更年期障害になるととてもつらい症状がいくつも出てくる場合があります。

特にホットフラッシュと呼ばれる顔の火照り、大量の汗、不定愁訴(イライラして怒りっぽくなる)、生理不順(不正出血、生理痛)、などが複合的に起こります。
更年期というのは閉経の前後大体5年と言われていますので、長い人だと10年近く更年期障害の症状が継続することも考えられます。
ところで、女性の場合男性に比べて更年期障害の自覚症状が強く出てしまうのはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンの産生量が閉経に向けて急激に減ってしまい、さらにその悪影響が自律神経にも及ぶことが原因となります。
この仕組みが分かれば、医療機関での治療やセルフメディケーション(医者に頼らず自分で売薬やサプリメントを使って行う治療)など適切な治療を施すことで更年期障害の期間を短くすることは可能です。
今回は「更年期をできるだけ短くするための治療方法」について説明します。

スポンサーリンク


更年期障害とはいつ始まっていつ終わるのか?そしてその症状とは?

肩をおさえる体調の悪そうな女性

更年期障害という言葉が“更年期に起こる様々な健康被害(つらい自覚症状)”であるということは多くの人がご存知ではないかと思いますが、では「更年期」とは一体いつのことを意味しているのかちゃんと知るひとは意外と少ないようです。
更年期の基準となるのは「閉経」です。
閉経とは卵巣や子宮の機能が停止して完全に妊娠、出産ができなくなることで、この閉経のだいたい前後5年の期間を更年期と呼んでいます。
閉経の時期は個人差があり、明確に何歳から何歳までとはいえないのが現実ですが、平均的には閉経の年齢が50.8歳と言われていますので、45歳から55歳ぐらいまでが一般的には「更年期」という解釈になります。
次に更年期障害についてですが、これには実に多彩な症状があります。
以下に代表的な更年期障害の症状を一覧化しておきます。
実際にはこれら全ての症状を経験するというわけではありませんが、幾つかの症状が同時多発的に起こるケースは非常に多いということになります。

更年期障害の症状

  • ホットフラッシュ:突然やってくる顔の火照り、多汗などです。季節や室温には関係なくやってきます。
  • 生理不順:生理の時期でもないのに出血が起こる不正出血、生理が遅れがちになる「稀発月経」、生理が予定よりも早くなる「頻発月経」、出血量が多い「過多月経」、出血量が少ない「過少月経」、下腹部痛など
  • 頭痛
  • 動悸、息切れ、めまい
  • 便秘
  • 腰痛
  • 肩や首筋の強いコリ
などです。
特にホットフラッシュと生理不順は起こる頻度が高いと言われています

更年期障害が終わるときはいつ?

女性の更年期障害は「閉経」に向けてホルモンバランスが乱れることが原因というのは前述した通りです。したがって「閉経後」は次第に更年期障害の自覚症状も落ち着きを見せるようになります。

更年期が閉経の前後5年というのに合わせて更年期障害の症状も消失していくと考えてよいでしょう。
更年期障害の時期は個人差がありますので一概には言えませんが、何事も症状が重くなってからようやく治療を始めるよりも症状が軽いうちに対策(セルフメディケーション、食餌療法など)を立てることで辛い時期を短くすることができます。
そのためにも更年期障害について正しい知識を身につけておくことがとても大切になります。

ホットフラッシュとはどんな症状でどれぐらい続くの?

女性の更年期障害のなかでも発症頻度が高く、代表的な症状の一つと言えるのが「ホットフラッシュ」です。

このパートでは更年期障害に悩む女性のおよそ8割が経験するというこのホットフラッシュについて説明していきましょう。
暑がる女性

ホットフラッシュの症状

  • 顔や上半身のほてり
  • 大量の汗
  • 上半身は暑いのに下半身は冷える
  • 背中に悪寒のような違和感が走る
  • 脱水(汗をかきすぎた場合)
などが代表的な症状です。
「ほてり」や「汗」が主な症状なので特に身体には悪影響がないように思われがちですが、季節や場所を選ばず突然起こる症状であり、また“上半身は暑いのに下半身は冷える”といったよに相反する身体状態を起こしているので、神経に異常が起こっているということがわかります。
さらに、人前で大量の汗をかくので恥ずかしさから引きこもりがちになるなどメンタルにも悪影響を及ぼす可能性があります。

ホットフラッシュの期間

ホットフラッシュは更年期障害の代表的な症状です、そして更年期障害は長い人で10年ぐらい、平均で6年程度と言われています。

では、この期間ずっとホットフラッシュに悩まされるのかといえば、そうでもなく、平均すると大体2年で治ると言われています。
更年期障害のなかでは初期症状の一つなので、ホットフラッシュから更年期障害を自覚する人も多いようです。

