40歳を超えた頃から今まで歌えなかったカラオケの歌が歌えるようになった。声質が今までと違う気がする・・・という体験談を持つ人が多いことをご存知ですか?
変声期というのは特に男性の成長期や思春期に成長ホルモン(性ホルモン)の分泌量が増えることで起こりますが、更年期では逆に性ホルモンの量が減ってしまうのにどうして声質が変わってしまうのでしょうか?
実はこれもホルモンバランスが乱れることによって現れる「更年期障害」と思われがちですがどうなのでしょう?一般的には女性はキーが低くなり、男性は上ずったかのような頼りない声質になることが多いようです。
今回は更年期に見られる「声の質の変化」についてわかりやすく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期なのに変声期?その理由とは?

自分の声に動揺する女性

子供が成長する段階で成長ホルモン(性ホルモン)の分泌過剰によって声変わりを起こすことはよく知られています。
これは主に男の子に多いのですが、成長期や思春期では男の子の体内では大人の男性らしい体つきを作り精巣の機能を完成させるために男性ホルモンの分泌量が増えます
性ホルモンの量の相対的な割合の変化で体調面にも変化が起こります。
男の子の変声期の特徴といえば
  • 声が低くなる
  • 声が枯れる(嗄声)
ですが、実は女性の更年期障害でもこの変声期と同じような声質の変化が起こりやすくなります。
更年期とは45歳ころから始まり55歳頃で落ち着きを見せます。個人差があるので早い人だと40歳前後頃から体調面での不調(更年期障害)を訴える人も出始めます。
更年期とは「閉経を迎えるまでの5年間と閉経後再びホルモンバランスが落ち着くまでの5年間の合計10年間」と医学的に定義されています。
日本では女性の平均的な閉経年齢が50歳〜51歳ころが多いため、上記のように45歳〜55歳までを一般的には更年期と呼ぶのです。
説明をする白衣女性
また、「閉経」とは12ヶ月以上完全に月経が停止している状態のことで、閉経前の前期更年期では月経不順や不正出血が起こり、次第に周期が遅れがちになりやがて完全閉経を迎えます。
閉経後もしばらくの間は不正出血を起こす人もいますが、月経は完全に止まってしまい、これをもって妊娠ができない体つきになるという大きな体調変化を迎える時期になります。
すなわち、閉経=「月経がなくなる」ということは女性器官である卵巣、子宮、子宮頸部、膣、乳腺などの機能が緩やかに低下していき、やがて一部の機能(おりものなど)を除いて大部分が停止してしまいます。
特に卵巣は卵子や女性ホルモンを作る重要な臓器でこの機能が低下すると女性ホルモンの分泌量が減り、相対的に女性ホルモン不足が起こり、変声期のような状態が起こりやすくなります。
この作用のおかけで更年期の変声期は更年期障害の一種とも考えられています。
しかし、変声期といえば先ほども説明した通り「男性ホルモン」が多く成ることで起こるはずなのですが、どうして女性にも同様の症状が起こるのでしょう?
これは先にも述べた通り体内のホルモンバランスは「相対量」によって体質や体調が変わってくるからです。実は卵巣や精巣などの生殖器以外に「副腎皮質」という部位から性ホルモンはごく微量ですが分泌されています。
性ホルモンの重要な働きの一つに「自律神経を活性化させる」というのがあります。
男性ホルモン(テストステロン)は活動中に活性化し興奮をコントロールしたり集中力を高めたりするための「交感神経」、女性ホルモン(エストロゲン)は休息中に心身の傷を癒しストレスを解消し、さらに全身をメンテナンスする「副交感神経」を刺激します。
閉経後にホルモンバランスが再び落ち着くのもこの副腎皮質から分泌されている性ホルモンによって自律神経が正常に動作するようになるからです。
つまり、更年期になると“体内の女性ホルモンの量が減るが男性ホルモンの分泌量は一定である”ということになり相対的には男性ホルモンの影響が出やすくなるので女性は声が低くなったり枯れたりするケースが出てくるのです。
指差す手
同じことは男性にも言えます。男性の場合は40歳を過ぎた頃から精巣の機能が衰え始め男性ホルモンの分泌量が減ります(これをLOH症候群と言います)。
このことで興奮や集中力、性欲などいわゆる「やる気、元気」を制御している交感神経が不活性化しやすくなり「うつ状態」、「慢性疲労」などの精神的な症状や「勃起不全(ED)」、「性欲減退」、「前立腺肥大」、「(前立腺肥大による)排尿障害」などの生殖関係の異常が起こりやすくなります。
この時男性の体内では相対的に女性ホルモンの影響が強く出やすくなるので「声が上ずる(ピッチが高くなる)」、「力強さがなくなる」などの症状が起こりやすくなるのです。
ところがこの声変わりは更年期障害として片付けることができない一面があります。それは更年期が終わってからも継続するからです。
一般的な更年期障害は副腎皮質からのホルモン分泌に体が慣れると自覚症状も落ち着きを見せますが、声変わりはさらに進行していきます。
つまり、この現象は「更年期という年代をきっかけに始まる加齢によるもの」と考えられるのです。したがって老化現象という自然な流れの中で起こる声音の変化と考えるのが自然なのです。

