50歳頃になって急に体調が悪化するあるいは精神的に不安定になる、これは更年期障害が重症化しているサインです。更年期障害は50歳頃に症状のピークを迎えると言われているのです。

どうして50歳前後が重症化のピークになるのか、まだ詳細はわかっていませんが「閉経」によってエストロゲン(女性ホルモンの一種で卵胞ホルモン)の分泌量が一番低い状態で不安定になるからだと考えられます。
更年期障害には様々な症状がありますが、最も代表的な症状であるホットフラッシュも重症化すると肌荒れやうつ状態、不眠など深刻な症状に発展する可能性があります。
そうなる前に40代になって心身の異常や不調を感じた場合はあまり無理をせずに婦人科を受診するようにしましょう。
今回は更年期障害が悪化するとどうなるのか?また自覚症状が強い場合は他の病気を発症している可能性があるのかどうかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害が重症化するとどんな症状が起こるの?

体調の悪そうな女性

40代〜50代の男女のおよそ6割を襲うというのが更年期障害(男性の場合はLOH症候群)です。
しかしいきなり強い症状が出るのかといえばそうではなく、積極的な治療が必要な重症例は全体の約2割で、年齢的には50歳前後がもっとも自覚症状が強まると言われています。
女性の場合は「閉経」の平均年齢が50.5歳なのでちょうど更年期障害のピーキング(絶頂期)と一致します。
閉経と更年期障害のピーキングの一致に関しての詳細な関連性はまだ解明されていませんが、性ホルモンの分泌が低い段階で最も乱れがちになるからではないかと考えられています。
そもそも更年期障害やLOH症候群というのは自律神経失調症の一種です。自律神経は性ホルモンの刺激を受けて活性化する神経で、人の命の営みそのものを支えている最も基本的かつ重要な中枢神経です。
男女共年齢からくる代謝不良に加え女性の場合は「閉経」という身体変化が重なって自律神経失調状態が長期化し更年期障害やLOH症候群を発症することです。
また人生における40代〜50代というのはストレスフルなライフイベントが重なって起こりやすいので、ストレスの影響を受けやすいホルモンバランスや自律神経はさらに乱れやすくなり重症化する傾向があります。
では、更年期障害やホットフラッシュではどのような症状が起こりうるのでしょうか?
自律神経失調状態ではおよそありとあらゆる症状が起こりえますが中でも代表的なものを挙げていきましょう。

更年期障害の症状について

更年期障害発症を代表する症状には以下のようなものがあります。

ホットフラッシュ:更年期障害を起こす人のおよそ8割が発症すると言われている体温調整機能異常です。上半身に血流が集まり、顔を中心として強いのぼせ感を覚え、頭がぼ〜っとしたり目の充血や熱感をおこし大量の汗が出ます。一回の発作は30分から2時間程度ですが重症化すると1日に何度も発作が起こります。また冬場やエアコンの効いた室内など気温が低い場合でも発作が起こるので汗対策(首筋の血管を冷やす、濡れタオルで汗を拭くなど)が重要です。
顔を真っ赤にする女性
・下半身の冷え:ホットフラッシュを起こすと上半身に血の巡りが偏るため、下半身では逆に冷えを起こします。したがって下半身冷え性や末端冷え性はホットフラッシュに合併する確率の高い症状になります。
・不定愁訴(ふていしゅうそ):こちらもホットフラッシュに合併しやすい症状で、頭がぼ〜っとすることでちょっとしたことでイライラして怒りっぽくなったり、自制心が効かなくなったりします。
不眠:ホットフラッシュ発作は寝ている間でも起こるため寝汗や寝苦しさで夜中に何度も目が覚め、不眠を合併しやすくなります。またエストロゲン不足によって副交感神経が鈍化すると寝ている間も交感神経が優位の状態になり眠り全体が浅くなってしまう傾向が出てきます。
・うつ状態:不定愁訴が長期化すると「うつ状態」になります。慢性的な倦怠感、疲労感、意欲や集中力の低下、健忘などの精神的な症状加えて首や肩の強いコリ、腰痛、筋肉痛、頭痛、ふらつきなどの身体的な症状もよく起こります。
体重の増加減少:エストロゲンには脂肪代謝を促す作用があります。このためエストロゲンが不足すると脂肪の代謝率が落ち太りやすくなります。
また代謝の落ち込みや下記の消化器症状が出てくると今度は次第にやつれていきます。
生理不順:閉経とは12ヶ月以上連続して生理がこない状態ですので、閉経に向けて生理が不安定となり閉経後は完全停止します。また生理でもないのに出血が起こる不正出血も起こります。生理不順は全ての女性に起こると考えてよいでしょう。
消化器症状:吐き気、胸焼け、胃のもたれ、腹部膨満感、便秘、下痢などの消化器症状が起こります。
・循環器症状:息切れ、動悸、不整脈などが起こります。
胸を抑える女性
筋肉痛、腰痛、頭痛:主に血流障害によっておこる筋肉のこわばりが原因の腰痛や頭痛です。緊張型頭痛に片頭痛が合併する「混合型頭痛」を起こす場合もあります。
・こむら返り、むくみなどの代謝異常:基礎代謝が落ち込むことで疲労物質や老廃物の代謝がうまくいかず、こうした不純物を多く含んだ水分が細胞の間にたまりがちになりこむら返りやむくみを起こしやすくなります。
・耳鳴り、ふらつき:自律神経は「脳幹」と呼ばれる脳と脊髄の接点あたりに存在する器官がコントロールしています。聴覚に近い部位なのでストレスや自律神経失調によって三半規管に狂いが生じ耳鳴りやふらつき感が起こることがあります。またこれらの症状は血流障害の一種である低血圧でも起こりえます。
・・・と代表的なものを挙げただけでもこれだけの症状があり、どれも悪化させると日常生活に多大な悪影響を及ぼす可能性があります。
特に「うつ状態」や「不眠」は自力での対処が難しい症状で、更年期障害に合併した場合でも婦人科ではなく精神科や心療内科で投薬治療や心理カウンセリングを受けることになります。

