近年はテレビや映画で活躍する芸能人の多くも自身が更年期障害であることを告白し、またその克服方法をテレビなどを通じて語っています。

更年期障害は40代〜50代の半数以上(約60%)が発症すると言われていて、さらにそこから治療が必要な重症例はこの年代全体の20%ほどに達すると言われています。これは病気としてはかなり高頻度で発症すると言えます。
しかし、医療機関での治療をうけるほどではない軽症例(ホットフラッシュや不定愁訴、生理痛、不正出血など)ではみなさんどのようにして辛い更年期障害を乗り切っているのでしょう?
今回は更年期障害の克服の仕方を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期障害を克服するには・・・

顎に手を当てる医師

更年期障害の語源ともなっている「更年期」ですが、これは“閉経をはさんでその前後5年ずつの10年間”と定義されています。
平均的には50歳ころが日本人の閉経年齢なので、一般的には40代〜50代のことを「更年期」と呼び、その年代に発症する数々の自覚症状の総称を「更年期障害」と言います。
そして「閉経」とは12カ月以上生理が起こらないと確定します。閉経を迎えると生理がなくなる(または極端に少なくなる)ことから妊娠や出産はできない体つきになります。
したがって女性の生殖に関係する器官(卵巣や子宮など)はその機能を大きく低下させるかごく一部の機能を除いて停止してしまう状態になります。
特に卵巣は卵子や女性ホルモンを分泌する重要な臓器で生理周期やホルモンバランスの乱れによって女性ホルモンの分泌量が減ると自律神経のうち副交感神経(エストロゲンという女性ホルモンの刺激を受けて優位に立つ自律神経)が不活性化することで自律神経失調状態となり、それが長期化すると更年期障害として発症することになります。
更年期障害の症状は50歳前後がもっとも強くなるということでちょうど閉経の年齢と一致しますので、50歳前後の人は特に要注意であり、40歳頃から事前に対策を講じておくことで症状を軽くすることも可能と言われています。
そして更年期を過ぎて自律神経の切り替えに必要な性ホルモンの供給元を生殖器(女性は卵巣、男性は精巣)から腎臓のすぐ上にある副腎という臓器を覆う粘膜組織の副腎皮質へと移行され、それに脳が慣れると自律神経失調状態は改善され、更年期障害(男性の場合はLOH症候群)も自然となりをひそめるようになります。
しかし、重症化したり長期化する場合は10年以上症状が継続するケースもあり、多くの人が治療を受けずに体調不良をセルフケアしながらこの病気と向き合っているのが現状です。
そこで更年期障害を克服するには以下のような対策を講じることが推奨されています。

生活習慣の見直し

生活習慣というのは自律神経と深い関係があります。それは自律神経が「人の命の営み」そのものを支えている重要な中枢神経だからです。

しかも自律神経は「慣習化」して周囲の変化に柔軟に対応出来る神経ですので生活習慣が不安定だと自律神経も不安定になりやすいのです。
そこで、自然と代謝が落ちホルモンバランスと自律神経が不安定になりやすい更年期では可能な限り規則正しい生活習慣を送ることが克服のための重要な要素になってきます。
特に「床につく時間を一定にすることで消費するエストロゲンの量を最小限に抑える」ことと「栄養バランスの良い食事を朝昼晩しっかり食べる」ことが重要になります。
食事をする女性

ストレスケア

ストレスがたまると「生理不順が起こる」「頭痛がする」「胃が痛くなる」「眠れなくなる」「便秘がちになる」「いらいらする」など更年期障害と似たような状態になります。

つまり、ストレスはホルモンバランスと自律神経を乱し更年期障害の原因となるものなのです。
質の良い睡眠と休息をたっぷりと取ること、趣味や旅行あるいはスポーツで汗をかいてリフレッシュするなどなるべくストレスを溜めないようにしてください。これも更年期障害を克服するには重要な対策です。

医療機関で治療を受ける

更年期障害の多くが治療を受けるほど強い症状ではないと言われていますが、やはり長引く不調は辛いものです。

またストレスからうつや不眠を発症した場合は自力で克服するのはとても困難ですので、我慢もほどほどにして症状が長引くようなら婦人科で治療を受けるようにしてください。
更年期障害の症状のピークは50歳前後になるといわれていますのでこの年齢付近の人は特に要注意です。

セルフケア(市販薬やサプリメントによる対策)

サプリメントのボトル

婦人科での治療を受けるかどうか微妙なところにいる人は市販薬や漢方薬、年齢対策サプリメントなどを導入してまずは様子を見るという手段もあります。
そこでこのパートでは代表的な市販薬や漢方薬またサプリメントの成分などを紹介していきましょう。
・命の母A(小林製薬):更年期障害の治療薬として100年以上の歴史を持つ市販薬です。生薬にビタミン類を配合して効き目を高めています。特にホットフラッシュやいらいらする不定愁訴などに効果があるとされています。
・ルビーナ(武田薬品):命の母Aではめだった改善が見られなかった人や漢方処方にこだわる人にオススメの治療薬です。二種類の漢方を合わせる「連珠飲」という処方で効果を高めています。
冷え性やめまいなどを伴う更年期障害に効果があるとされています。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん):漢方薬を代表する更年期障害治療薬です。体力が比較的あり冷え性や貧血、のぼせなどを伴う人に向いています。
・加味逍遙散(かみしょうようさん):体力が中等度以下で、いらいらや不安感などの精神症状を伴う更年期障害に向いている処方です。
これらはすべて「医薬品」ですので副作用や飲み方には十分注意しなければなりません。
また、漢方処方は体質によって効き目が大きく異なりますので、そうしたデメリットを避けたい人には年齢対策サプリメントがオススメです。
サプリメントであれば食品カテゴリーなので飲み方については1日の摂取目安量を守っていれさえすればいいですし、大きな副作用などもありません。
では男女の年齢対策サプリメントの主成分として代表的なものを挙げていきましょう。
大豆イソフラボン:エストロゲンとよく似た組成で取り込まれた後も同じような働きをすることが知られています。女性の年齢対策サプリメントを代表する成分として有名です。
プラセンタ:胎盤エキスのことで、女性に必要な成分が凝縮されているといわれています。
亜鉛:男女共生殖器に多く含まれる成分で、やる気や集中力を高める必須ミネラルとして知られています
・マカ:男性の精力剤の主成分として近年広く認知されるようになりました。しかし女性の「めぐり」改善にも効果があるとされています。
・高麗人参:独自のサポニン成分(ジンセノサイド)が「めぐり」を改善し、ホルモンと自律神経のバランスを調整してくれます。
・アルギニン:やる気のアミノ酸とも言われていて、男性の強壮剤やエンジードリンクには必須の成分とされています。

まとめ

更年期障害を克服するには、「生活習慣の見直し」、「ストレスケア」、「市販薬やサプリメントの活用」、「婦人科で治療を受ける」というのが代表的な方法になります。

それぞれについての詳細は本文に掲載してありますが、ポイントは「栄養不足にならないようにする」「ストレスを溜めない」「運動して代謝を上げる」「睡眠はしっかりと取る」という基本的な健康法と同じです。
そしてセルフメディケーション(市販薬によるセルフケア)や婦人科での治療を受ける前に更年期に不足しがちな栄養素をサプリメントで補い、様子を見ながら改善しないようなら治療を受けるいうステップを踏むのが良いでしょう。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います