生理不順〜頻発月経から閉経までの流れ〜

前のパートで説明したホットフラッシュ同様に更年期障害の代表的な症状が「生理不順」です。こちらは自覚症状の強さに程度の差こそあれ女性では誰もが経験する症状です。

女性の更年期とは「閉経」に向けて卵巣や子宮といった女性機能が次第に衰えを見せ始めやがて完全に機能停止(閉経)を迎える前後5年のことを言いますので、全ての女性は更年期を迎えることになります
その中で、辛い症状を伴う健康被害が出現した場合を「更年期障害」と呼びます。
閉経するということは生理周期に変化が生じるということであり、「生理不順」を更年期障害と呼んでよいかどうかは意見が分かれるところですが、不正出血や生理痛、過多月経など健康被害を伴いやすい症状をきたすケースも多いので、現在では更年期障害の一つとみなされています。
頭を抑えて悩む女性

閉経までの流れ

・頻発月経:24日間周期よりも短いサイクルで生理が起こる症状です。生理不順の始まりはこの頻発月経からというケースが多くなります。

・稀発月経:24日周期よりも長いサイクルで生理が起こる症状です。頻発月経の後に現れ、最初のうちは頻発月経と稀発月経が不定期に現れるようになり、次第に稀発月経の発症頻度の方が多く、頻発月経は起こらなくなり、稀発月経の周期期間はさらに長くなっていき、やがて閉経へと至ります。
・不正出血:生理周期以外にも出血をおこす症状です。生理不順後期に特に多く見られる症状です。
・閉経:稀発月経が停止してから1年を経過すると「閉経」したとみなされます。
*他にも生理不順には通常よりも出血量が多い「過多月経」や出血量が少ない「過少月経」があります。生理不順初期の方では過多月経が多く、閉経に近づくほど過少月経の発症頻度が多くなります。

更年期障害に多い生理不順の症状

  • 生理痛
  • 下腹部痛
  • 不正出血
  • 過多月経
  • 過少月経
などがあります。
前述したように生理不順そのものは閉経に至る自然なプロセスであり「更年期障害」と呼ぶべきかどうかについては疑問視されるところですが、「自覚症状」を伴う異常はやはり更年期障害として数えてもよいのではないかと思います。

更年期障害にはどうして辛い自覚症状がいくつも伴うのか?

閉経すると卵巣の機能は完全に停止します。

ただし、昨日まで正常だった卵巣機能が今日急に停止するということではなくゆっくりと時間をかけて機能停止へと向かいます。
したがって閉経までの平均5年間は卵巣は機能し続けることになります。
ただし、機能は次第に低下していくため「エストロゲン(女性ホルモン)」の産生量は低下していき、ホルモンバランスの乱れが自律神経の乱れを引き起こし、様々な健康被害を起こすというメカニズムになります。
体調の悪そうな女性

性ホルモンが自律神経に及ぼす影響

エストロゲンプロゲステロンは女性ホルモン、テストステロンジヒドロテストロンは男性ホルモンと呼ばれます。

これらは性ホルモンと呼ばれ、その名の通り、男女間の身体的な特徴の差を決定付けたり、女性の場合は受精、妊娠、出産、授乳を可能にして、男性の場合は勃起、射精を可能にするというのが大きな役割になります。(性ホルモンには他にも幾つか種類があります)
しかし、性ホルモンには他にも重要な役割がたくさんあり、エストロゲンには10種類以上もの極めて重要な役割があるのです。

エストロゲンの働き

  • 髪の毛を豊かにする
  • コラーゲンの産生を促す
  • 血管を拡張する
  • 乳腺を発達させる
  • 血中のコレステロール値を調整する
  • 子宮の働きを制御し、妊娠、出産を可能にする
  • 内臓脂肪をつきにくくし、女性らしい体つきを維持する
  • 骨を丈夫にする
  • 免疫系を強化する
  • 自律神経の安定化(副交感神経への作用)
  • 脳の働きを活発にする
など。
どれも非常に重要な役割ばかりであるということがわかります。
中でも特に重要なのが「自律神経への作用」です。
自律神経とは「内蔵を動かす」「体温を調整する」「自発呼吸をする」「感覚神経や運動神経に対し指令を出す」「ストレスに対抗する」「免疫系を制御する」「性欲を制御する」など“生きていくことそのものを司る”中枢神経の中でも司令塔の役割を果たす最も重要な器官になります。
さらに自律神経は
  • 交感神経
  • 副交感神経
の二つに分類され、交感神経は日中の活動中に働く神経で、活力や抗ストレス、意欲の向上、危機回避、病原菌などの外敵から体を守るなどの役割があり、目が覚めて、男性ホルモンが作用することで活性化します。
もう一方の副交感神経はリラックス中や入眠中に働く神経で、日中に受けた心身のストレスや傷を癒す「自己修復機能」を持ちます。この神経が活性化するときには「エストロゲン」が作用します。
このように自律神経を構成する二つの神経は「性ホルモン」の刺激によってスイッチングされているので、性ホルモンバランスの乱れはダイレクトに自律神経の乱れに直結します。
エストロゲンは主に卵巣で作られていますので、卵巣の機能が低下すれば自律神経の働きが乱れ、上記の例でわかりやすい一例を挙げるとすると、「血管を拡張する」という作用が低下し、高血圧を引き起こしやすくなります。
更年期障害の症状は辛いものが多いのですが、エストロゲンの産生量が落ち込むことが発症の原因であり、卵巣機能は「緩やかに低下していく」ためエストロゲンの産生量低下もそれに合わせて段階的に減るということは今までの説明でご理解いただけたと思います。
そうであるなら、更年期障害の初期の段階でまだエストロゲンがそこそこ分泌されているうちにセルフメディケーションや病院での治療など適切な対策を講じれば症状を緩和させ、更年期障害に苦しむ時期を短くできるということになります。
次のパートでは更年期障害の治療法について解説していきますので是非参考にしてください。

