発症しているかどうかを確認するようにしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います