日本人女性の平均的な閉経の年齢は50歳前後ですので、だいたい更年期は55歳頃までとなります。
これは閉経を迎えても暫くの間ホルモンバランスが整うまでは更年期障害の症状が継続するか、もしくはエストロゲンの産生量がゼロになったことで新たな更年期障害の症状が出始めるからです。
閉経や更年期の終わりには個人差がありますが、更年期障害を発症している人でも概ね60歳頃にはあの嫌な更年期障害も収束する事が多いようです。
しかし、女性の場合閉経して更年期が終わってもそれまでエストロゲンの量が豊富だったものが、今度は副腎皮質から分泌されるわずかなエストロゲンでそれまでの機能をまかなう事になります。
そのバランスが取れるようになるまでは生活習慣病などにも注意を払う必要性があるので更年期の後半を迎えても予断を許さない状態なのです。
今回は油断していると怖い更年期の後半について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク


更年期の後期に現れる症状

困り顔の中年女性

更年期の後期とは閉経後も含まれています。
そのため、今まで豊富に分泌されていたエストロゲンは卵巣からは分泌されなくなり、ごく微量が副腎皮質という部分から分泌されるだけになります。
つまり、エストロゲンの量は激減していることになり、それによって現れる幾つかの自覚症状が起こりやすくなるのです。
では、更年期後期に現れる主な症状を挙げていきましょう。
  • 薄毛、脱毛
  • 体重増加
  • 動脈硬化などの生活習慣病:次のパートで詳しく説明します。
  • 免疫力の低下からくる風邪やインフルエンザなどの感染症リスクの上昇
  • 頻尿:肥満から腹圧が上がり膀胱を圧迫して頻尿になりやすいと言われています。
  • 膣乾燥
  • 肌トラブル(シミやシワなど)
エストロゲンには免疫力やコレステロール値を調整する能力やコラーゲンなどのうるおい成分の分泌促進、血栓予防効果、髪の毛を豊かにする作用がある為、今まで豊富に分泌されていたエストロゲンの恩恵を受けにくくなってしまうことになります。

どうして更年期後期になると生活習慣病リスクが上昇するのか?について

疑問を感じる女性

エストロゲンの働きと生活習慣病とは非常に深い関連性があります。
生活習慣病とは主に
  • 動脈硬化症
  • 高血圧
  • 糖尿病
などの生活習慣が原因で発症する病気の総称ですが、特に上記の3つは三大生活習慣病とも呼ばれていて日本人成人の50%以上が発症すると言われています。
エストロゲンにはこの三大生活習慣病を予防改善するための重要な働きがあります。
それが
  • 血栓抑制作用
  • インスリンの分泌促進作用
になります。
血栓とは血管内部に出来る血の塊のことで、これが大きく成長すると血流を妨げ高血圧になります。また多くの血栓は血管壁に癒着を起こし血管壁の細胞を劣化させてしまうので、動脈硬化症の原因となります。
さらに糖尿病とはインスリンの分泌不足から起こる高血糖状態が常態化してしまう病気です。
通常血糖(血液中のブドウ糖)はインスリンの働きによってただちに細胞が活動する為のエネルギー源として消費されていきますが、インスリンが不足すると消費されなかったブドウ糖は脂肪酸に再合成され肝臓の周囲や皮下に蓄えられていきます。
そして細胞は慢性的なエネルギー不足で活動が弱まり様々な健康被害(合併症)をもたらすのが「糖尿病」です。
このようにして、閉経後のエストロゲン量の急激な減少は生活習慣病へのリスクを上昇させてしまうことになるのです。

更年期後半はどうやってケアすればいいか?その方法について

眼鏡をかけた女性医師

更年期の後半といえば既に50代半ばを迎えている人が大半です。そうすると「老化」による代謝不良が招くいろいろな健康被害も現れやすくなってきます。
その中でも代表的なものが
  • 骨粗鬆症
  • 関節痛(主にひざと腰)
です。
女性の場合はこれらもエストロゲンの激減が一因となっていることがわかっていて、将来的には介護が必要となるロコモティブシンドロームにつながる可能性があるので十分な注意とケアが必要な症状だといえるでしょう。