更年期障害の治療法について

更年期障害は自然と始まる老化へのアプローチとはいえ、今やれっきとした病気です。
どんな病気でもそうですが、きちんと治すなら早期治療が大原則です。

もし、更年期障害がエストロゲンの分泌が行われている初期の段階でそこから治療開始できれば医療機関での本格的な治療の前に自宅でできるセルフメディケーションでも十分対策可能ですので、今回は更年期障害の治療法について説明していきましょう。
医師

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法とは女性の更年期障害の治療法では最もスタンダードな治療法です。

更年期障害の原因が女性ホルモンの分泌不足からくるものですので、直接女性ホルモン(エストロゲンやプロゲステロン)を体内に補充するこの治療法はシンプルかつ効果的な治療法であるといえるでしょう。
ホルモンの補充方法としては貼り薬や飲み薬が用いられます。
しかし、治療用に用いられるエストロゲンは人由来の自然のものではなく、合成された成分です。
したがって、人によっては強い副作用が出ることもあり、また、閉経に向けて自然に分泌される女性ホルモンは減少していく一方なのでホルモン補充療法は長期間行う必要があります。
また治療法によってはプロゲステロンを投与した後に出血が見られる場合もあり、患者さんにかかる負担は決して軽いものではないでしょう。

プラセンタ注射

プラセンタとは胎盤エキスのことです。

胎盤は着床から胎児に成長するまで赤ちゃんのゆりかごとして守り、栄養や酸素、老廃物のやり取りを行う非常に重要な臓器で、女性に必要なあらゆる栄養素が備わっていることから「パーフェクト臓器」とも呼ばれています。
更年期障害の治療用には人由来のプラセンタエキスが使用されますので比較的副作用は少なく保険が利く治療ですが、ホルモン補充療法と同様、治療は長期に及びます。
また、人由来のプラセンタエキスの場合、
感染症に汚染されている胎盤である可能性は完全には否定できない(各メーカーとも万全を期しているのは当然ですが、100%ありえないとはいえないのが現状です)

・プラセンタを注射する方法で最も安全性が高いのは皮下、筋肉注射ですが、一部の医療機関では点滴や静脈注射など皮下、筋肉注射以外の方法で行っているケースもあります。この場合まれにショック状態起こすリスクがあるのでリスクを把握しておく必要性があります。

プラセンタ注射はこの二点において注意を要します。
ただしあくまで非常にレアなケースですので過度の心配は無用だと思います。(そもそも医療機関での治療にはどんなものでも多少のリスクは伴うものです)

プラセンタの注射方法として行われているもの

・皮下、筋肉注射

・静脈注射

・点滴

・関節腔内注射

・埋没療法:治療したい部分に直接プラセンタを埋め込む方法です。

投薬治療(医療機関での投薬治療)

薬と水

更年期障害とはいわば自律神経失調症の仲間ですので、自律神経の働きを調整する薬が投与されることになります。これはホルモン補充療法やプラセンタ注射と並行して投与される場合もあります。
副作用は比較的少なく、ホットフラッシュ、肩こり、手足の冷えなどに効果があるとされています。

自律神経調整薬一覧

・グランダキシン:肩こりや手足の冷えに効果があります。

・ハイゼット、ガンマーオーゼット:ホットフラッシュや手足の冷えに効果があります。

・インデラル:交感神経が活発化することで起こる動機や息切れ、不整脈などの循環器症状、不安感、緊張を緩和します。(血圧が低下するという副作用があります)

・ブスコパン:腹部の症状(胃の痙攣など)を抑制します(眠くなる副作用があります)。

・リズミック:低血圧状態の改善薬です。

・エホチール:低血圧状態の改善薬です。

・メトリジン:低血圧時に血管を収縮させて血圧を上げる作用があります。

前述したように副作用への懸念が少ないとはいえ医療用医薬品ですので、副作用へのリスクは漢方薬や一般薬に比べると高くなります。
また、効果が限定的で多彩な症状を有する更年期障害の治療をするときには複数の薬を飲む必要性が生じます。

食餌療法

更年期障害対策の食餌療法はホルモンと自律神経へのアプローチが重要です。

指示棒をさす医師

ホルモンを調整するにはどのような栄養素が必要か?

