一度発症するといつ終わるとも知れず続くのが更年期障害です。その自覚症状の数々はとても辛く、中には精神症状(うつ状態や不眠など)もあるため、病気や通院またはコスト面などの不安が平時よりも負担に感じることが多く見受けられます。
しかし、更年期障害は閉経を迎え再びホルモンバランスが落ち着くと自覚症状も落ち着きを取り戻し、元の生活に戻ることができます。
大切なのは病気のことを正しく理解したうえで、治療を受けたり対策を立てることです。
今回は辛い更年期障害がいつ終わりを迎えるのか、その仕組みについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


年齢的にもキツイ更年期障害の自覚症状はいつまで続く?

悩んでいる女性

女性にとって更年期障害はとても辛い自覚症状を伴う非常に厄介な病気です。
若い頃は病気ひとつしたことの無い元気な人が40代後半になって突然いくつもの自覚症状を発症するのですから、更年期障害という病気に対する不安やまた、治る病気なのか?、治るとしたらいつなのか?、一体いつまで続くのか?、通院はずっと必要なのか?など不安は増すばかりでしょう。
まるで終わりのないトンネルの中を歩いているかのような不安がつきまとう、それが更年期障害という病気です。
しかし、この病気は「閉経」という女性であれば誰もが迎える自然な生理現象の中で起こるものですので、「閉経」を迎えると再びホルモンバランスは安定してそれまで悩まされてきた自覚症状の数々も次第に落ち着きを取り戻して日常生活を送ることができるようになります。
説明する医師
では漠然としか理解されていない「更年期」とは具体的にはいつぐらいのことを言うのでしょうか?
医学的には更年期を“閉経をはさんだ前後5年のこと”と定義しています。日本人女性の平均的な閉経年齢は50歳から51歳の間とされているので、更年期は45歳〜55歳までを意味するということになります。
しかし、これはあくまで一般論であり閉経を迎える年齢には個人差がありますが、だいたい自覚症状を覚えてから通常は10年間はいくつもの症状が入れ替わり立ち替わり断続的に起こると考えていた方が良いでしょう。
更年期障害は閉経に伴い卵巣機能が低下していきエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの分泌量が低下していくことで起こる病気です。
エストロゲンには自律神経の中で「癒し」や「自己修復機能」を制御している「副交感神経」を刺激して活性化させるという役目があるので、分泌量が減ることで心身のメンテナンスが不十分となり様々な健康被害をもたらすことになるのです。
ホルモンバランスや自律神経は生活習慣と深い関わりがあるので、日頃から不規則な生活をしていたり、乱れた食生活や運動不足、睡眠不足の人はそれだけホルモンや自律神経の乱れが大きいぶん症状も重くなり、発症期間も長引くことになりやすいと言えます。
逆説的には日頃から生活習慣を正し、栄養バランスの取れた食事と睡眠をちゃんととり、適度な運動習慣を持つ人はそれだけ症状も軽く、発症期間も短くて済むということになります。
ですから、ここで一度自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

いつまで続く?更年期障害:治療と投薬について

病院のイラスト

前のパートでも説明した通り、更年期障害には終わりがありますが、個人差もありいつまで続くかというのは正直なところ不明です。
症状が重ければそれだけ長期化する可能性があるので、日常生活や仕事に支障をきたすような症状の場合は無理をせずに婦人科で治療を受けるようにしましょう。
更年期障害には幾つかの治療法がありますので、それを紹介していきたいと思います。

ホルモン補充療法

この病気の直接的な原因はエストロゲンの分泌量の低下なので、それを物理的に補う治療法である「ホルモン補充療法」が最もスタンダードな治療法になります。

この治療法では合成ホルモン製剤を使って投薬治療を行います。薬には内服薬(飲み薬)と外用薬(貼り薬や塗り薬)があり、症状に合わせて
  • エストロゲン単剤
  • エストロゲン+プロゲステロンの複合剤
  • プロゲステロン単剤
が処方されます。
この治療法は効果が高い反面
  • 不正出血
  • 下腹部痛
  • 乳房のハリや痛み
  • PMS(月経前症候群)のような症状
などの副作用もあり、人によっては副作用が強く出てしまうケースもあります。
青ざめる女性
また、過去にエストロゲンが由来とされる次の疾患にかかったことのある人や手術を受けたことがある人はホルモン療法が適用できない場合があります。
(エストロゲン由来疾患)
・乳がん
・乳腺症
・子宮筋腫
・子宮内膜症
など。
また、現在ホルモン補充療法は健康保険が適用される治療なので3割負担として初診時には検査費用等も含めてだいたい7,000円前後になりますが症状が落ち着いてくると2ヶ月に1回程度の通院になります。
薬代はだいたい2ヶ月分で1000円程度ですのでそれに診察料と処方箋代、そして必要があれば検査代が加算されることになります。(平均すると2ヶ月で2000円前後と思われます)
そして気になる期間の方ですが、これには個人差があり一概には言えません。長い人だと10年以上治療を継続する場合もあり、症状が軽い人でも2年程度は必要とされています。
また薬の中止は症状が軽快したからといって自己判断で中止するのではなくちゃんと医師の指示に従って行うようにしてください。
自己判断で飲んだり飲まなかったりすると一向にホルモンバランスが安定せず、いつまでも更年期障害が続いてしまう可能性もあります。
ホルモン補充療法が継続される特例