食生活の改善

豆腐と大豆

更年期障害を発症している場合にはホルモンバランスや自律神経のバランスを整えるための栄養を、そして骨粗鬆症対策としてはカルシウムとその吸収を促すビタミンDを含んだ食材を摂るようにします。
更年期障害はホルモンバランスの乱れからくる自律神経失調症の一種です。したがって減ってしまったエストロゲンの代わりに働く物質やそれらをサポートする栄養素をしっかりと摂るようにします。
更年期障害対策としては
・イソフラボン:大豆または大豆加工食品
・ビタミンB1:炭水化物をエネルギー源としてのブドウ糖に変換するのを助ける物質です。豚肉に多く含まれています。
・ビタミンB12:細胞分裂を促進させる物質で代謝を向上させる作用があります。また貧血予防効果もあるので更年期の女性には重要な栄養素と言えます。
シジミなどの貝類、牛肉などに多く含まれています。
・ビタミンE:抗酸化作用の高い物質で、細胞の老化防止に役立ちます。植物系オイル、魚卵などに多く含まれています。(ただし、過剰摂取は死亡率を高めるので注意が必要です)
・亜鉛:卵巣にも多く含まれている必須ミネラルで、不足すると意欲の低下、記憶力の低下、味覚異常などを起こします。
牡蠣に圧倒的に多く含まれていますが、サプリメントなどを活用しても良いでしょう。ただし、過剰摂取は腎臓や胃腸に負担をかけるのでサプリメントを利用する場合は一日の摂取目安量を守るようにしてください。
骨粗鬆症対策や関節痛対策としては、以下の栄養素を豊富に含んだ食品を摂るようにします。
・良質なタンパク質:赤身肉や魚類
・カルシウム:乳製品、大豆食品など
・ビタミンD:カルシウムの吸収を助ける物質。キクラゲやシラス干し、イワシなどに多く含まれています。

運動習慣を身につけ体重を減らす

ウォーキングをする女性

更年期に入る前から運動をしていた人は更年期障害を発症しにくいか発症しても症状が軽くて済むというデーターが報告されています。
また、更年期に入った後も運動習慣を身につけることで生活習慣病をはじめとして骨粗鬆症や関節痛の予防に繋がることが判明しているので、更年期の後期においても運動習慣を持っている人は継続し、まだ始めていない人は適度な運動習慣を身につけるべきでしょう。
もし、これから運動習慣を身につけようとする場合は関節に負担のかからないウォーキングやラジオ体操など軽めの負荷で行う有酸素運動から始めるようにしましょう。骨や筋肉は運動の刺激を受けることで丈夫になります。

まとめ

更年期とは読んで字のごとく「更に年を重ねる時期」という意味です。したがって初期の老化現象とも言われていて、更年期障害は老化へ向けての健康被害と考えられています。

しかし、実際には女性の更年期障害の場合は閉経後も適切なケアを行うことで後期更年期に起こりやすい更年期障害や老化現象(肌トラブル、骨粗鬆症、ひざ関節の痛みなど)を予防することが可能です。
更年期が終了すると今度は本格的な老化が始まるので、気をぬかずにしっかりとケアをしていつまでも若々しくいられるように心がけましょう。
以 上 

更年期障害には高麗人参がオススメです


ゆらぎ世代の辛~い更年の悩みに最も効果バツグンなのが「高麗人参(朝鮮人参)」です。

高麗人参にしか入っていない更年有効成分「ジンセノサイド」が自律神経をサポートし辛さから解放してくれることでしょう。



今現在、高麗人参で10年連続売り上げ世界一なのが、「正官庄」です。
とにかくまずはこれを試してみて欲しいです。日本一ではなく世界一ですので断然実感力が違います