更年期障害の多くは東洋医学でいうところの「未病」であると言われています。未病とは病気になる手前の段階で治療を受けるような状態ではないもののなんとなく体調不良を感じているという症状です。

更年期障害であれば「ほてって汗が出る」、「下半身が冷える」、「ストレスが溜まりやすくいらいらする」などを感じていても日常生活や仕事に支障をきたすほどではなく、我慢しようと思えば我慢できるという程度が「未病」に該当します。
しかし、体調不良を感じていることは事実なのでどうにかしてセルフケアで緩和できないかどうかを知りたくてネット等を使って調べている人も多いことでしょう。
今回はそんな更年期障害をセルフで緩和したい人に向けて、正しい対策方法を説明していくことにします。

スポンサーリンク


更年期障害を緩和する方法

更年期障害が加齢からくるホルモンバランスの乱れによって生じる自律神経失調症の一種であるということはすでに多くの方がご存知のことでしょう。
女性の場合は閉経という自然な身体変化の中で起こる健康被害のことを更年期障害と言います。そして自律神経は内臓を動かしたり血流を調整したりと人の意識とは無関係に「生きていくため」に仕事をしているとても大切な中枢神経です。
私たちは自律神経の働きがないと生きていけないと言っても過言ではありません。
そしてその自律神経は性ホルモンの刺激を受けて活性化するのです。自律神経には集中力や意欲を高める交感神経と、癒しや心身のメンテナンスを行う副交感神経があり、その時々の心身や周囲の状態に合わせて適宜切り替えながら命の営みを支えています。
この時交感神経はテストステロンという男性ホルモン、副交感神経はエストロゲンという女性ホルモンの刺激を受けて優位に立ちます。
更年期になって女性ホルモンの分泌量が減ると副交感神経が優位に立てなくなり、メンテナンス不良から体のあちこちに障害を生じるのが更年期障害発症の原因の一つです。
そして女性ホルモンの分泌量低下は生理周期の乱れをまねきます。女性の場合生理周期によって体調が変化するという独自の生体リズムを持っています。20代がもっともホルモンバランスが安定し性ホルモンの分泌量も多く生理周期が一番正常な状態で維持されています。
しかし、全ての女性はやがて閉経を迎え、卵巣や子宮などの女性生殖器の働きがほとんど停止してしまうことで、女性ホルモンの分泌量が激減してしまいます。
生理周期は自律神経によって運用されているため、生殖器が異常をきたすと正常な運用ができなくなり司令塔である自律神経自身が混乱してしまいます。これも更年期障害を発症する原因の一つになります。
ぐったりしている女性
そしてもう一つの原因が40代〜50代という年齢にあります。人生におけるこの年代は非常にストレスがかかりやすい時期です。
例えば更年期障害以外の年齢からくる体調不良や子供の自立、夫の親の介護や相続の問題などというストレスフルなライフイベントが立て続けに起こりやすいので、ストレスの影響を受けやすいホルモンバランスや自律神経が乱れがちになるのです。
こうした原因を背景として更年期障害は発症します。その割合は更年期(40代から50代)を迎えた女性のおよそ60%から70%と言われています。
しかし、婦人科でのHRT(ホルモン補充療法)やその他の治療を受けるほどの重症例になると全体の20%程度になるので多くの人が「なんとなく不調を抱えながら日々を過ごしている」ということになります。
日常生活に支障がないとはいえやはり体調不良は辛いものです。そこで少しでも更年期障害を緩和するために自分でできるケアはないものかと探している人は次にあげる対策を立ててみてください。
早めの対策は緩和効果をあげるためにもとても重要になってきます。

