更年期に入り更年期障害が始まると、体への変化だけでなくイライラしたり、ヒステリーを起こす、気持ちが落ち込んで不安になることもあります。

心も不安定になりやすいのです。感情起伏が激しく、心が不安定になる、自分の感情がコントロールできない、という、いわゆる「情緒不安定」という状況は更年期に起こりやすく、周囲にいる人々は、突然情緒不安定になり感情が激しくなった様子に対して戸惑いを感じることでしょう。
更年期に入ってから穏やかだったパートナーや母親の性格がガラッと変わってしまったとして困惑しているという声も聞かれています。
また、感情の起伏がコントロールできない本人もとても苦しい思いをしていることでしょう。
そこで、今回は更年期障害で起こりやすい「情緒不安定」を取り上げ、心の安定を守る方法をお話ししていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害の症状でもある情緒不安定になってしまう理由と改善策

イライラする女性

40代~50代にかけて経験することの多い更年期障害は、加齢によって卵巣機能が低下し女性ホルモンの「エストロゲン」が減少することで様々な変化が起こります。
エストロゲンは生殖機能だけでなく脳の働きのコントールにも関わっていて、エストロゲンが減少することで神経伝達物質の「セロトニン」の働きが低下します。
セロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれていて、精神の安定を図る役割もあります。セロトニンの働きが低下することで、精神的に不安定で情緒不安定になるのです。
また、更年期という年代には人生の節目に当たる出来事が多くなり、様々なライフイベントがあります。
子供の巣立ち、夫の定年、親との死別など大きなストレスや疲労を感じる変化によって、更年期障害の症状がさらに悪化してしまうケースもあります。
不安定な心を穏やかに整えるには、次にご紹介するようなケアに取り組んでみましょう。
  • 女性ホルモンの減少を緩やかにするように、エストロゲンと同じような作用を持つ大豆製品などの摂取を心掛ける
  • セロトニンの分泌を促すために、朝はきちんと起床し朝日にあたる、戸外で太陽の光を浴びるようにする
  • 更年期に起こりやすい環境の変化によって、ストレスや疲労を溜めないように自分に合ったリラックス方法、ストレス解消策を持ち、心を穏やかにするケアを行うようにする
更年期では特に心のバランスを崩しやすくなります。辛く悩んでいるのは自分だけではないかもしれませんね。
穏やかに過ごしたいという気持ちを忘れずにセルフケアに取り組んで、どうしても改善されない場合は、速やかに医療機関で受診をするようにしましょう。

まとめ

更年期障害で苦しいのは、体だけでなく心のコントロールも効かなくなってしまうからです。私の母も常にイライラしている時期があり、情緒不安定でした。

しかし子供の頃の自分は更年期障害など理解していなかったので、どうしたのだろうと思っていました。不安定な母親と外出しても楽しいわけがなく、憂うつだった記憶があります。
そんな母も60歳近くになると穏やかな性格に戻り、荒々しかった以前が嘘のようです。更年期障害には必ず終わりがありますが、長い方では10年間ほどの時間を過ごすことになります。
家族や周囲とよい関係を築くためにも、情緒不安定の波は穏やかにできるように出来ることから取り組んでいきましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います