40歳中ば頃を過ぎた母親ヒステリックになることが多く、対応に困りうんざりしてしまっている家庭のお話しをよく耳にします。
本当はそんなこと言いたくないし、したくないと本人もつらい更年期障害によるヒステリックに悩んでいるケースもありますが、本人に自覚がまったくない場合には、対処方法に家族が非常に悩まされます。
家族間、夫婦間に亀裂が入らないためにも、母親、妻のヒステリックに振り回され頭を抱えている立場からの解決方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害によってヒステリック母への対応

悩んでいる女性

更年期障害によって、精神的な不安定を招きヒステリックな状態になってしまった母親や妻への対応に困っているという体験談はたくさん寄せられています。
更年期障害は、女性ホルモン「エストロゲン」の減少によって起こるので、エストロゲンに似た作用をするものを取り入れたり、婦人科で適切な治療を行うことで症状が改善します。
しかし、自分が更年期障害であるという自覚がない場合は一番困るパターンであり、中には家族や夫が降参してしまい仕方なく一時的に距離を置くようにするという方法を選択しなければならないこともあります。
しかし、ヒステリックな母や妻をそのまま放置しておくと、症状は重くなりイライラ、ヒステリックから暴力に発展する可能性もあり危険な状況です。
一番の理想は本人がきちんと自覚し、病院の診察を受け適切な治療を受けることが大切です。また、夫や家族も母、妻の愚痴を聞いたり日頃の家事の労をねぎらい一言かけるなど、コミュニケーションを取ることも重要です。

まとめ

自分のヒステリックな言動が更年期障害によるものかもしれない、という自覚がない母や妻には、まず更年期障害の可能性を自覚してもらうことが改善への第一歩です。

しかし、そのことをストレートに告げてしまうと更年期の不安定な心では逆切れを起こしたりヒステリックがさらに悪化し、ますますとばっちりを受けてしまうこともあります。
気づいてもらうには他の友人や親戚に頼んだり、同席させるなどヒステリックを起こさないように何らか策を考えておくといいでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います