・ビタミンE:ビタミンEにはホルモン調整作用があるということがわかっています。ナッツ類、かぼちゃ、アボカドなどに多く含まれます。

・亜鉛:男性の強壮剤の主成分というイメージの強い亜鉛ですが、卵巣にも多く含まれていて、ホルモン調整作用が高いミネラルです。牡蠣、レバー、ゴマなどに多く含まれています。

・大豆イソフラボン:食事から摂取される大豆イソフラボンにはエストロゲンとよく似た作用があります。

自律神経を調整するにはどのような栄養素が必要か?

・ビタミンB1、ビタミンB12:これらのビタミンには自律神経の働きを保とうとする作用があります。ビタミンB1を多く含む食材は豚肉、レバーがあり、ビタミンB12を多く含む食材にはアサリ、牡蠣などがあります。

・ビタミンC:抗ストレス作用の強い栄養素です。特に更年期障害のイライラ感の緩和に効果的です。食材としてはレモン、いちご、ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれます。

更年期障害に対してはこれらの栄養素を含んだバランスの良い食事を心がけることが重要です。

運動療法

ホルモンバランスの乱れから自律神経にも乱れが生じると血管や心臓の動きにも少なからず影響を与えます。

更年期障害の特徴的な症状の一つであるホットフラッシュや低血圧状態は血管の運動障害が原因で起こる症状です。
したがって適度な運動習慣を身につけ、血流量を適度に増やすことはとても重要な意味があります。また適度な疲れが安眠を誘い交感神経と副交感神経のスイッチングがうまくいくことで自律神経の乱れを整える作用もあります。
ただし、これまで運動をしたことがない人がいきなり激しい運動をすると長続きしなかったり関節や筋肉を痛める危険性があるので、まずはウォーキングやストレッチなど軽めの運動から始めると良いでしょう。

一般薬での治療法

更年期障害治療薬として市販されている代表的な薬には「命の母」と「ルビーナ」という薬があります。

どちらの漢方をベースとした独自処方で、女性の更年期障害のセルフメディケーション時にはこの二つの薬のうちどちらかを選ぶというケースが多いでしょう。
しかし、市販薬とはいえ、医薬品には副作用がつきものですし、漢方薬の場合は体質によって効き方が大きく変わってきます。

漢方による更年期障害の症状緩和について

更年期障害の治療薬としては「漢方薬」も有力な選択肢となります。
効き目が穏やかな一方で副作用が合成薬に比べると少ないというメリットがあります。

更年の悩みには漢方の三大処方と呼ばれる代表的な薬があるので紹介していきましょう。
提案する手
更年の悩みに於ける漢方の三大処方
・当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん):虚弱で疲れやすい人向け
・加味逍遙散 (かみしょうようさん):体力のない人向け
・桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん):中程度の体力の人向け
です。
漢方薬は体質によって効き方が変わってきますので、漢方外来を標榜している医療機関か漢方に詳しい薬剤師が常駐している薬局で購入することをお勧めします。
また、合成薬ほど副作用が強くないとはいいましたが、やはり医薬品に指定されているものには副作用がつきものですので油断するのは禁物です。
そこで、和漢の世界では古くから万能選手として重用されてきた「高麗人参」を日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?高麗人参には独自成分のジンセノサイドが含まれています。
この成分には
  • アクティブ系のトリオール系成分
  • リラックス系のジオール系成分
がバランス良く含まれていて、更年の悩みのようにバランス異常からくる辛さに対して調整機能が自然と作用します。
例えば、イライラしている時にはリラックス系のジオール系成分、ぐったりしている時にはアクティブ系のトリオール系成分とその時に必要な成分が適切に作用するのです。

まとめ

更年の悩みの原因がホルモンやめぐりの乱れからくるものだとすると、一番重要なキーワードは「調整力」にあると言えます。

漢方薬や合成薬は現出している一つ一つの症状に対する対症療法になりがちで更年の悩み全体をサポートすることはできません。
そこで高麗人参に含まれているジンセノサイドという独自成分が持つ調整力が有効な対策となります。これ一つでホルモンやめぐりの乱れを再調整してくれるからです。
更年の悩み対策にあれこれ悩むならまずは高麗人参を更年の悩み対策にしてはいかがでしょうか?
以 上 
PR

更年期の悩みを対策するなら、まずは高麗人参サプリをお試しあれ

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います