更年期になるとイライラするシーンが増え、イライラが重なり不機嫌になると言動が「攻撃的」になってしまうという症状が現れやすくなります。

この攻撃的になるという症状の波は、残念ながら本人が自分でコントロールするのが難しく、パートナーや職場の上司や仲間などから攻撃的な口調や態度、八つ当たりのような攻撃を受けているというお悩みはつきません。
若い年代の方からは、攻撃的なおばさんに困っているという体験談も多く寄せられています。また、更年期障害の症状の中で自分が「攻撃的」というになっていることに気づき、性格の変化に動揺し何とか改善したいと願っている方もいらっしゃるでしょう。
そこで、今回は更年期障害の影響で「攻撃的」になってしまうことに注目し、原因や症状を緩和させる方法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


「攻撃的」になるのは更年期の症状が影響している?

泣いて怯えている女性

様々な変化が訪れる更年期では、体だけではく心にも症状が現れます。
その中のひとつが「イライラ」でこのイライラが原因になり「攻撃的」になったり、周囲に対して八つ当たりのようなことをするようになってしまうのです。
なぜ、更年期にこのような症状が起こるのかというと、加齢によって減少していく女性ホルモン「エストロゲン」と脳の働きとに関係があります。
女性ホルモンのエストロゲンには、生殖器への影響の他に脳内のセロトニンの働きを補う作用も持ち合わせています。脳内には興奮や緊張を司るノルアドレナリン、ドーパミンというホルモン(神経伝達物質)が存在しています。
さらにセロトニンはこれら2つのホルモンの働きをコントロールしていて、セロトニンが分泌されることで精神を安定させやすらぎを与えます
セロトニンの働きが鈍くなると精神的に不安定な状態を引き起こすのです。つまり、更年期にイライラしたり、攻撃的になってしまうののは、更年期障害によってエストロゲンが減少する→セロトニン不足になり精神的不安定になる、という状況が関わっています。
「攻撃的」な状態を改善するには、セルフケアとして以下のポイントを意識してみましょう。
  • 女性ホルモン対策として、エストロゲンと同じような作用をする成分を持っているイソフラボンを含む大豆製品を多く取り入れる。
  • セロトニン対策としては、早寝早起きをして規則正しい生活を心掛ける。
  • 睡眠時間を確保し、質の良い睡眠を摂るようにする
  • 朝日、太陽の光を浴びるようにする
  • 適度な運動を取り入れ、体を動かすようにする
  • 自分の好きなことを楽しむ時間を持つ
  • リラックスできる時間を作る など
「攻撃的」な症状を軽くするには、女性ホルモンの減少を防ぎセロトニンの分泌を促すことがカギとなります。イライラして思わず攻撃的にならないように、まずはセルフケアから取り組んでいきましょう。

まとめ

40代中ば頃からの更年期に入ると、精神面でも不安定になるケースが多く見られます。更年期障害によって倦怠感を感じやすいこともあり、私の場合も疲れ→イライラし攻撃的になり家族に八つ当たり、という悪い図式が当てはまってしまいます。

自分も良くないことをしているという自覚はあるものの、どうしてもコントロールできません。そして、攻撃的になるのには月経周期によっても影響をしているように感じます。
生理前は余計にイライラし八つ当たりが増えてしまいます。まるで2人の人格が自分の中にいるようで、40代に入ってからの悩みの種になっています。
セルフケアを試みても改善しない場合は、思い切って医療機関を受診することも視野に入れることが大切です。大切な家族や周囲の人々と良好な関係を維持するためにも。

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います