更年期(45歳〜55歳頃)になるとちょっとした事でイライラして他人に対して攻撃的な態度を取ってしまうケースがあります。

もちろん相手がいる事ですので、イライラする原因があるわけですが更年期になると突然人が変わったかのようになってしまうことに周囲はおろか自分までもが驚いて混乱し、さらにストレスが増すということがあります。
またいつまでもちょっとした事で愚痴を言いそれがいつまでも続くようになる事もあります。
以前は穏やかだった人が急にこのような変貌を遂げてしまうとやはり何か原因があるのではないかと心配になるのも無理はありません。
今回は更年期の不定愁訴(ふていしゅうそ:イライラする、ヒステリー、強い不安感など)の原因が更年期障害にあるのかそれ以外のところにあるのかを考えていきたいと思います。

スポンサーリンク


突然キレるようになった母や父親、これは更年期障害のせい?

人間年をとると気が短くなるというのはよく聞く話ですが、一体どのぐらいの年齢からこのようなことが起こり始めるのでしょう?また、そもそもこの説は正しいのでしょうか?

結論から言えば「更年期」と呼ばれる年齢になるとホルモンバランスの乱れから精神症状をきたすことが多く、それが「短期」や「ヒステリー」などのいわゆる「キレる」という状態で現れるようになる傾向があります。
また、ようやくですが近年男性にも「更年期」があることが認知され始めています。
イライラしている女性
それではまず予備知識として「更年期」と「更年期障害」について説明していきたいと思います。
「更年期」を医学的な定義で表すと“女性の閉経をはさんだ前後5年間ずつ”ということになります。
平均的な日本人女性の閉経年齢は50歳〜51歳とされていて、この数字はほぼ変わっていません。したがって一般的に「更年期」と呼ばれているのは45歳〜55歳頃までということになります。
また、「閉経」というのは生理が完全に停止している状態が12ヶ月以上連続している状態になると確定します。閉経前の5年で卵巣や乳腺、子宮などの女性器官は次第に機能を低下させていきます。
臓器の機能低下は「代謝が低下する」ことでもあります。代謝とは古い細胞や老廃物を外に出して新しい細胞と入れ替える事で臓器や器官の機能を維持するための重要な生理活動で、人の命の営みそのものだと言えます。
その代謝が低下していく中で起こる数々の健康被害のことを「更年期障害」と言います。
男性には閉経という生理現象はありませんが、やはり40代頃を境に次第に精巣の機能が低下していきます。これによって女性の更年期と同様の健康被害を起こしやすくなります。
そこで男性にも更年期という概念を当てはめ、男性版の更年期障害のことを「LOH症候群」と呼んで区別しています。
「更年期障害」と「LOH症候群」で共通するのは生殖器の機能低下によって起こる性ホルモンの分泌量不足です。
女性の場合は卵巣からエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という二種類の女性ホルモンが生理周期に合わせて分泌されています。
どちらの物質も非常に重要な役割のあるホルモンなのですが、特にエストロゲンには生殖活動や女性らしい体つきを作り出す以外にも
  • 髪の毛を豊かにする
  • 血液中のコレステロールを適正化する
  • 副交感神経(自律神経のひとつ)に作用し活性化させる
  • 気分を落ち着かせリラックスさせる
  • 基礎体温を下げる
  • 血管を拡張させて血流を上げる(血圧を下げる)
綺麗な髪の女性
主たる働きは生殖を含めると約10種類、代謝活動への細かい関与まで入れると400近い働きがあると言われているホルモンなのです。
特に更年期障害に関係する働きは「副交感神経を活性化させる」というものです。
副交感神経は寝ている間やリラックス中に優位に立ち、病気や怪我からの回復を促し、またストレスや疲れを癒してくれる神経です。
この副交感神経が不活性化することで「癒し不足」から不定愁訴をはじめとした更年期障害の精神症状を起こしやすくなります。
そしてもう一つの更年期障害を起こす大きな原因となるのが生理周期の乱れと女性ホルモン全体量の不足です。生理周期は女性独特の生体リズムで28日周期で巡ってきます。
