更年期を迎えた女性の多くが経験し悩まされることが「倦怠感」です。

寝ても疲労が抜けない、やる気が出ない、何をするのにもだるい、体が重くて横になりたい、など細かい症状の内容は様々ですが、40代以降にこのような倦怠感を感じるのは更年期障害の影響によるものと考えられます。
更年期障害による「倦怠感」は、だらだらと続くことが多いのが特徴で、休んでもすっきりと倦怠感は解消されるというわけではなさそうです。
家事や仕事などやらなければならないこともあり、ずっと横になって休んでいることもできないので、自分の心身にムチを打って頑張っている方も多いことでしょう。
そこで、今回は更年期障害の「倦怠感」に注目し、原因から解消方法を見つけていきましょう。

スポンサーリンク


更年期障害によって「倦怠感」はなぜ起こる?

ぐったりしている女性

更年期になると加齢に伴って卵巣機能が老化していきます。
すると女性ホルモン「エストロゲン」が減少しホルモンバランスの乱れから、脳からの指令が思うように体に届かず脳は混乱していきます。
するとこの影響から自律神経がバランスを崩し働きが低下することで体調不良を起こしたり、「倦怠感」を感じやすくなります。しかし、この状況を元に戻そうとする自然な働きが加わり、それでも体が頑張って働きます。
この元に戻そうとする働きが自然に起こることによって、疲れやすい、疲れが抜けない、体がだるい、など倦怠感の症状が起こりやすくなります。
他にも、更年期には加齢に従って筋肉量も低下しやすく代謝量が減ることから、以前ほどエネルギーが生成されないという背景もあります。このような更年期に起こる変化によって「倦怠感」が生まれやすくなるのです。
「倦怠感」を緩和するには、まずはセルフケアで改善を試みることも必要です。原因に合わせた効果的な方法を下記でご紹介していきましょう。
①女性ホルモン「エストロゲン」と同じような作用を持つ「イソフラボン」が豊富に含まれている大豆製品などを積極的に食事に取り入れるようする
早寝、早起きをして太陽の光を浴びる。規則正しい生活を送り、自律神経の働きを正常にするように心がける
③ストレッチなど軽い運動を取り入れる。夜眠る前数分間使ってストレッチをするなど、体調を考えて軽い運動を行ってみる。疲れていたり体調の悪い時は無理に行わない。
④無理はしない
倦怠感から体調不良や疲れがあるならば、無理をしないで家族にも家事などを分担して手伝ってもらうことが必要です。更年期障害による倦怠感は、決して怠けているわけではいので、家族や周りの友達にも理解を求めていきましょう。

まとめ

しっかり睡眠を取ったはずなのに眠くてだるい、と感じる「倦怠感」は若い頃には感じなかった事です。残念ながら衰えること全く逆らうことは不可能です。

しかし、老化スピードを抑えたり老化の程度を軽くすることは可能です。
更年期障害の症状は仕方ないとあきらめずに、出来ることから改善をはじめていきましょう
どうしても体調が優れない、「倦怠感」で横になってしまうことが多いなら、他の原因の可能性も視野に入れ、医療機関を受診し適切な治療を受けるようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います