胃が重くて不快感を感じる、胃がもたれて食欲が出ないなどの胃もたれの症状は、更年期障害の中でも多く聞かれる症状のひとつです。
更年期障害は、胃腸などの消化器系の不調も引き起こしやすく、胃もたれを感じ始めてから更年期障害の症状が始まったという声も上がるほど代表的な症状でもあります。更年期障害緩和のために、食生活にも気を配りたい中で、胃もたれによって食欲が無くなり十分に栄養を摂取できないことも気になります。
また、胃が重い、もたれるという症状は更年期障害だけが原因というわけではなく、消化器系の病が関係しているケースもあります。そのため、胃もたれの症状が更年期障害によるものなのか他に原因があることで引き起こされているのかの見極めが重要になります。
そこで、今回は更年期障害の胃もたれに注目し、胃もたれの解消法や付き合い方をお話していきましょう。

スポンサーリンク


胃もたれが起こるのは、更年期障害が原因?

胃を抑えう中年女性

胃もたれは、胃がむかついたり、重く感じたり、鈍い痛みを感じることもあります。
食べ過ぎや飲みすぎなどが影響したり、脂っぽいものを食べたことによって胃腸に負担がかかり機能が低下することによって、消化が十分に行われず消化物が十二指腸へと運ばれずに途中で停滞している状態です。
しかし、胃もたれには胃の機能の不調だけでなく、更年期障害やストレスが関係しているケースもあります。更年期障害は、45歳を過ぎたあたりから女性ホルモンのバランスが崩れることもより自律神経が乱れることで起こります。
自律神経は、交感神経と副交感神経で成り立っていて、副交感神経が主に胃腸の働きをコントロールしています。更年期障害によって自律神経の働きが乱れ交感神経が高ぶると副交感神経の働は低下し、胃や腸が十分に働かなくなります。そのために、更年期障害が影響して胃もたれが起こりやすくなるのです。
また、子供との関係や夫婦の問題、親との関係などによってライフイベントや生活環境の変化も受けやすい更年期世代では、ストレスや疲労を感じやすくなります。
ストレスは交感神経を高め副交感神経が低下するため、胃腸の機能は低下しやすくなります。さらに胃腸はストレスの影響を受けやすい器官であることからも、更年期にはストレスを解消することに努めていきましょう
胃もたれが長期に渡って続いたり、満席的な胃もたれの場合は胃潰瘍やその他、胃の疾患の原因も考えられます。胃の不快な症状や他の症状を感じたら、早めに病院へかかり医師の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

胃もたれの状態が続くとお腹がもやもやした感覚で気分が悪く、心まで落ち込みやすくなります。
出来れば早く解消したい症状ですね。原因は更年期障害によるものやストレス、病など様々ですが、根本的な原因を解決するほかに、同時に日常生活を改善することも症状を緩和させる近道になります。

まずは、胃もたれを起こしている胃を休ませてあげるために、消化の良い食べ物を摂るようにして暴飲暴食はしない。そして、体内のめぐりを良くするためにストレッチを行ったりツボ押しも効果があるようです。入浴は温めのお湯でゆっくり行いましょう。出来ることから取り組んで、胃もたれの不快感から解放されましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います