将来的に骨粗鬆症や高脂血症にかかる危険性がある人の場合は更年期終了後もホルモン補充療法が継続される場合があります。
これはエストロゲンの「骨を丈夫にする作用」と「血液中のコレステロール値を適切に保つ」という効果を継続させるためです。

プラセンタ注射

注射器の写真

プラセンタとは「胎盤」のことで医療用医薬品(病院で取り扱う薬のこと)としての治療薬に限り人由来のプラセンタ製剤の使用が許可されています。
プラセンタには女性に必要なホルモンや栄養素が豊富に含まれているパーフェクト臓器とも言われています。副作用などについてはホルモン補充療法よりも少ないと言われていて、効果も高いとされています。
しかし、医薬品に認定されている以上副作用はついて回ります
ホルモン補充療法と同様、物理的に女性ホルモンを補うことを目的として行われるため副作用については同じような症状が出ると考えてください。
また、注射ですので通院の負担と費用負担はホルモン補充療法よりも大きくなります。
通院のペースは症状の重さやエストロゲン量にもよりますので通院期間も含めて医師の指示に従うようにしてください。
プラセンタ注射では他にも幾つか注意すべき点があります。
まず一つに生体製剤は安全性にちょっとした問題点があるということです。つまり100%の割合で感染症などに汚染されている細胞を取り除くのは不可能であるという点です。
各製薬会社とも安全性には十分な配慮はなされているとは公表していますが、合成薬に比べるとこの点はリスクとなります。
そして、保険適用されるのは皮下・筋肉注射のみです。他にも方法としては静脈注射や点滴、埋没療法などがありますが、こちらは自由診療(保険証が使えない治療法)となり、皮下・筋肉内注射に比べると安全性が問題視されているので受ける際には十分に注意をしてください。

長引く更年期障害を少しでも楽に乗り切るための対処法とは?

頭痛をこらえる女性

ここまでの説明で更年期障害はホルモンと自律神経のバランスが乱れることによって起こるということを理解していただけたと思います。
自律神経には次のような働きがあり、「生きていくことそのものを支えている重要な中枢神経」であることがわかります。
(自律神経の働き)
・内臓を動かす
・体温調整をする
・免疫機能を制御する
・自発呼吸を促す
・筋肉を動かす
・代謝を促す
・睡眠を誘う
・その他、排泄、食欲、性欲などをコントロールする
などです。
したがって「生活習慣」と非常に密接な関連性があります。そこで自律神経のバランスを調整するには生活習慣のリズムを一定にすると少ないホルモンでも十分に機能させることができるようになります。
その証拠に男性は女性よりもはるかに少ない女性ホルモン量でも日常生活を送ることができますし、女性は少ない男性ホルモンでも生きていくことが可能です。
要はそれまで女性ホルモンの供給元として頼っていたところ(卵巣)が機能しなくなることで一時的な混乱をきたすと考えてもらえればいいのです。
そこで生活習慣を見直すにあたっては次に挙げる点に注意するようにしてください。

食生活の見直し

お豆腐

実際に婦人科で更年期障害の治療を受ける際にも必ずといっていいほど行われるのが「食餌療法」です。
更年期障害では全体的に代謝の落ち込みが顕著に見られるため、栄養バランスの良い食事を3食きちんと食べることが基本となります。
また、推奨される食材や栄養素としては
  • 大豆イソフラボン
  • 良質なタンパク質
  • ビタミンC
  • ビタミンB群
  • ビタミンE
  • 必須ミネラル
  • 必須アミノ酸
  • 食物繊維
  • 乳酸菌
などです。
特に大豆イソフラボンは体内でエストロゲンと同じように働くフィトエストロゲンという物質の代表格なので豆乳や納豆、豆腐などの大豆加工食品は積極的に摂るようにしましょう。