病的な原因の声の変化

それでは更年期(加齢)以外にも考えられる「病気」による声変わりについて調べてみましょう。

20代後半から40代後半にかけての女性には
  • バセドウ氏病
  • 橋本病
  • 甲状腺機能亢進症
などの病気(甲状腺関連疾患)への罹患率が高まります。
これはエストロゲン不足によって免疫力の低下を起こし、免疫の最前線で活躍している甲状腺の機能に不均衡が生じる病気で、「喉の腫れ(甲状腺の腫脹)」、「声枯れ」、「易疲労感」、「顔面紅潮」、「動悸・息切れ」などの症状を起こしやすくなります。
厳密に言えばそれぞれは違う病気で治療法も異なりますが、こうした症状が出ている場合は医療機関を受診して適切な治療を受ける必要性があります。
これらの病気は甲状腺の腫脹や炎症によって声帯が圧迫されたり炎症が広がることで声質が変わる症例です。

更年期の声変わり対策

男女共更年期の声変わりはホルモンバランスや自律神経の乱れが影響しているので原因である更年期障害やLOH症候群を予防、改善するための生活習慣の見直しが必要であり、また声変わりということから「喉をいたわる」のが重要な対策になります。

対策として特に重要視されるポイントは
・暴飲暴食を避ける:特に辛いものやアルコールの過剰摂取は胃腸や喉に負担をかけることになります。
・栄養バランスの取れた食事を心がける:更年期障害=自律神経失調は基礎代謝が落ち込みます。最終的には老化であってもきっかけとして更年期障害が影響していることも十分考えれられるため、栄養バランスがしっかりと取れた食事はとても大切な役割を持ちます。また体内では合成できない栄養素(ミネラル、必須アミノ酸など)の摂取には食事が不可欠です。
食事をする女性
・運動習慣を持つ:運動習慣のある人は更年期障害にかかりにくいというデーターが公開されています。これまで運動習慣のなかった人は毎日継続できる程度の軽めの運動(ウォーキングやヨガなど)でも十分効果が得られますので少しずつ運動を始めるようにしましょう。
・寝る時間をできるだけ一定にする:女性の場合入眠後に活性化する女性ホルモン不足によって自律神経が乱れがちになるので、少ない女性ホルモン量でも副交感神経が正常化するように寝る時間を一定にして脳にそのパターンを脳に覚え込ませましょう。
禁煙を心がける:タバコに含まれている有害なニコチンやタールは喉にとって良くありません。特に声変わりが起こりやすい更年期は禁煙を心がけましょう。
・乾燥対策をとる:空気が乾燥すると喉粘膜の潤いが不足して喉がイガイガしたり声が枯れやすくなります。加湿器を使う、マスクをする、のど飴を舐める、こまめな水分補給を行う、うがいをするなど乾燥対策をしっかりと取ってください。
・喉を酷使しないようにする:大声を出し続けると健康な人でも声が枯れたり上ずるようになります。喉を使った後はしっかりと休ませるようにしてください。
・ストレスケアを行う:自律神経やホルモンバランスはストレスが大敵です。したがって趣味を持つなどしてストレスを上手に発散するようにしてください。

まとめ

更年期(40歳半ばから50代半ば頃まで)になって急に声が枯れたり、低くなる、男性の場合は上ずったりか細くなるなどの変声期のような症状が起こりやすくなります。

これは更年期(老化)によるものや甲状腺関連疾患などが影響して起こる健康被害の一種です。
この時喉に痛みがあったり、呼吸が困難になるなどの二次的な症状がある場合には医療機関を受診して適切な治療を受けるようにしてください。
また日常生活で出来る対策としては
  • 生活習慣を改める
  • 喉のケアを行う
  • ストレスを溜めないようにする
など本文に記載されている対策を実践するようにしましょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います