40代に入ると更年期障害を意識する方も多いことでしょう。少し調子が悪い時があると、更年期障害かなぁなんて、気になる年齢になってきました。

しかし、プレ更年期という言葉も良く目にするようになってきて、若い方でも更年期障害を発症することもあるようで、更年期障害はいったいいつから始まるのか?と疑問に感じます。
更年期障害がいつから始まるのか、おおよその時期を知っておくことで生活や食べるものを意識し、更年期障害に備えることができますね。
そこで、今回は更年期障害はいつから始まるのか、期間についてお話をしていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害はいつからいつまで?

疑問を感じる女性

更年期障害の症状が現れるおおよその期間について、男女別にお話ししていきましょう。
まず、女性の場合では閉経がひとつの目安になります。
日本人女性の平均閉経年齢は50歳~51歳とされていて、閉経の前後5年間ずつ約10年間が更年期と定義されています。
つまり、40代半ばから50代半ばころまでが更年期ということになり、この間に更年期障害として不定愁訴が起こりやすい期間であると言われています。
男性の場合では、目安となる閉経がある女性と異なり更年期という明確な基準がありません。
しかし、更年期障害は男性にも見られることで、男性更年期障害(LOH症候群)が多く見られる世代は40代後半から50代です。
男性の場合は、女性と比べて更年期障害に関わりやすい年齢が幅広く、早い場合では30代から遅いケースでは70代以降でも症状が見られるという特徴があります。
困り顔の男性
更年期障害が起こりやすい期間は、お話ししたとおりですが、男女とともにホルモンの減少スピードや減少するタイミングには個人差があります。
そのため、はっきりと明確に「いつからいつまで」と期間を断言することは難しくなり、単純に他人と比較することもできないことになります。
また、体調不良の原因がすべて更年期障害とは限らず、更年期障害かどうかは病院でホルモンの数値などを検査して診断されます。気になる症状がある場合は、自己判断せず早めに病院へ行くようにしましょう。

まとめ

体調が優れず、イライラすると更年期障害の影響かしら・・・なんて思うこともありますが検査したわけではないので、結局はっきりした事は分かりません。

更年期障害を意識しすぎると、自分が更年期障害になっているように思いこんでしまうので、あまり良くありませんね。誰もが通る道ではありますが、症状が起こる年齢や症状にはとても個人差があります。
更年期障害と無縁という方の特徴として、更年期ということを全く意識していないということがあります。更年期?何それ?という感じです。病は気からという言葉があるように、あまりいつからということは意識せず、のんびり構えていた方が良さそうですね。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います