市販の漢方系医薬品の活用

袋に入った薬

まだ更年期障害が病気と認知されていなかった時代から市販薬では更年期障害用の治療薬が存在していました。
今でも圧倒的な人気を誇るのが次の二つの漢方系医薬品です。
・命の母A:更年期の女性のための専門薬です。13種類の生薬(漢方の原料)の他にも医療用成分のビタミン類をバランス良く配合した独自の漢方処方の治療薬です。
・ルビーナ:ルビーナは「四物湯(しもつとう)」と「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」という女性の更年期に効果があるとされている二つの漢方薬を「連珠飲」という処方で調合している漢方系医薬品です。
命の母Aとはまた異なった処方ですので、命の母Aでは効果が得られないという人に選ばれている一般薬になります。
また、現在漢方薬の効果が再認識されていて270種類ほどの漢方薬が医薬品の認定を受けています。市販されている漢方薬は全て第2種医薬品に指定されていて、ネット通販やドラッグストアーなどでも気楽に購入することができます。
漢方の世界では古くから女性特有の不調(更年期障害や生理不順など)に効果があるとされている「女性三大処方」というのがあるのでそちらも紹介しておきましょう。
・加味逍遙散(かみしょうようさん):虚弱体質で疲れやすく、ホットフラッシュや冷え性で悩んでいる人向け。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):体力は中程度で、血色が悪くのぼせ気味でめまいのある人向け。
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):虚弱体質で貧血気味、生理不順が顕著で心臓に負担がかかりがちな人向け。
*漢方薬は体質によって効果が全く変わってきますので、購入の際には薬剤師に相談の上買い求めるようにしてください。

病院に行くほどの自覚症状ではないという人は・・・

説明する白衣女性

この病気の自覚症状の強さはどのような生活習慣を送ってきたのか?運動習慣はあるのか?ストレスの度合いはどうか?などによって大きく個人差が出ます。
したがって比較的軽度で病院に行くほどでもないという人の場合はサプリメントを利用することで対処することができます。
サプリメントは医薬品ではなく一般食品のカテゴリーですので、副作用などの心配はほとんどありません。薬との飲み合わせや食物アレルギーには注意が必要ですが、投薬を受けてない状態なら問題ないでしょう。その分、サプリメントは商品数が多く、ここに列挙していくのはナンセンスなので更年期対策としてお勧めの成分を記載しておきます。
いずれの成分もいろいろと配合されているタイプよりも、特徴となる成分が相対的に多く摂れる単一成分のものが良いでしょう。
・大豆イソフラボン:前のパートでも説明しているように大豆イソフラボンはフィトエストロゲン成分です。ただし取りすぎは無意味であるばかりは女性疾患の既往(特に乳がん)がある人は再発のリスクがあるので1日の摂取目安量を守るようにしてください。
・プラセンタエキス:医療用医薬品とは違いサプリメントで使われているプラセンタは馬や豚由来のものです。しかし生体成分であることは変わりないので、安全性には特に注意して買い求めるようにしましょう。
・エクオール:エクオールとは「発酵大豆成分」のことです。これは大豆イソフラボンが人の小腸内で吸収されるときに善玉菌や酵素の働きによって再合成されるもので、イソフラボン以上にエストロゲンに近い働きをすることで話題となっています。
人の体内で作られるため副作用などのデメリットは少ないと考えられていますが発見されてまもない成分ですので安全性を危惧する声もあります。
・高麗人参:すでに高麗人参の存在を知らない人はいないでしょう。それぐらい日本でもメジャーな和漢成分です。とても効果があるということは理解している人が多いと思いますが、では具体的に何がいいのかというのは長い間謎に包まれていました。しかし、長年の研究によって高麗人参にしか含まれていない「ジンセノサイド」という成分がめぐりを良くし、乱れた体内バランスを再調整してくれることが判明しています。
・マカ:男性向けの精力増強成分として知名度が上がっているマカですが、原産地の南米では女性の更年期や不妊症の民間療法でも用いられています。マカもめぐりを良くする作用に優れています。
・ローヤルゼリー:欧米では古くから女性疾患の民間療法で用いられてきた成分です。働き蜂の5倍は長生きで連日卵を産み続ける女王蜂の神秘の女性力が宿っていると考えられてきましたが、実際に女性に必要なミネラルやアミノ酸、ビタミン類が豊富に含まれている健康食品です。
黄色いボトルのサプリメント

まとめ

一度発症すると非常に辛い症状が続き、またその治療にも通院の負担や費用の不安がつきまとうのが女性の更年期障害です。「更年期とは閉経をはさんだ前後5年間のこと」と定義されているので、10年は更年期障害のリスクが高くなるということになります。

発症した場合どうしても体が言うことを聞かない、日常生活や仕事に悪意影響を及ぼしているという重症な人は無理をしないで病院(婦人科)で治療を受けることが重要ですが、そこまで重症ではない人はセルフケアも可能ですので、本文にある対処法を実践してみてください。
大事なことは更年期障害はやがて終わる日が来ると信じて治療を続けることです。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います