血色が良いのは健康的な印象を与えますが、度が過ぎる赤ら顔や顔が火照って赤くなるのは自律神経の障害を起こしている可能性があります。
顔面紅潮を起こす原因として最も代表的なのが「精神的なストレス」と「ホットフラッシュ」です。
緊張すると一時的に顔が赤くなるのは誰もが経験することですので病気ではありませんが、ちょっとしたことで極度に緊張して頭に血が上ってしまうのは精神的な問題を抱えている可能性が考えられます。
また「ホットフラッシュ」は更年期障害を代表する症状に挙げられています。数多くの女性を悩ます症状ですので、今回はこの赤ら顔と更年期障害の関係性について学んでいきましょう。

スポンサーリンク


顔が赤くなる更年期障害の症状とは?

顔を抑える女性

更年期とは一般的に45歳〜55歳の10年間を指しています。
しかし、個人差があるため概ね40代を迎えて何かしらの身体的な不具合が重なって起こるようになると更年期障害を疑った方が良いとされています。
学術的には「閉経をはさんでその前後5年間の都合10年間を更年期という」と定義されていて日本人の閉経の平均的な年齢が50歳〜51歳となっているので、一般的な更年期は45歳頃から始まり55歳頃までを言うということになります。
閉経に向かう準備段階に入るのが閉経前の更年期(前期更年期)ですので、この時期の女性の体の中では特徴的な変化が起こり始めます。それが女性器官の機能低下です。閉経を迎えると完全に妊娠や出産ができない体になります。
したがって前期の更年期障害では
  • 月経不順
  • 不正出血:月経以外でも出血すること、機能的なものと器質的なもの(出血量が多い、痛みがあるなどの重症のケース)があり、器質的な不正出血は他の病気が原因となっている場合があります。
  • 下腹部痛
  • 下痢や便秘を繰り返す
  • 腹部から下半身にかけての冷え性
などが起こりやすくなるとされているのです。
この時点ですでに「更年期障害」が起こっていると考えられますが、もう一つ更年期障害を経験する女性のおよそ80%に起こるのが「ホットフラッシュ」です。
「ホットフラッシュ」は自律神経に異常が発生し体温調整機能が正常動作しなくなり下半身は冷えるものの上半身(特に顔)は一時的に血流量が異常に増し、体温が上昇して
  • 顔面紅潮:顔の皮膚付近の血管が膨張し、皮膚から血管が透けて見えることで赤くなっているように見えます。
  • めまい
  • 頭痛、頭重感
  • 耳鳴り
  • 多汗
  • 首筋の張り
  • 肩こり
  • 眼圧の上昇(高血圧状態)
などの症状が起こります。
肩を抑える女性
そしてホットフラッシュ発作は季節や時間、場所を問わずに現れ、数時間で引いていくというのを繰り返します。
重症例の場合は1日に何度も発作を繰り返し、寝ている時にも起こるため不眠になり、そうしたストレスが蓄積して「うつ」を発症する場合もあります。
このように緊張からくる一時的な顔面紅潮とは明らかに異なる特徴的な症状を持つのがホットフラッシュですので更年期になって赤ら顔が気になったら「ホットフラッシュ」と「更年期障害」に十分注意し早めの対策を立てるようにしましょう
ここで更年期障害が発生する仕組みについて簡単に解説していきたいと思います。
まずは発症のメカニズムをフローにしてみましたのでごらんください。
・更年期になり閉経に向けて卵巣機能が低下する

・エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が低下する

・エストロゲンによって活性化する副交感神経がエストロゲン不足によって機能しなくなる

・自律神経のバランスが乱れる

・様々な健康被害が起こる(更年期障害の発症)
という流れです。
結論から言えば「更年期障害」とは年齢からくる自律神経失調症の一種で、性ホルモンの分泌量不足によって自律神経内の交感神経(覚醒、興奮、集中などを制御するアクティブな神経で、テストステロンという男性ホルモンの刺激で活性化する)と副交感神経(鎮静、癒し、メンテナンスなどを行う神経でエストロゲンという女性ホルモンの刺激で活性化する)との切り替えがうまくいかなくなってしまう状態なのです。
女性の場合は精神的な癒しや身体のメンテナンスを制御する「副交感神経」がうまく働かなくなってしまうので辛い自覚症状を伴う健康被害に見舞われることが多くなります。
ホットフラッシュの原因が更年期障害である場合は次のような対策を立てると効果的です。