更年期障害を緩和する方法:食事

料理をする女性

食事は人が生きていく上で最も基本的であり重要な行為です。健康を維持するためには人の体内では合成できないミネラルやビタミン、必須アミノ酸などの成分が必要ですし、年齢とともに体内で合成できる健康成分も量が減ってきてしまいます。
そこで更年期を迎えたら尚更意識して栄養バランスの取れた食事を心がけることが重要になるのです。代謝が落ちて食欲がないあるいは太るのが嫌だからと食事の回数を減らしたり、極端なダイエットに走ると更年期障害を重症化させる危険性があります。
更年期になるとホルモンバランスが大きく乱れるためこの乱れを抑制する次のような栄養素を意識して食べるようにすると自覚症状を緩和させる効果が期待できます。
ビタミンE:ビタミンEにはホルモンバランスを調整する働きがあります。また血流を改善させる働きもあり、更年期障害に多いのぼせや冷えを緩和する作用が期待できます。
ビタミンEを多く含む食材はアボカド、かぼちゃ、ナッツ類などです。
亜鉛:卵巣に多く含まれているミネラル成分でホルモンバランスを整える作用があります。
亜鉛を多く含む食材は牡蠣、レバー、黒ごまなどです。
大豆イソフラボン:エストロゲン(女性ホルモン)とよく似た働きをするため更年期障害の不調の中でも特に数が多いホットフラッシュの緩和に効果が期待できます。それ以外にも自律神経を整えてくれるので、ふらつきや骨粗しょう症(エストロゲンの骨を丈夫にする作用と同じ効果)の予防などが期待できます。
名前の通り大豆加工食品である豆腐、豆乳、納豆、味噌などに多く含まれています。
ビタミンB1、ビタミンB12:若返りのビタミンと呼ばれるのがビタミンB群です。中でも自律神経の働きをサポートするのがビタミンB1とビタミンB12です。
ビタミンB1は豚肉やレバー、ビタミンB12はアサリや牡蠣などの貝類に多く含まれています。
ビタミンC:抗ストレス作用、免疫力向上、抗酸化作用が確認されている健康成分です。柑橘系のフルーツやイチゴ、キウイ、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜にも豊富に含まれています。

更年期障害を緩和する方法:アロマ

アロマポット

嗅覚は自律神経にダイレクトに働きかけ、様々な健康効果や抗ストレス作用をもたらすということがわかっています。
例えばバラの香りや植物の芳香でリラックスすることも自律神経を活性化させていることの証左です。自律神経が乱れがちな更年期にはアロマテラピーもおすすめの緩和法になります。
ゼラニウム:甘い香りがあり、心身のバランスを整える作用があります。更年期のイライラを鎮め巡りを改善する効果が期待できます。
・ジャスミン:気分を落ち着かせ適度なやる気を起こさせるような爽やかでフローラルな香りです。気分が落ち込んでいる時ややる気が起こらない時、またちょっとしたことでイライラしてしまう時、眠りが浅いと感じる時はジャスミンを試してみましょう。
・ラベンダー:アロマテラピーの中でも特に人気の高い艶やかな香りです。心身のバランスをとる作用があり、また体内の水分量を調整してくれるのでむくみや肩こりなど巡りが悪い時にも効果的です。
・バラ:女性に好まれる華やかな香りです。鎮静作用がありリッチな気分がホルモンバランスを調整してくれます。

更年期障害を緩和する方法:薬

薬を説明する白衣女性

食事やアロマテラピーだけでは症状の改善が見られない人は市販薬を試してみましょう。
昔から更年期障害用の治療薬として人気があるのは
命の母A(小林製薬)
・ルビーナ(武田薬品)
です。
どちらも漢方処方ですが漢方薬にプラスαの工夫で治療効果を上げています。命の母の場合は生薬+ビタミン類、ルビーナの場合は二種類の漢方を組み合わせた連珠飲という独自処方になっています。
また漢方薬にも3大女性処方というのがあり、現在でも更年期障害の治療ではよく用いられています。
・加味逍遙散(かみしょうようさん):中等度以下の体力で、のぼせや不定愁訴(ふていしゅうそ)などの症状を伴った更年期障害に向いています。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):比較的体力があり、生理痛やのぼせ、足の冷えなどを伴う更年期障害に効果があります。
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん):虚弱体質で冷え性や貧血が顕著な場合の更年期障害に効果があります。
ただし漢方処方や漢方薬にも副作用がありますし、漢方薬は体質によって効果の差が激しいので薬剤師に相談した上で購入するようにしてください。
もし、副作用をできるだけ避けたいなら薬ではなく更年の悩みや女性の年齢対策サプリメントを活用するという選択肢もあります。

まとめ

更年期障害の多くは病気の一歩手前で治療を受けるほどではないけど何と無く体調不良を感じるという程度で収まっている人が多く見受けられます。しかし不調が長引くとやはり辛いものでなんとかして緩和したいと思っている人がほとんどではないでしょうか?

こうした状態を東洋医学では「未病」といい市販の更年期障害治療薬のほとんどは漢方処方であり、また漢方薬にも3大女性処方というのがあり、昔から更年期障害の治療に用いられてきました。
ただし漢方は体質による効き目の違いが激しい上に副作用も懸念されます。できるだけこうしたリスクを避けたい人は更年の悩み対策用サプリメントなどを活用するのも良いでしょう。
また更年期障害の原因でもあるホルモンバランスや自律神経の乱れを改善するには食事の見直しやアロマテラピーも効果的です。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います