この間卵胞期には卵胞ホルモン(エストロゲン)がピークとなって基礎体温が下がり、黄体期には黄体ホルモン(プロゲステロン)がピークとなり基礎体温が上がります。
卵巣では生理周期に合わせて脳下垂体から放出されているFSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体刺激ホルモン)という物質の刺激でエストロゲンやプロゲステロンを作り出し、その結果を視床下部という部位(脳幹の一部で自律神経をコントロールしているところ)にフィードバックします。
説明する医師
ところが卵巣機能が低下するとFSHやLHの指示通りに女性ホルモンをつくることができなくなり、フィードバックが遅れたり、またできなくなったりします。
その間も視床下部では脳下垂体に向けてFSHやLHを作れという指示を出す物質(ゴナトトロピン)を放出し続けるため、結果として血液中にゴナトトロピン、FSH、LHの量が増えていきます
更年期障害を診断する時には血液検査でこの3つの物質の血中濃度を測り卵巣機能の状態を調べるのですが、血中濃度が高いということは視床下部では卵巣からのフィードバックが来ないことを意味しており、混乱をきたし更年期障害の特徴である「自律神経失調状態」を起こしてしまうのです。
自律神経が乱れると
  • うつ状態
  • 不定愁訴
  • 不眠
などの精神症状が出やすくなります。これも更年期になるとキレやすくなる原因です。
一方男性の方は生理周期はありませんが更年期になってテストステロン(男性ホルモン)の量が減るとこちらは交感神経という「やる気」、「興奮」、「性欲」などをコントロールしている自律神経が不活性化します。
40代以降になって寝ても疲れが取れない、性欲が落ちた、ED(勃起障害)を起こし射精不全になった、意欲がわかない、集中力が持続しないというのはこの交感神経の不活性化が原因で、こちらも自律神経失調状態から上記のような精神症状を起こしやすくなります。
したがって男性は女性よりも精神症状を起こしやすくなる傾向があります。また、気力が落ちる「うつ」も脳内で興奮物質と鎮静物質のバランスが乱れてしまうため時にヒステリーな状態を起こしやすくなります。
頭を抑える男性
このように男女共更年期になるとホルモンバランスに異常をきたし、それが原因で脳内の興奮物質(アドレナリン、ノルアドレナリン)と鎮静物質(セロトニン)のバランスが乱れ、ちょっとした事でキレたり落ち込んだりします。
まだ精神症状が軽度な時はある程度自制も効きますが、進行してしまうと職場ではパワハラ、家庭ではDVになる可能性もあります。この事から多くの場合はストレッサー(ストレスを与える存在)よりも、更年期障害からくる不定愁訴や抑うつ状態が大きく影響していることが考えられます。
精神症状は進行すると自制が効かなくなりますので、自分の年齢が更年期に達していたら女性は婦人科、男性は精神科や心療内科に相談するようにしてください。(女性も場合によっては精神科や診療内科を併せて受診することがあります)
また日頃から
  • できるだけストレスを溜めないように趣味に興じたり、旅行でストレスを発散するなどのストレスケアを行う
  • 睡眠はしっかりと取る
  • 運動習慣を持つ:スポーツで汗をかくこともストレス解消には最適ですし、運動は更年期障害やLOH症候群の予防、改善効果が高いとされています。
  • 栄養バランスの取れた食事を3食しっかりと食べる
といった事を心がけるとよいでしょう。
もっとも重要な事は我慢しないで、精神科での治療も視野に入れた早めの対策を講じる事です。

まとめ

更年期になると急にキレやすくなる人が増えます。これは多くの場合、更年期障害が原因であると考えられます。

更年期障害の特徴的な症状には
  • いらいらする
  • 落ち着かない
  • ちょっとした事で不安が大きくなる
  • 眠れない(ストレスが溜まります)
  • うつ状態(気分が落ち込む前に肩こりや腰痛を伴いイライラしやすくなります)
などの精神症状があるからです。
女性の6割、男性のおよそ半数が更年期障害(男性の場合はLOH症候群)発症の可能性があると言われているので、40歳を過ぎたらストレスケアと生活習慣の見直しを行うようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います