LOH症候群の症状について

LOH症候群はテストステロンという男性ホルモン不足によって交感神経が不活性化すると起こる自覚症状の数々です。

交感神経は日中に活性化し、やる気や意欲を高める中枢神経ですのでこれが鈍化すると
  • うつ状態
  • 不定愁訴
  • ED(勃起障害、射精障害)
  • 記憶障害
などの精神症状が起こりやすくなります。
身体的な症状としては
  • 前立腺肥大
  • 排尿障害、腎機能障害
などが起こりやすくなります。
また最終的には自律神経失調状態へと移りますので多くの自覚症状において更年期障害と一致することが多い病気です。
また男性の場合は交感神経が不活性化するため女性よりも精神症状を起こすリスクが高いと言われています。

他の病気の可能性は?

疑問を感じる女性

更年期のほぼ全ての女性が生理不順や不正出血を経験します。
しかし下腹部痛や大量出血を繰り返す、嫌な臭いの“おりもの”や不正出血が増えるなどの場合は
  • 子宮内膜症
  • 卵巣がん
  • 子宮体がん
などの女性疾患が考えられます。
またセルフケアでホルモン製剤を服用しているケースや美容外科等でホルモン注射を受けている場合は乳がんへのリスクも向上するので定期的に検診を受けるようにしてください。
他にもホットフラッシュを起こす病気として
  • 甲状腺機能関連疾患(橋本病やバセドウ氏病)
  • 耳鳴りや回転性のめまいを起こす特発性難聴やメニエル病
  • 筋肉痛や関節のこわばり、変形、痛みを伴う関節リウマチや膠原病などの自己免疫性疾患
  • エストロゲンには骨を丈夫にする作用があるため、不足すると骨がもろくなる骨粗鬆症
  • 生活習慣の乱れから起こる高血圧や動脈硬化症、糖尿病などの生活習慣病
  • パニック障害や統合失調症、認知症などの精神疾患
なども更年期障害と間違えやすい病気ですので、症状が長引くようなら一度婦人科でホルモンの状態を調べてもらいしかるべき治療を受けるようにしてください。
多くの人が「なんとなく調子が悪いけど治療を受けるほどではないので病院に行かない」というケースが多いのですが、そんな時は市販薬や漢方薬、年齢対策サプリメントなどを使ったセルフケア+生活習慣の見直しを心がけ、それでも症状が改善しない場合はできるだけ早く婦人科(男性の場合は現出する症状による診療科)を受診することが重要です。
早期発見早期治療を行うことが治療効果を確実にするための鉄則です。

まとめ

更年期障害は病気としてはかなりの高頻度で発症する病気です。その発症率はなんと40代〜50代全体のおよそ6割にも達します。

しかも治療が必要な重症例は2割に達するのです。かつては初期の老化現象として病気とは認められていなかった更年期障害ですが、中には仕事や家事に大きな悪影響を及ぼし、自力での対策が困難な症状もあるため、現在では病気として認定されています。
近年は男性も更年期が適用され男性の更年期障害と言える「LOH症候群」が認知されつつあります。治療を受ける際に注意しなければならない点として、更年期障害もLOH症候群も一部の治療については自由診療なので「体調が悪いな」と感じたら市販薬やサプリメントを活用し、それでも改善しない場合は医療機関で治療を受けることをお勧めします

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います