栄養バランスの取れた食事を3食きちんととる

健康を支えるためには身体の中では合成できないビタミン群や必須ミネラル、必須アミノ酸などを食事から補う必要性があります。

また食事の時によく噛んで食べることで顎関節が発達し自律神経に適度な刺激を与えバランスを取りやすくなります。

生活習慣を規則正しいものにする

スッキリ目覚める女性

特に寝る時間と起きる時間を一定にすることに重点をおきましょう。
実は自律神経を切り替える際に必要な性ホルモンの量はごくわずかで、そのために必要な分は副腎皮質という組織からも分泌されています。
しかし、卵巣が元気な時はエストロゲンの供給元を卵巣に依存しているため、更年期になると自律神経は不調をきたすようになるのです。
このような時は寝る時間を一定にすることで脳はその習慣を記憶し、少ないエストロゲン量で副交感神経を起動させることができるようになります。

運動して筋肉量を増やす

女性は男性に比べると筋肉量が少ない体つきです。筋肉から発せられる熱は身体の中の総発熱量の6割〜7割を占めるため、筋肉量が少ない女性は男性に比べると基礎体温が低めです。

また生理によって出血することが多いため鉄分が不足し鉄欠乏性貧血や低血圧になりやすく、「基礎代謝」は男性よりも不安定になります。
これも更年期障害を起こす一つの大きな理由ですので、運動して筋肉を鍛えることで基礎代謝の乱れる幅が小さくなり、更年期障害を悪化させるリスクが低下していきます。
ただし、運動が苦手な人がいきなり筋トレをすると怪我の元になりますので、最初は周囲の景色を見渡しながら楽しめる程度のゆるいペースのジョギング、1日1時間程度のウォーキング、ヨガ、全身のストレッチなど軽めの有酸素運動から始めると良いでしょう。これだけでも十分な効果が得られます。
毎日続けることが重要ですので、無理のない負荷の運動から始めるようにしましょう。
ジョギングする女性

ストレスケアを行う

自律神経やホルモンのバランスは精神的なストレスによっても乱されます。

緊張すると汗をかくというのも自律神経に大きな負担がかかっているからですし、ストレスで生理不順やPMS(月経前症候群)になったという人も多いのではないでしょうか?
このように更年期障害にとってストレスは大敵ですので、趣味を持って楽しむ、カラオケで大声を出す、旅行に行くなど適宜ストレスを解消する方法を身につけておけばそれだけ更年期障害全体をケアできることになります。
こうした対策を取ってもホットフラッシュの十分な改善効果が見られない場合には
  • 市販薬(命の母A、ルビーナなど)を試す
  • 漢方薬を試す:更年期障害時の代表的な漢方薬には「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」、「加味逍遙散(かみしょうようさん)」、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」があります。
  • 婦人科を受診する:更年期障害の治療の第一選択肢はホルモン補充療法になります。
など適切な「治療」を受けるようにします。
しかし、治療で使われる薬には副作用が付いて回ります。これは生薬を中心とした一般薬や漢方薬でも同じです。
また漢方薬は飲み方への注意(空腹時に飲む)や体質による効き方の差が合成薬より大きいので婦人科で処方してもらうか、漢方に詳しい薬剤師が常駐している薬局等で相談しながら購入するのをお勧めします。
また、「治療」を受けるほどでもないのでセルフケアだけにとどめたい人の場合は、上記の対策をより効果的に実践するために高麗人参などの和漢でも有名な原料を主成分とした「めぐり対策サプリメント」を導入することで食事の改善や運動だけではなかなか効果が上がらなかった人でも実感できるようになる可能性が高まります。

まとめ

赤ら顔はなんらかの原因で顔に血液が集中し皮膚付近の血管が膨張して血液が透けて見えている状態です。この時顔の温度は上昇するためのぼせたり、大量の汗をかくようになります。

このような症状を「ホットフラッシュ」と呼び、更年期障害では8割近い人に見られる代表的な症状です。
もし、年齢が40歳を超えて赤ら顔や火照り、多汗などが起こっている場合には更年期障害を疑いましょう。
原因が更年期障害であればしっかりと対策を立てるとホットフラッシュも自然と落ち着きを見せるようになります。心当たりのある人はまずは婦人科で検査をしてもらい、適切な治療もしくは対策を立てるようにしてください。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います