エイジングケア」という言葉は主に年齢肌を改善する言葉として用いられます。女性の40代〜50代といえば更年期障害を発症しやすい年齢で、乾燥肌やシミ・小じわなどの肌トラブルも更年期障害の症状の1つなのです。

肌の代謝のことは新陳代謝(ターンオーバー)と言います。更年期は全身の代謝が落ちることで新陳代謝も停滞しがちになります。
こうした年齢肌を迎えたら若いころとは肌質自体が変わっているため同じスキンケア化粧品(基礎化粧品)を使い続けると強い刺激を受け続け肌トラブルを防げなくなってきます。
そこで今回は更年期障害のサインでもある年齢肌を予防・改善するためにはどのような基礎化粧品を選べば良いのかについて説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期になると見直したいスキンケア用化粧品

ニキビに困っている女性

更年期障害では様々な自覚症状が伴いますが、中でも見てすぐピンとくるのが年齢肌です。
ひとくちに年齢肌と言っても
  • 乾燥肌
  • シミ
  • 小じわ
  • ほうれい線が目立つ
  • たるみ
  • 発赤
  • 大人ニキビ
など様々なものがあります。
これら全ての肌トラブルは新陳代謝と呼ばれる肌の代謝機能が落ちることで起こります。
では、なぜ更年期になると肌のコンディションが悪くなってしまうのでしょうか?
更年期とはおよそ45歳〜55歳ころまでの10年間を意味しています。これは医学的な更年期の定義が閉経をはさんだ前後5年とされているからです。
日本では平均的な閉経年齢が50歳前後なので、もっとも更年期として多い年齢が45歳〜55歳です。ただし、個人差があるので40歳を超えたころから更年期を意識してホットフラッシュや不定愁訴、肌荒れなどの体調不良を感じたら更年期障害のサインだと考え早めの治療や対策を講じることが推奨されています
更年期の基準となる閉経とは生理が完全停止した状態が12ヶ月以上連続した場合に確定となります。生理が止まるということは女性ホルモンの分泌量が極端に減少することで、それが原因で様々な体調不良を起こすのが更年期障害です。
また年齢的にも肌代謝(新陳代謝)が落ち、古い細胞が新しい細胞と入れ替わって肌のコンディションを保つターンオーバーが滞りがちになります。実はこの肌のコンディションの調整役としても女性ホルモンの一種であるエストロゲンが深く関与しているのです。
頬に触れる女性
女性ホルモンの分泌が盛んに行われもっともホルモンバランスが安定しているのは20代と言われています。生理周期が順調なため卵胞期と呼ばれる月経開始から排卵が始まるまでの期間は卵巣からエストロゲンが豊富に分泌され肌ツヤが良くなります。
これはエストロゲンが持つコラーゲンの分泌を促す働きによるものです。このことからも更年期になり女性ホルモン全体の分泌量が落ちると当然のこととしてエストロゲンの分泌量も減少するので潤い成分であるコラーゲンが減り肌トラブルが起こりやすくなります。
20代と更年期である40代半ばから50代前半にかけてのコラーゲン量を比較するとおよそ1/3にまで落ち込むとされています。したがって20代〜30代にかけて行ってきたスキンケアと更年期のスキンケアは肌質そのものが違うので見直した方が良いということです。
更年期にもっとも多い肌トラブルは乾燥肌なので保湿性重視の基礎化粧品を選ぶようにします。20代では洗顔後に化粧水をつけるだけでも十分潤いが保てていたものも、年齢肌はそれだけでは不十分なので乳液や美容クリーム、パックなども使用するようにします。
また、刺激に対しても敏感になっているので良質な天然型の植物性オイルや高浸透型の保湿成分を主成分とした年齢肌用低刺激基礎化粧品を同じシリーズで使うことをお勧めします。無添加オーガニックタイプのものが良いでしょう。
年齢肌用化粧品の成分としてよく見られるのが
  • シアバター
  • オリーブオイル
  • ローズエキス
  • ココナツオイル
  • オーガニックハーブエキス
  • 和漢エキス
  • プラセンタエキス
  • 高麗人参エキス
  • 高浸透型ビタミンC
などです。
またちょっとした刺激でも湿疹や発赤がでる敏感肌で市販の基礎化粧品では肌荒れがおさまらないという人は皮膚科や婦人科、あるいは薬剤師に相談してドクターズコスメを選ぶと良いでしょう。ドクターズコスメとは皮膚科医や婦人科医などが開発に携わった保湿効果の高い低刺激性の化粧品群です。
一般的なドラッグストアーでは取り扱いがない場合がありますが調剤薬局で取り扱っているケースがあります。加えて肌の炎症性症状(ニキビや吹き出物、湿疹など)が多い場合はまず皮膚科で適切な治療を受けて化粧品についても相談するようにしてください。
コットンで化粧水をつける女性
肌荒れ以外にも
ホットフラッシュ:更年期障害を発症する女性の80%が経験する症状です。顔を中心として上半身に強い火照りが生じ、大量の汗をかきます
肩周りの強いコリ
下半身の冷え
など更年期障害を疑わせる症状が合併している場合は婦人科に相談してホルモンの状態を調べてもらった上でHRT(ホルモン補充療法)やプラセンタ注射などの治療を受けると肌荒れが改善するケースもあります。
何れにしても若いころとはホルモンの状態が違うことで自律神経にも乱れが生じやすく肌のコンディションは悪くなっているので基礎化粧品は見直した方が良いということには変わりありません。
また、外出時は紫外線による「光劣化」が起こりやすいので日焼け止めも低刺激で紫外線カット効果の高いタイプを選ぶようにします。
さらに、化粧品だけでなく「食生活の改善」、「規則正しい生活週間」、「こまめな水分補給」、「質の良い睡眠」、「運動習慣」、「ストレス解消」などをこころがけ、日頃から更年期障害が悪化しないようにケアすることが重要な更年期障害肌対策です。
食事だけでは不足しがちな栄養素はサプリメントなどをつかって補うようにしましょう。ここ数年サプリメント業界では年齢対策サプリメントが一大ムーブメントとなっており飲むエイジングケアとして注目されています。
年齢肌に見あった化粧品と食生活の改善で身体の内側と外側から同時にきれいを手に入れましょう。

まとめ

更年期というのは閉経に向けて潤いをもたらすエストロゲン(女性ホルモンの一種)の分泌量が激減するため乾燥しがちの年齢肌に変化します。

またエストロゲン不足は更年期障害の直接的な原因でもあり、新陳代謝の落ち込みと深い因果関係があります。このため20代のころと同じ化粧品を使っていたのでは潤い成分の不足や刺激の強い成分のせいで肌トラブルが悪化してしまう可能性があります。
また更年期になってからの肌荒れはそれ自体が更年期障害のサインの可能性が高いのです。その時に選びたいのが年齢肌用化粧品ですが、こうした年齢肌用の化粧品には幾つかの共通点があります。
  • 低刺激
  • 天然成分
  • 高保湿
  • 無添加
などです。
ドラッグストアーでもこれらの年齢肌向けの化粧品は一角を占めるほど人気が高いのですが、このタイプの化粧品を使っても肌トラブルが解消しない場合は婦人科や皮膚科に相談しながら化粧品を選ぶという選択肢もあります。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います